不浄を拭うひと

不浄を拭うひと
  • タップ
  • スクロール

作品情報

めちゃコミック独占先行配信中!

作者
沖田×華(プロフ付) 天池康夫
雑誌
本当にあった笑える話
ジャンル
女性漫画
出版社
ぶんか社
タグ
独占先行(一般) 人間ドラマ 職業
配信話数
7話まで配信中(30pt / 話)

あらすじ

山田正人、39歳。彼が脱サラしてはじめたのは、孤独死などの変死体があった屋内外などの原状回復をサポートする「特殊清掃」の仕事だった。彼は、さまざまな状態で死を迎えた人びとの「生活の跡」を消しながら、故人の生前のくらしに思いをはせる……。『透明なゆりかご』の沖田×華が描く、新しい物語!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
(無料配信中の話はどなたでも読むことができます)
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by roka

    35人の方が「参考になった」と投票しています。

    リアリティーと霊感と

    最初は、主人公の「霊感持ち」という設定はどうなんだろう、と思った。
    こういうエッセイ系の漫画は、かなりの部分、リアリティーが勝負なわけで、真偽はともかく、読者が「ホンマかいな」と感じる可能性がある設定は、ちょっと不利なんじゃないか、と。
    しかし、特殊清掃の仕事のリアリティーを描くのと同じタッチで、心霊現象についても淡々と描かれており、不思議と違和感はなかった。

    霊感が本当にあるのかもしれないし、穿った見方をすれば、主人公が抱える妄想か、この仕事に伴う精神疾患の可能性だってある。
    それはわからないが、主人公にとっては「霊」が「現実」なのであって、それを含めて、特殊清掃という仕事のリアリティーとして提示する、という描き方は、これはこれでありかな、と思った。

  2. 評価:5.000 5.0

    47人の方が「参考になった」と投票しています。

    容赦ない現実

    ある作品を読んで特殊清掃の仕事に興味がわき、最終的にはそういった仕事に就けたらと考えていました。

    今作品でかなりリアルな視点から特殊清掃の仕事というものを見てさすがにたじろぐ思いです、人は死んだらこうなるということ、突然に死は訪れるということ、遺品から垣間見える故人の人生、決して他人には見せられない、見られたくなかったであろう秘めた部分までも、全て他人に清掃、処分して貰わねばならないという…一人で突如として逝かなければならないというだけでも悲惨なのに、人生の終わりはかくも酷なものかと。

    こうも次から次へと目にする容赦ない現実の数々に果たして自分なら正気を保てるのだろうかと考えてしまいました。

    事実に基づくエピソードの凄まじいこと、人間の体ってそうなるんだ…と初めて知る内容があまりにエグい。沖田さんのかわいらしい作画でかなりマイルドなタッチになっているとはいえ、大抵の人間には耐え難いでしょう。

    しかしそんなトラウマものの現実と向き合い粛々と不浄を拭い続ける人達がいるというのもまた現実であり。

    誰かがやらねばならない仕事、というものは世の中に必ずあり、その人達のお陰で空間は日常を取り戻す。

    打ちのめされたと同時に特殊清掃員の方々には頭が下がるばかりです。素晴らしい作品をありがとうございます。

  3. 評価:5.000 5.0

    41人の方が「参考になった」と投票しています。

    すごくハマる。そして言葉にならない。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    特殊清掃をされている方の話です。
    沖田×華さんの他の作品も読んでいますが、いつも思うのが、絵柄はどちらかというとかわいらしくもあり、単調なのですが、だからこそこういった、実生活ではなかなか知り得ない、でも実は知らないだけで現実に起こっている話を読みやすく読めるのかなと感じます。

    内容は…。だいぶグロいというか衝撃です。人間て、孤独死ってそうなるんだと…。
    普段ニュースで何気なく、孤独死を聞くことがありますが、どういった状態なのか、そこまで考えたことがなかったので、色々と考えさせられる話でした。
    特殊清掃を通して、そこで生きていた方の生前の姿を垣間見ることができたり、世の中には本当に色んなことがあって、色んな仕事があるんだなと、感慨深い気持ちになりました。

    一話毎に完結しているので、どこから読みはじめても分かりやすいですし、一度読んでみるとどんどんはまっていきます。
    おすすめです。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    121人の方が「参考になった」と投票しています。

    考えさせられる漫画。作者に感謝。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    『私は誰にも迷惑をかけずに生きていきたい。1人で生活して、最後は孤独死でもいいわ。』と言うヘルパーさんに、医師である叔母が『それが1番家族や周りの人に迷惑をかけるのよ!孤独死がどれだけ酷い状態か知ってるの⁈」と声を荒げていたのを思い出した。

    叔母は医師(解剖医の経験あり)だから、漫画のように孤独死して何日も経って発見されるとどうなるのか、よく知っていたのですね。

    この漫画を読んで、『病院のベッドの上で家族に看取られるのは本当に幸せなこと』とも言っていた叔母の言葉に納得です。

    知らない世界を学びました。
    こういう、誰も教えてくれない綺麗事は通用しない現実を描いてくださる×華さんにはいつも感謝です。

  5. 評価:4.000 4.0
    by yu77ri

    39人の方が「参考になった」と投票しています。

    ちょっと怖いけど興味深い

    ネタバレありのレビューです。表示する

    特殊清掃、大変なお仕事だなー、と思いながら読みました。お祓いしてもらえるお坊さんともつながりがあるのはさすがだなーと。

    霊が出るときにカサカサ音が出るというエピソードを読んで、子供の頃、飼っていた犬が車にはねられ、病院で亡くなったときに、自宅で待っていたらその音を聞いたことを思い出しました。あの時も犬が来たんだなとはなんとなく思ってたのですが、やっぱり来てくれてたんだなーと、そんなことを思い出しました。

    漫画は少し怖かったりグロい描写もありますが、絵柄がリアル系ではないので怖いの苦手な私でも読めます。

すべてのレビューを見る(3922件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集