ベルサイユのばら

ベルサイユのばら
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

日本中に大ブームを巻き起こした超名作!!1755年。この年、やがてフランスのベルサイユで宿命的な出会いを持つことになる3人の人間が生まれた―。1770年春、マリー・アントワネットはフランス、ブルボン朝・皇太子のもとへ嫁ぎ、そして近衛連隊大尉オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと出会う。時代の大きな流れに運命を激しく翻弄される二人の出会いだった…

この作品のシリーズ一覧(5件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/114話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    比類なき大作

    やっぱり帰ってくるところはここだ。

    歴史好きには何ともたまらない!

    絵は個人的には好きではないが、
    フランス大革命が起こるに至るまでを
    ここまでドラマチックに描いたものは
    見ない。

    架空人物のキャラやオリジナルストーリー
    には多少疲れる面があるが、
    革命とは、戦争とは何かを
    深く考えさせられる作品だ。

    フランス革命後、約100年経って
    日本でも士族の革命・明治維新が起こった。

    人心の荒廃の原因は
    それを支配する上流階級の腐敗から生じる。

    君主たるものの心掛けの根本は、
    どこの国にも源流は同じである。

    諸行無常の哀しさを
    そこはかとなく感じさせてくれる作品だ。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    漫画もアニメも外伝も!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ベルサイユのばら、大好きで子どもの頃はアニメ(再放送)→漫画→めちゃコミでも!となってます。
    シリアスなアニメと違い、漫画では後半でもたまに笑える場面も散りばめられており、正義と愛だけのオスカルではなく1人の、弱きところも苦悩も抱える血のかよった1人の女性でした。
    どの登場人物も懸命に生き、命を燃やして駆け抜けていたと思います。
    オスカルは勿論好きですが、一途にどんなときもオスカルを想うアンドレがいじらしくてやるせなくて。
    でも遂に結ばれて、本当に嬉しかったですよねオスカルもよくぞその愛に応えた!
    でも、願わくば二人にはどうか生き抜いてどこかで幸せな結婚生活を送ってほしかった。

    でも、そうでないからこその結末だと思います。アントワネットの悲劇、フェルゼンとの揺るぎなき愛、国王陛下の、温かな見守る愛、どれも素晴らしかったです。

  3. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    不朽の名作‼️

    ネタバレありのレビューです。表示する

    〝ベルサイユのばら〟と言えばオスカル、マリーアントワネット、フェルゼン、アンドレの人間模様が最高です。
    フランス革命という時代の移り変わりに翻弄されながらも、自分の人生を生き抜いた人達の葛藤や喜びを描いています。
    単なる恋愛ストーリーではないです。
    イラストも豪華絢爛で美しい〜‼️
    マリーアントワネットのドレスの素晴らしさ、オスカルが一度だけ着るドレスの豪華さ。
    デザインが好きな人は、ストーリー以外でも楽しめますよ。

  4. 評価:5.000 5.0
    by soterh

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    さすがの名作

    もう、「素晴らしい」の一言でしょう!

    とにかく壮大、ドラマティック!
    今時の薄っぺらいチャチな恋愛モノやエログロ漫画とはレベルが違いすぎます。

    作者が当時24歳という若さの中、血を吐きながら、栄養注射を射ちながら完成された渾身作。
    オスカルの死後、若い女性たちが何人も後追い自死するほどに、世を熱狂の渦に巻き込んだ作品ですから。

    分厚い愛蔵版も持ってますが、こうしてネットで気軽に見られるような時代になるとは、当時は想像できませんでしたね。

    多くの方にこれからも感動を与え続ける作品でしょう。

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    超流行ったのがわかる名作

    ネタバレありのレビューです。表示する

    小さい頃、再放送でたまーにアニメ見てた。大作なのは知っていたけど曲からして悲しい感じがしてたから避けていた思春期を後悔。
    それぞれの行く末まで描かれる漫画ってあまりないですよね。ラブもいい意味で壮大すぎ。
    ラブ要素ではアンドレ。特に後半は最高にどきどきさせてくれます。惚れるしかないよ。やばい。
    なのに悲しくて涙も出てしまう。
    あの頃読破してたら二次元から抜け出せなくなっていだろうから大人になり読んだの正解かな(笑)

すべてのレビューを見る(443件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集

ベルサイユのばらに関する記事