はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児 - 君影草,沖田×華 | 女性漫画

はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. 本当にあった笑える話
  4. はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児

あらすじ

発達障害をもち、普通学級での学習や日常生活が困難なため、特別支援学校への進学を希望するも、知能テストの結果が規定より高かったため、療育手帳が取得できず進学が許可されない…!? そんな「はざまのコドモ」の日常とその母親の奮闘を、大人気漫画「毎日やらかしてます。 アスペルガーで、漫画家で。」の沖田×華が描いた、ノンフィクションコミックエッセイ!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/12話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児 のスタッフレビュー

ゆっきー

母子の実話から知る「ニュートラルな発達障害」の世界

身近な問題である“知的ボーダー”って?

発達障害児への社会的理解は、定着したとは言えませんが、少しずつ広まっています。しかし、健常児とも発達障害児とも認めてもらえない子どもがいることをご存知ですか?

作者・沖田×華さんのアシスタントである君さんは、息子のヨシ君の様子が他の子と少し違うことに気がつきます。しかし、知能テストの結果に問題がないため、どこもヨシ君の発達障害を取り合ってくれません。配慮を受けられないのに、風当たりは冷たい、“知的ボーダー”としての生活を迫られるヨシ君。彼と母親である君さんの実話が、ちょこちょこギャグを織り交ぜながらコミカルに描かれています。

愛を感じる、前向きになれる物語

ご近所さん、学校の先生、医師、さらには障がい者の保護者にも理解されない君さん一家。ヨシ君が広汎性発達障害とわかっても、療育手帳を交付してもらえないため、特別な支援は受けられません。発達障害児としての証明を得られないまま、変わらず批難を受ける毎日を送ります。そのせいで、家庭までギクシャクしてきて…… とても前向きにはなれない境遇ですが、君さんがヨシ君に愛情を注ぎ奔走したおかげで、いつしか周囲からの理解も得られるように。2人の様子から元気をもらえます。

母子の絆から、知的ボーダーとの向き合い方を考えさせられる一作です。是非、君さんの目線だけではなく、ヨシ君の目線にも立ったつもりで読み進めてみてください。

2016/07/05 10:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by gudemam

    15人の方が「参考になった」と投票しています。

    IQ 72

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:5.000 5.0

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    無理解との闘い

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    ボーダーと5年生の担任

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:5.000 5.0
    by su sn

    19人の方が「参考になった」と投票しています。

    知的ボーダーをニュートラルに認知できる

    知的ボーダーとゆう発達障害のグレイゾーンがあることは知りませんでした。
    か、ニュートラルに認知できる作品です。押し付けがましくなく、現実をつたえています。自分に子供はいませんが、他人事として終わらせられない作品でした。学校や教育現場の教科書に使っていただきたいほどです。

    100%理解できなくても発達障害の認知、その存在を知ることでもっと変えられることがたくさんあるのでは?と素人ながら思いました。

    また自分には一生付き合っていく持病がありますが、認知度が低い病のためなかなか説明したり理解してもらうのが難しいところは少し共感する部分がありました。

    この作品に出会えてよかったです。発達障害について知ることができてよかったと素直に思いました。いろんな世代の方に読んでいただきたいです。

  5. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    他人事の世界

    私の息子は知的障害や発達障害ではありませんが、2年前に白血病になりました。まだ5歳でした。
    苦しい闘病を経て保育所に復帰しましたが、外見の変貌で馬鹿にされたりいじめられたりしました。
    保育所の所長先生に「難病の子どもを持つお母さんの気持ちは、所詮私達には分かりませんよ。他人事です。」と突き放された事を思い出します。

    周囲の認識不足や間違った理解は、子も親も本当に傷付くものです。現実ってこんなもんなのかとその無関心さに何度も悔しい思いをしました。
    けれど、思い返せば私も以前は他人事だと思うひとりでした。

    はざまの子どもとその親ごさんの現実は、決して他人事ではない。他人事の世界は、ある日突然現実になる事があります。

すべてのレビューを見る(568件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児に関する記事