【ネタバレあり】透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記のレビューと感想

顧客満足度No,1

めちゃコミック

透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記のレビューと感想

透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記

透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記

トウメイナユリカゴサンフジンカイインカンゴシミナライニッキ

みんなの評価

ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全332件

※ネタバレありのレビューが表示されています

ネタバレ無しのレビューを見る
  1. 評価:5.000 5.0

    25人の方が「参考になった」と投票しています。

    命の重さは軽くない

    色々な事で産科婦人科にお世話になっている人は多い筈。どんな命にも意味があると改めて実感させてくれる作品です。
    自分も早産体質だったので、超低体重児の話は涙が溢れて止まりませんでした。
    周りはお産が軽くて羨ましいと言いますが、赤ちゃんが苦しいのに❗何がいいんだ?早くに小さく産んでごめんね。母親の気持ちはパニックと罪悪感だらけ。
    すごく共感してしまいました。NICUの看護師さん達は、とても強くて優しいです。
    私も今でも、助けてくれたスタッフの方全員に感謝してます。
    男性も、他人事のように捉えずに是非とも読んで欲しいと思います。
    だって、皆お母さんのお腹からこの世に出てきたんですから。

  2. 評価:5.000 5.0

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    改めて

    無事に出産できた事。
    元気に産まれてきてくれた事。
    本当に感謝する事ができました。

    手のかかる三歳児、三ヶ月の次女の育児をしていて本当に疲れてしまう事もありますが、元気に問題なく産まれてきてくれた事は奇跡なんですよね。
    当たり前ではないんですよね。

    その他にも沢山考えさせられる作品でした。
    全て読ませて頂いて、衝撃的な内容もあって悲しくなる場面もありましたが、、
    全ての赤ちゃん、子供には幸せに生きて歩んで欲しいと強く思います。

    読んでから、以前よりも子供をとても愛しくなり思わず抱きしめてしまいました。
    長女には「やめてぇー」なんて言われちゃいましたけど(笑)

    素敵な作品、有り難うございます!!

  3. 評価:4.000 4.0
    by 玖琅

    19人の方が「参考になった」と投票しています。

    "命"と"話す"ということ

    前々からバナーで気になっていましたが、無料話があったので良い機会だと思い読ませていただきました。
    始めは、
    「中絶かぁ…最近は10代の子が考え無しで性行為やなんか馬鹿な事やるけぇ、そんな人に宿った子がホンマ可哀想よな…。子は親を選べんのに……」
    と、中絶に対する嫌悪感で一杯でした。
    でも実際に内容を読むと、そんな事よりも"命の大切さ"ということを考えさせられ、涙が止まりませんでした。今でも簡単に中絶を選ぶ人はやっぱりどうかと思います。幼い子供や抵抗出来ない状況ならともかく、性行為自体は自己責任の面が強いですし…。ただ、その中には本当に様々な理由を抱えた人だって居るし、そんな立場にも妊娠した事すらもない自分が好き勝手言うのは、根本的に何か違うんじゃないかという気がしました。
    あと、透明な子ではカナちゃん程ではなく一度だけでしたが、実際に自分も小学低学年の時、実の兄から親の居ない時に押さえ込まれ体を触られたりした事があり、その時の恐怖を思い出してカナちゃんや同じ辛い思いをした子達は一体どれ程傷付いたんだろうかと、1話を読んだときとは違う涙が溢れました。
    この事については大人になってから母親にだけ「こんなことあったかも…」という昔話のように話しましたが、話している間中泣いてもいましたが、実はあれは夢か自分の勝手な妄想か何かだったんじゃないかという感覚に襲われました。
    やはりそれは当時、
    「出来の悪い自分が悪い」
    「親は不在だから兄が絶対的存在」
    「誰にも言えない、言える人が居ない」
    という自分が我慢するしかない状況下で、その記憶に蓋をして頭から消したからだと思います。
    今でも兄とはとても仲は良いですし、された時もプロレスごっこの延長だと思い込みました。
    ただこの経験からも思いましたが、性虐待は本人の訴えは無いし出来ないからこそ、やはり周りが何とかして気付いてあげなくてはならないと思いました。
    勿論"性虐待に限らず"です。
    そして、この作品を読んだ人がたった一人でも良いから【話ができる人】を見つけるべきだと思いました。
    何でもどんなことでも構わないです。日常の些細なこと、悩み、怒り、幸せ、楽しみ、苦難、希望………。
    大事なのは"一人じゃない"ことに気付けるかどうかということ、そして陳腐な言葉になってしまいますが"命の大切さ"を、私はこの作品を読んで改めて考えさせられました。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    17人の方が「参考になった」と投票しています。

    子供はいらない派ですがオススメ

    高齢出産に片足を突っ込んだ世代の「子供は要らない派」の人間です。

    子供の頃から、あまり子供を欲しいと思わなかったし、現在友達の子供を見ても可愛いとは思うけど、産みたいとはどうしても思えなかった。

    だから、他人の不妊の話とか、子供が欲しいっていう気持ちはイマイチ分からない部分もあって、未だに自分は欠陥人間と思うこともある。

    私はこの作品を読み始めた時、なんだかんだぁあるけど、子供は産むべき!だって女でしょ!?という結論に行く作品と思っていたが、どちらかと言うと作者がこちら側(子供は可愛いと思うが、積極的に欲しい側ではない)人間であるからか、客観的に人を描写をしてるところもあり、良い意味で意外だった。

