ベルサイユのばら

  1. めちゃコミック
  2. 少女漫画
  3. フェアベルコミックス
  4. ベルサイユのばら
ベルサイユのばら
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

日本中に大ブームを巻き起こした超名作!!1755年。この年、やがてフランスのベルサイユで宿命的な出会いを持つことになる3人の人間が生まれた―。1770年春、マリー・アントワネットはフランス、ブルボン朝・皇太子のもとへ嫁ぎ、そして近衛連隊大尉オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと出会う。時代の大きな流れに運命を激しく翻弄される二人の出会いだった…

この作品のシリーズ一覧(5件)

まとめ買い 最大100話を同時購入できます(詳細
001話
ベルサイユのばら(1)
無料配信
0pt
002話
ベルサイユのばら(2)
無料配信
0pt
003話
ベルサイユのばら(3)
無料配信
0pt
004話
ベルサイユのばら(4)
無料配信
0pt
005話
ベルサイユのばら(5)
無料配信
0pt
006話
ベルサイユのばら(6)
毎日無料連載
0pt
007話
ベルサイユのばら(7)
毎日無料連載
0pt
008話
ベルサイユのばら(8)
毎日無料連載
0pt
009話
ベルサイユのばら(9)
毎日無料連載
0pt
010話
ベルサイユのばら(10)
毎日無料連載
0pt
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大100話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/114話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    語ってしまうくらい 面白い!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    内容が みっちりと濃くて、
    一言では 何て 言い表わしたらいいか 分からない位の面白さ。


    可憐な絵から 想像できない位、壮絶で 命がけの時代が舞台。


    歴史的な人物 マリーアントワネットなどが絡んで、ちょっぴり世界史の一部が 勉強になった。(事実とフィクションも 混ざってるけど)


    それぞれのキャラの心情が よく分かり、身分は違えど 、みんなが切ない思いを胸に抱えている。


    どうしようもない悪党は別として、王妃 アントワネットは どこか憎みきれないキャラクター 。それほど 魅力的に描かれてる!


    実際に読むまで、実はオスカルって 意外と面白い人だってことを知らなかった…。
    読む前は キリッとしたイメージしかなくて、ふつうに ギャグにも参加してて 親しみやすい部分に 好感度 さらにアップ!
    女性ながら 正義感に溢れて、 かっこいい。


    個人的には ロザリーLOVE!
    控えめだけど 芯が強くて、オスカルを健気に慕う姿がかわいい。


    悲しいシーンもあるけど、激動のストーリー展開は 目が離せない面白さ!!


    細かい部分まで 非常にていねいに作り込まれていて、根強い多くの人気があるのも 納得です!

  2. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    これがめちゃコミに❗

    ネタバレありのレビューです。表示する

    もう、大好きで何度も何度も読んだ漫画です❗
    もちろん紙の漫画も文庫版で持っていて、フランス革命の勉強になるからと子供たちにも勧めて読ませています。

    男装の麗人オスカル、オスカルの影となって常に側で見守るアンドレ。
    アンドレのオスカルへの愛は読んでいるこちらも苦しくなるほどです。
    最後、二人が結ばれるシーンは何度読んでも感動です!

    ルイ16世のマリーアントワネットや子供たちを包み込む愛情、フェルゼンとマリーアントワネットの許されないからこその燃えるような愛。
    どれも胸に響きます。

    発売からもう何年たったのかわからないくらい長い間愛されているのがよくわかる作品です。

  3. 評価:5.000 5.0

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    比類なき大作

    やっぱり帰ってくるところはここだ。

    歴史好きには何ともたまらない!

    絵は個人的には好きではないが、
    フランス大革命が起こるに至るまでを
    ここまでドラマチックに描いたものは
    見ない。

    架空人物のキャラやオリジナルストーリー
    には多少疲れる面があるが、
    革命とは、戦争とは何かを
    深く考えさせられる作品だ。

    フランス革命後、約100年経って
    日本でも士族の革命・明治維新が起こった。

    人心の荒廃の原因は
    それを支配する上流階級の腐敗から生じる。

    君主たるものの心掛けの根本は、
    どこの国にも源流は同じである。

    諸行無常の哀しさを
    そこはかとなく感じさせてくれる作品だ。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    漫画もアニメも外伝も!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ベルサイユのばら、大好きで子どもの頃はアニメ(再放送)→漫画→めちゃコミでも!となってます。
    シリアスなアニメと違い、漫画では後半でもたまに笑える場面も散りばめられており、正義と愛だけのオスカルではなく1人の、弱きところも苦悩も抱える血のかよった1人の女性でした。
    どの登場人物も懸命に生き、命を燃やして駆け抜けていたと思います。
    オスカルは勿論好きですが、一途にどんなときもオスカルを想うアンドレがいじらしくてやるせなくて。
    でも遂に結ばれて、本当に嬉しかったですよねオスカルもよくぞその愛に応えた!
    でも、願わくば二人にはどうか生き抜いてどこかで幸せな結婚生活を送ってほしかった。

    でも、そうでないからこその結末だと思います。アントワネットの悲劇、フェルゼンとの揺るぎなき愛、国王陛下の、温かな見守る愛、どれも素晴らしかったです。

  5. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    名作

    まず、ネットのない時代にここまで史実を調べた作者さまを尊敬致します。
    中世ヨーロッパの雰囲気を感じられる美しい絵柄も素晴らしい!

    もちろん、マリーアントワネットにも非があり最後を迎えますが、1人の女性としての寂しさや繊細な心情が描かれていて、ただのワガママ女王じゃなかったのに人に反感をかってしまったという悲しさを感じます。
    壮大な歴史ドラマの中で、アントワネットやオスカル、アンドレの複雑な恋愛要素で少女が難しい歴史漫画に入り込みやすくなっているのも魅力だなぁと思います

すべてのレビューを見る(799件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>

ベルサイユのばらに関する記事