カロリーを「ヤー」で爆発させる——なかやまきんに君の芸風はジャンプ漫画からの影響を受けていた

カロリーを「ヤー」で爆発させる——なかやまきんに君の芸風はジャンプ漫画からの影響を受けていた

更新日:2019/11/26 10:00

マッチョ系お笑い芸人・なかやまきんに君さん。ボディビルダーとしても数々の優秀な成績を収め、チャンネル登録者数28万人を超えるYouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」も運営しています。最近では仮面ライダーゼロワンの怪人役で出演し、Twitterのトレンドにのるなど大きな話題を呼びました。そんななかやまさんの芸風は、「ジャンプ黄金期」の“ある漫画”に影響を受けているそう。その漫画とは一体……?

「ヤー」

「ヤー」

一日のサイクルがうまく回っているときが一番の「娯楽」

――なかやまさんは最近、筋トレ系YouTuberとして活発に活動されていますよね。とても忙しそうに見えますが、何か日々の娯楽などありますか?

娯楽、ないんですよねぇ……。

――筋トレは娯楽とはまた異なるものですか?

筋トレは娯楽ではなく、「人生の教科書」だと思ってます。筋トレで多くのことを学んできたので。

――どんなことを学びましたか?

筋トレを始めて、努力して、筋肉が成長してって、ずっと繰り返しやっていくうちに、筋肉だけじゃなくて食べ物や生活習慣、健康についても学ぶきっかけになりました。筋トレが仕事にもなってますからね。辛いことも楽しいことも、筋トレが教えてくれました。

なかやまさんの屈強な肉体と爽やかな笑顔

なかやまさんの屈強な肉体と爽やかな笑顔

――人間がストレスを感じると「筋肉を減らすホルモン」が分泌されると聞きました。

はい。コルチゾールですね。

――ということは、筋トレをしている人にとってストレスは天敵ですよね。娯楽がなくてもストレスは溜まりませんか?

ストレスを感じることはあります。でも朝はやく起きて、食べるべき時間に体にいいものを食べて、トレーニングをして……というように、「生活習慣がリズムよくできているとき」は体の調子がめちゃくちゃいいんですよ。その状態でいることが一番のストレス解消なので、娯楽が必要ないと言いますか。楽しいこと=娯楽と考えるなら、一日のサイクルがうまく回っているときが一番の娯楽ですね。

――その考えに行き着くには、眠れない夜もあっただろうと思います。

筋肉がどう成長するかを突き詰めた結果と言いますか。筋肉のための努力は辛くないですね。4年間、毎日食べている食事も「味気ない」「ストイックすぎる」と言われることがありますけど、我慢はしてないんですよね。

毎日食べている「筋肉飯」、就寝前の一食分。ゆでた鶏肉と野菜のセット

毎日食べている「筋肉飯」、就寝前の一食分。ゆでた鶏肉と野菜のセット

(YouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」より)

漫画に熱中していた学生時代

――なかやまさんは、高校3年の頃から体を鍛えているんですよね。

そうですね。それまでは部活でバスケをやってたんですけど、最後の大会が終わった後に、個人運営のちっちゃいトレーニングジムに通いだして。そこから22年間、トレーニングを続けています。

「今の筋肉は過去最高に仕上がっている」と、なかやまさん

「今の筋肉は過去最高に仕上がっている」と、なかやまさん

――筋トレを始める前のなかやまさんには、娯楽はありましたか?

漫画はよく読んでいましたね。「DRAGON BALL」 (バード・スタジオ/集英社) や「DRAGON QUEST―ダイの大冒険―」 (三条陸・稲田浩司・堀井雄三/集英社) 、「SLAM DUNK」(井上雄彦/集英社)が、全巻集めるくらい好きで。

――どれも「ジャンプ黄金期」の作品ですね。読んでいたのはいつ頃ですか?

小学4年くらいの頃、「週刊少年ジャンプ」(集英社)を読み始めました。「DRAGON BALL」 がちょうど、ベジータが地球に来ている頃で、面白い展開になっていて。その恐怖感とワクワク感はよく覚えてますね。そこから他の作品も読み始めました。

惑星ベジータの王子・ベジータの登場シーン

惑星ベジータの王子・ベジータの登場シーン

DRAGON BALL
(c) バード・スタジオ/集英社
少年漫画 DRAGON BALL
鳥山明
評価:4.7 4.7 (1115件)
  • 完結
  • 冒険
  • バトル

山奥に住む怪力で、メチャクチャ元気な孫悟空。ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ド...

――ジャンプをリアルタイムで読んでいたんですね。

そうですね。必ず買っている友だちがいたので、見せてもらって。あの頃はどこにいってもジャンプがありました。

――「DRAGON QUEST―ダイの大冒険―」 は、どういうところが好きだったんでしょうか?

魔法使いのポップって、すぐ逃げるダメなやつだったじゃないですか。でも成長していって、いなくてはならない存在になっていく。そういう王道のストーリーが面白かったんだと思います。

魔法使いのポップ。強い敵に襲われ、恐ろしくて逃げ出してしまう

魔法使いのポップ。強い敵に襲われ、恐ろしくて逃げ出してしまう

DRAGON QUEST―ダイの大冒険―
(c) 三条陸・稲田浩司・堀井雄三/集英社
少年漫画 DRAGON QUEST―ダイの大冒険―
稲田浩司/三条陸/堀井雄二
評価:4.5 4.5 (303件)
  • 完結
  • 冒険
  • バトル

モンスターが平和に暮らすデルムリン島。その島で唯一の人間・ダイは、魔法が苦手だが勇者に憧れてい...

