ヒカルの碁

あらすじ

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/232話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

スタッフレビュー

おーじ

平安時代の棋士と囲碁初心者の小学生が一体に!

アマチュアからプロ、はたまた幽霊までもが囲碁に挑戦

主人公は小学生・進藤ヒカル。祖父の倉庫で小遣いの足しになるものはないか、と物色していると碁盤を見つけ出します。その碁盤に触れるとどこからともなく声が聞こえてきて、平安時代に最強を誇ったという棋士・藤原佐偽の幽霊が目の前に現れるのです! その日を境に、ヒカルは憑りつかれた佐偽の頼みによって嫌々ながら囲碁を打ち始めることになりますが、徐々にその世界に浸透していくように…。

小畑健先生とほったゆみ先生の初タッグ兼初ブレイク作になる本作。囲碁のやり方やルールが分からないという人も、そんな心配は不要。囲碁初心者のヒカルとともに、ぜひ楽しんでください!

一手一手がシンプルだが熱い“盤上スポーツ”!

静かで地味なテーブルゲームかと思いきや、スポ根のような迫力で展開していく小畑健先生の手腕に、思わず引き込まれてしまうこと間違いなし。碁盤が戦場並みの緊張感に包まれており、思わず息を飲み込んでしまいます。

佐偽という最強の棋士が常に側にいて、いつでも勝てるという状況は、なかなか異例の設定。それからも様々なライバル達と出会い色々な経験をして、ヒカルはどんどんと囲碁の魅力に惹かれ、佐偽とともにその身を投じていくことになります。もちろん佐偽も自分が打つ事をするだけでなく、教えるという立場にもなって手助けをしていくので、彼の成長を確認できるのも見どころの一つです。

2017/01/17 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    高みへGO!

    主人公進藤ヒカルが、囲碁を通して様々な人物に出会い経験をして、そして別れ精神的成長を遂げる物語です。とても面白い作品でした。囲碁を知らない私でも充分楽しめました。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    私の中の一番!

    ヒカ碁は、歴代のマンガの中でも特別に好きなマンガです!
    作画はもちろん、ストーリーも面白くて、主人公ヒカルの成長がとても楽しいし、周りを取り囲むキャラクターたちも個性豊かなので、何回でも読み返しました。好きすぎて単行本、愛蔵版、完全版、DVD―BOXまで揃えてしまうくらい好きな作品!

  3. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    「シーズン2」望む!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    国民栄誉賞受賞で話題になった、井山裕太 十段(28歳)。「究極の目標は世界一」と、LG杯 朝鮮日報棋王戦に挑む姿は、まさに「ヒカルの碁」最終話の日韓戦⁈

    囲碁界に疎いワタクシも、一気に興味が湧くニュースでした。しかし、にわかファンにはルールも分からずハードルが高い。これは遅まきながら読みたくなります「ヒカルの碁」(笑)

    小畑 健さんは「バクマン。」で、その高い画力には定評がありましたし、コマ割りのスピード感が心地よく読みやすい印象がありました。「ヒカルの碁」も納得のキャラ立ちでした。

    しかしながら、平安の天才棋士:藤原 佐為を あれだけ登場させたなら、後半もファンタジー色もっと出しても面白かったのに?との物足りなさと、23巻で完結⁈ との打ち切り感に、不完全燃焼ぎみです。

    と、思わせといて、これってまさかの「シーズン1」⁈(笑)

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    囲碁を知らなくても楽しめます♪

    ネタバレありのレビューです。表示する

    囲碁は全くの素人で無知ですが、楽しめるストーリーでした!
    まだルールを把握出来ていませんが、まずは誰もが『にわか』から始まります。
    子どもがこの作品を読み、興味を持つきっかけになりそうな作品。
    よくわからなくても囲碁を打ってみたくなります!笑
    ~主人公ヒカル君はいわゆるごく普通の少年でした。
    あるきっかけから、囲碁の天才サイ(霊)がヒカルに憑き、ヒカルと共に囲碁を打つようになります。
    そんな中で、何もわからなかったヒカルが囲碁に魅了され、サイの力でなく、自分の力で囲碁を打ちたいと思うようになります。
    ヒカルの成長の過程が面白くて、サイのキャラクターが可愛くて大好きです♪♡
    囲碁に興味が無い方も。ストーリーそのものが面白いので、まずは一話、読んでみてほしい作品です☆

  5. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    読んで損は絶対にしません!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ヒカルの成長と、それを支える不思議な存在のサイ。
    戸惑いを超えた先には、お互い絶対的な信頼を積み重ねて行きますが、それは永遠には続かず‥悲しい別れもありますが、良きライバルと共に成長と挫折を繰り返し逞しくなっていくヒカルの姿を親の様に見守ってしまいました。
    とても素晴らしい作品と思います。
    但し、囲碁部のみんなはもう少しヒカルを応援してくれても良いのになぁ〜と思わずに入られませんでした。
    そこだけは疑問。

すべてのレビューを見る(324件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

関連記事