雌だけど女じゃないさんのレビュー一覧

雌だけど女じゃないさん

レビュアーランキング  1203

  1. 評価:5.0 13件
  2. 評価:4.0 28件
  3. 評価:3.0 30件
  4. 評価:2.0 8件
  5. 評価:1.0 1件
レビュー投稿数:80件
ネタバレ無し:80件
参考になった数:125
参考になった割合:74%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全80件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。
  1. Get Backers奪還屋 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    途中までは楽しみやすい。

    主人公たちの目的がハッキリしており、それを邪魔する敵役が登場し、その困難に打ち克って、目的のものかそれより良いものを得る。そして、最後にはオチが付く。
    そういう話の繰り返しの段階が途中まで続く。
    そして、その繰り返しの1周期がだんだんと長くなっていき、その過程で主人公たちのバックグラウンドに踏み込んでいく。
    そこまでが特に楽しみやすかった。それより後のところは……内容が複雑なので、好みが別れそうなところである。
    ただし、推しキャラを1人以上決めてしまうと、そこから最後まで読まなければ気が済まなくなるタイプの漫画なのではないかと思っている。

  2. マリアージュ~神の雫 最終章~ へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    是非前作を先に読んで欲しい漫画

    よく続編から読んでも面白い漫画というものがあるが、この作品についてはどうだろうか……前作の方を先に読んでおかないと、ついていけないタイプの漫画だと思う。
    ワインのより踏み込んだ知識を読ませてくる漫画だから先により初心者向けの前作を、というのもそうなのだが、それ以上に、前作を読まないとキャラクター同士の相関がややこしいかも知れない。

    ただし、ワイン読本としては、中級者には新しいワインの知識との出逢いを与え、初心者にはワインをより親しみやすいものとして捉える機会を与えてくれる、良作なのかも知れない。

  3. 神の雫 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    主人公がいい役割を果たしてる漫画

    自分は最近ワインを扱う店に勤めるようになって、ワインの勉強のためにと薦められたのがこちらの作品。
    読み始めたら、ワインというものの世界をグッと自分に身近にしてくれた感があった。
    主人公がワインに全く興味がない(寧ろ、敬遠すらしている?)ところからスタートしてくれているため、ワイン初心者の自分にも優しい作品だった気がする。
    ワインの蘊蓄の部分についてはあまり読み込まずに読み進めていたのだが(覚え切れないし…)、割とそれ以外の部分で読ませてくれていた。
    ワインの格式張った部分、フランクに楽しむ部分、色んな顔のワインを見せてくれる漫画だと思う。

  4. 色々と泣ける

    いい意味でも悪い意味でも。
    怪獣と化している子供の、しかも複数の子供の相手を一手に引き受けたことがある人なら深く頷き涙を流すしかないような場面が沢山出てくる。ワンオペ育児経験者なら尚更だろう。
    世の自称イクメンたちには特に読んで欲しい作品だろうが、そうでなくても広く多くの大人に読んでもらいたいと思う。こういう助け合いで生きていくのが、世の中にもっと普通の選択肢としてありふれればいい。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 醜い私があなたになるまで へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    ブスが卑屈な精神で復讐に走る話は飽きた。

    こういう話だったら、読んでいるこちらも気持ちが良くなってくるし、自分で自分をブスだと思って落ち込みながら暮らしてる人たちも
    「こうなりたい」
    「お洒落でこんなに雰囲気が変わるのか」
    のように思えるんじゃないだろうか。
    でも、主人公は体型は美人だと思うので、自分の身体の骨格を好きになれない人だと、ムカつくかも知れない。

  6. セックス依存症になりました。 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    ストーリーより着目すべきは主題

    これは、日本人全員が思春期を迎えた頃合いくらいには一度は読まなくてはならない内容だと思う。
    自分は自分のことを過去に「診断はもらってないけど絶対性依存症だ」と感じたことがあったが、この作品で「あぁ、やっぱり」となった。

    意外とそこら辺にゴロゴロと存在しているのだ、性依存症は。それを一度はみんな認識しなくてはなるまい。

    みんながみんなもっと、性についての話を真正面から真面目にできるようになればいいのに。

  7. BLEACH へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    途中までは最高に面白かった…

    タイトルの通り。
    シリアス色が強くなった後、あるところで最高に盛り上がって、そのまま終われば、自分の惜しむような終わり方になったかも知れない。
    ただ、自分が惰性に感じてしまった流れからも大人気キャラは生まれたし、最後はきれいにまとめてくれているし、回収されなかった伏線も自分にはないように思える。この長さの作品、しかも、少年漫画あるあるの「どんどん強い奴が後から登場してくるために元々ハイスペックキャラとして登場したはずの奴らの初期スペックが御粗末に見えてくる」現象に襲われながらもここまでまとめられたのは、作者の技量ありきだと思う。
    途中でアメリカ人が「最近ほぼほぼ効果音と感嘆詞だけじゃねぇか」とキレだすような箇所もあるが、御愛嬌である。

  8. 桜蘭高校ホスト部 へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    当時は新感覚だった

    ヒロインがビジュアル的なポテンシャルが物凄く高いはずなのに全然女子女子していなくて、自然体で、イケメンにキャーキャーいわないタイプで、こういうタイプだからこそ共感しやすくなる、という読者は少なくなかったのではなかろうか?
    しかもこのヒロイン、多分、身体が雌に生まれて女の戸籍を与えられたから性別を敢えて問われれば"女"と名乗るだけで、多分、自分のことを特に女とは認識していない感がある。Xジェンダーの性別に拘らない勢を見ているかのような面白さがある。
    そのお陰でこの漫画の主題が無理なくでき上がっていく感じなのだが、そもそもその主題自体が無理のあるものなので、ヒロインがあっさりしていても古式ゆかしき少女漫画コメディにありがちな無理矢理な勢いを受け継いでいる部分もある気がする。

  9. 帯をギュッとね! へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    新ジャンル趣味布教用作品

    この作家さん、この作品に限ったことではないのかも知れないが、新しいジャンルの趣味に目覚めさせる系の作品が上手いのかも知れない。書道ネタの"とめはねッ!"も、そういう意味で大変面白かった。
    ちなみに、この作品は、書道なんかやったことがない主人公が書道にハマっていく"とめはねッ!"とは違い、初めから主人公が柔道の結構な玄人だ。だが、試合解説の過程で柔道の面白さを教えてくれるような場面が沢山ある。柔道の素人でも充分入り込んでいきやすい形に仕上がっている気がする。

    また、この人特有のノリの良いキャラクターたちによるムードメイキングも大変テンポが良くて面白い。ある意味で主人公が一番キャラが薄いはずなのに、その周りの濃い奴らが飽くまでも主人公をいじる立場でいてくれているお陰で、誰が主人公なのかを忘れずにいられるというか。あんな空間で部活動を楽しめたら、楽しいに違いない。
    そして、甘酸っぱい恋愛模様も、主人公が無双しているわけでもなく、柔道という主題を邪魔しない見ていて微笑ましい程度なので、結構爽やかに楽しめる気がする。

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全80件