大人になってもドラゴンボールみたいなことをしている

――いまの芸風を振り返ってみて、漫画から影響を受けている部分はありますか?

漫画やアニメからは影響を受けてると思います。たとえばデビューしたての頃に、吉本新喜劇に出ていたんです。若手はだいたい借金の取り立て役をやるんですけど、僕もやっていて。「金返せ」と言って、「払えません」と言われて、「それだと痛い目にあうぞ……これでもくらえ〜!」って叫んで、でも逆にやられてしまって。「お前、何がしたかったんや!」ってツッコまれるのが定番の流れなんですけど。

――「これでもくらえ〜!」みたいなセリフ回しが、漫画からの影響なんじゃないかってことですよね。

そうです。ほかにもギャグで「パワー」とか「ヤー」って叫びますけど、そういうリアクションも漫画の必殺技とか呪文から影響を受けていますね。

「DRAGON BALL」の主人公・孫悟空(そんごくう)。必殺技の「かめはめ波」

「DRAGON BALL」の主人公・孫悟空(そんごくう)。必殺技の「かめはめ波」

DRAGON BALL
(c) バード・スタジオ/集英社

「ザ・きんにくTV」でも、カロリーを上に投げて爆発させるみたいなこともやってるんですけど。完全に「DRAGON BALL」 の必殺技の影響ですね。

ハンバーガーのカロリーをつかんで取り出し……

ハンバーガーのカロリーをつかんで取り出し……

(YouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」より)

カロリーに息を吹きかけて宙に飛ばし……

カロリーに息を吹きかけて宙に飛ばし……

(YouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」より)

「ヤー」で爆発させる(爆発音が鳴る)

「ヤー」で爆発させる(爆発音が鳴る)

(YouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」より)

――爆発音が入ると、さらにドラゴンボール感が増しますね。

お笑い芸人だけじゃなくて他の仕事にも言えますけど、10代で見たり学んだりしてきたものに、20代で経験する仕事や自分の性格が重なり合って、いわゆる個性が作られていくと思うんです。僕が10代の頃は漫画に熱中していたので、やっぱり漫画からの影響は受けていますね。

神龍に願いを1つ叶えてもらうなら?

――私が子どもの頃も「DRAGON BALL」 を読んでいて、友だちと「神龍(シェンロン)に1つ願いを叶えてもらうなら何にするか」と盛り上がったのを覚えています。

神龍。ドラゴンボールを7個集めると出現し、願いを1つ叶えてくれる

神龍。ドラゴンボールを7個集めると出現し、願いを1つ叶えてくれる

DRAGON BALL
(c) バード・スタジオ/集英社

――なかやまさんは、どんな願いがいいか妄想しましたか?

当時、小学生ですからね。「1つだけ叶えてくれる願いを、100個にしてくれ」とか考えていたと思います。

――小学生らしい発想ですね。大人になった今、1つだけ願いを叶えてもらうなら何を願いますか?

「これが叶えば、芸人として今までやってきたことがようやく形になる」と思えることがあるんです。お笑い芸人としての最終目標とでも言いますか。それを神龍に願いますね。

――どんな願いですか?

僕のお笑い芸人としての道は、大阪の「なんばグランド花月」から始まったので、まず、そこでイベントを開きます。ゲストにボン・ジョヴィを呼んで「イッツ・マイ・ライフ」を生演奏してもらって、そこに僕が出てきて、パスタにチーズを「ヤー」ってかけて、終わったら「ボン・ジョヴィです」ってメンバー紹介して。

――はい。

次にアメをかごにいれて「アメ取りゲームやります。やる人〜?」って観客席に聞いて。挙手している人を舞台上にあげたら、アーノルド・シュワルツェネッガーで。「他にやりたい人いますか〜?」って聞いたら、シルベスター・スタローンとジャッキー・チェンが舞台上にあがってきて。4人でいっしょに、ボン・ジョヴィの生演奏をバックに「ヤー」ってアメ投げて。

――はい。

それを神龍に言いますね。

――かなり具体的に願うんですね。

楽しそうに目標を語るなかやまさん

楽しそうに目標を語るなかやまさん

すごくいい願いでしょ? シュワルツェネッガーが来たら、正式な発音も本人に聞いてもらえますからね。「アーノルドシュワル…………ツェネーグァー(いい発音)」って。お客さん、絶対みんな笑ってくれますよ。

――ステキな願いだと思います!

その目標を達成するために、今もトレーニングを続けています。

≫【次ページ】突然の涙の理由、笑顔が消えた筋肉留学の真相、今後の活動について

この記事をSNSで共有する

作者

うないいちどう

うないいちどう

有限会社ノオト所属のライター・編集者。気さくな人柄。
【Twitter】@EinsWappa

インタビュー・取材の新着記事

新着の診断コンテンツ

新着ニュース記事

ショート漫画の新着記事

コラムの新着記事

めちゃマガで人気の記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016-2019 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. カロリーを「ヤー」で爆発させる——なかやまきんに君の芸風はジャンプ漫画からの影響を受けていた
  1. めちゃコミック
  2. 少年漫画
  3. 週刊少年ジャンプ
  4. DRAGON BALL
  5. カロリーを「ヤー」で爆発させる——なかやまきんに君の芸風はジャンプ漫画からの影響を受けていた

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る