    私は子供の頃に性犯罪に遭ったことがあったが、大人には忘れなさいと言われたまま大きくなってしまった。

    このマンガには性犯罪被害者の切り口の話もあって、男の人が軽く考えてしまうかもしれない性犯罪(特に子供の時)についても切り込み、性にまつわる行為と妊娠と繋げてくれる、絵とは裏腹に力のある作品だと思う。

    この本を読み、子供を持つ人や、不妊に悩む人に少し優しくしたいなって思うようになった気がする。

    相手の身体のことと真剣に向き合うべきということを知ってもらうためにも、ティーンエイジャーの男の子に、特に読んで欲しい。

  5. 評価:5.000 5.0

    20人の方が「参考になった」と投票しています。

    私は…

    10代の時に人工中絶をしました…
    若気の至りとはいえ決してやって良いことではありません。
    ただ中絶はさた女性は心身共に傷がつくのに相手の男にはつかない。
    でも、この話を読んでいく内に作者様のような方が居ることを知りました。

    世の中には何度も中絶を繰り返してる人がいますが、一度この漫画を読んでほしいと心から思いました。
    私は自分の勝手で亡くした命の罪の十字架を背負っていきます。
    最後にこの漫画は小中等の学生さん達の授業に使えたらなとも思いました(´・ω・` )

  6. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    登録してよかった

    今までネットでマンガを読んだことがなかったのですが、この作品のバナー広告に惹かれて初めて登録しました。
    ギャグマンガ風の絵柄で淡々と進み、シリアスなシーンも誇張がなくリアルに感じられます。

    実は少し前に友達が出産直後に赤ちゃんを亡くしました。私も主人公と同じく未婚で出産経験がないので、肉親の悲しみは計り知れず、傷つけることを言わないか不安で、よそよそしくしてしまっていたかもしれません。
    なのでドゥーラさんのお話はとても考えさせられました。今度彼女に会ったら赤ちゃんの話をタブーにするんじゃなく、その子が存在したこと、私たちに教えてくれたことを共有してみたいな、と思いました。

    出産、中絶、不妊治療における女性の孤独も描かれており、男性にも読んでもらいたい作品だと思いました。

  7. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    13人の方が「参考になった」と投票しています。

    元シンママ 現在2人目0歳児授乳中のママ

    2話目、最後の数コマで涙が止まらなかった。

    授乳中や、寝返りをおぼえてからは、窒息してないか気になって何度も起きては様子をみる。
    ママならきっとみんなそう。

    友達の子供も亡くなってしまい、乳児突然死て身近でも起こっていることなんだと尚更気にして過ごしてる。

    それでも疲れてうっかり寝てしまうことはある。。

    シンママで、独りで何もかもがんばってついつい寝てしまって…

    長女のときは出産時からシンママだったので、今の家族の協力があることのありがたさをすごーく実感してる。

    ストーリーの中のママが、もし授乳中の事故だとしたら辛すぎる気持ちが察せて苦しかった〜。

    2人とも幸せに過ごしてほしかったなぁ…。

  8. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    とても感動しました

    小さい子どもが居る私にとって感慨深い内容でした。産科は歓びがある唯一の科と思っていましたが、やはり色々な事情の方がいるのですね、、。何事も無く周りに愛されて産まれた我が子は本当に幸運なんだと、、。
    絵のタッチが可愛らしくて読みやすく、内容がそこそこ重いだけにバランスが取れているのではないでしょうか。
    涙無くしては見れないけど、考えさせられる内容で多くの人に読んで欲しいと思いました。
    母子手帳、ちゃんと書こうと思いました、、ダメですね私💦

  9. 評価:5.000 5.0

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    トラウマ

    二話目のラストが正直トラウマです。悲しくて悲しくて辛かった。母親がようやく立ち直り、元気に退院していったと思ったのに、こんな終わり方切なすぎる。
    主人公が“こうであったと思いたい”と想像したところは私も共感したし、母親を信じてあげた気持ちまでは良かったけど、添い寝して泣き出した子にお乳をあげて、母親も赤ちゃんも幸せそうな表情だったのに、次のヒトコマで“添い寝での授乳中の窒息死”を思い出させるあのイラストがショックでトラウマ。だけど全話読み終えて“読んで良かった‼”と思います。そして思わず寝ている娘を抱き締めてしまいました。命の尊さと母親である責任感を強く訴えかけられた素晴らしい作品でした。

  10. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    いつか自分の子供にも

    読ませてあげたい漫画です。

    漫画は昔から、大人が子供に与えるのを嫌がる物で、私も小さい頃からずっと、漫画に熱中すると怒られていたけど、この本は胸を張って、自分の子供にも読んで欲しい漫画だと思いました。

    これが、小説だったらここまでガツンと多くの人の心に届かなかっただろう、沢山の問題を痛切に、でもほんわかと伝えている。
    この本を読むまでは、死因第一位の話を知らなかった。こんなに沢山尊い命が消えて行っている事実や、事件が起きている事を、それを受け止め毎日生死の現場で働く人達がいる事を知らなかった。
    子供を産んでから、尚更今の医療や病院の有り難さを感じる。新生児の頃は毎日毎朝、子供がちゃんと息をしているか、確認するまで怖かった。産後退院してから、今も毎日行っている習慣だ。ちょっとした事で壊してしまうかもしれない命を、守る為に向き合う恐怖と戦う日々だった。

    私にとっては、たった一回の分娩だけど、多くの人のその一回一回を大切に真剣に向き合ってくれている医療の現場の人に感謝します。
    もちろん、それをもう一度再認識させてくれた筆者にも感謝したいです。ありがとうございます。

ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全332件