サイレーン - 山崎紗也夏 | 青年漫画

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:サイレーンの詳細

サイレーン

サイレーン

サイレーン

作者
山崎紗也夏
雑誌
モーニング
ジャンル
青年漫画
タグ
相棒 ミステリー メディア化 秘密の関係 友情・仲間 職業

サイレーンのあらすじ

武蔵県警の猪熊夕貴(いのくま・ゆき)と里見偲(さとみ・しのぶ)はあらゆる事件の初動捜査を行う機動捜査隊(通称:キソウ)の刑事。二人は“相棒”として一緒に仕事をしているが、実は恋人同士でもある(もちろん、職場ではヒミツ)。そんな二人がある変死体発見現場で出会ったのが、橘(たちばな)カラ。以来この美しい女性、なぜか猪熊と里見の周辺をウロウロしはじめた。橘カラとは何者か? 彼女の目的は? キソウテンガイ物語、開幕!!

サイレーン のスタッフレビュー

おーじ

正義VS狂気! 美しきサイコパスキラーを逮捕せよ!

美人すぎるキャバ嬢の裏の顔は殺人鬼!?

機動捜査隊である猪熊夕貴と里見偲は、相棒であり、ライバルであり、恋人同士。公私ともにパートナーである2人は、キャバクラ嬢の変死事件をきっかけに、謎の美女・橘カラに出会います。正義感溢れる警察官カップルと怪しげな夜の女の運命が交錯し合う先には、一体どんな結末が待っているのか……!?

本作はまさに、手に汗握る本格サスペンス。殺人を犯しながらも平然と日常生活を続けるカラが、偶然を装って夕貴との距離を詰めていく様に、読者はハラハラし通しです。特に、無防備でカラを少しも疑わない夕貴の鈍感さには、ヤキモキしてしまった方も多いのではないでしょうか。

読者だけが知っている、無邪気な女性警察官に忍び寄る魔の手

自分の保身のために関係者を殺害したり、猟奇殺人鬼を返り討ちにしたり……。第三者である読者にはカラの狂気が丸わかりですが、作中の登場人物には尻尾を見せることはありません。彼女の美貌や周りへの周到な対応には、男性ならみんな、思わず騙されてしまうことでしょう。悪女であることがわかっていても、カラが弱々しく頼ってくるシーンでは庇護欲が刺激されちゃいました。

シリアルキラー・カラはどのように誕生したのか、なぜ夕貴に近づくのかなど、様々な謎が散りばめられ、淡々と進んでいくストーリー展開から目が離せない! 体育会系の彼女の尻に敷かれ気味で、厳格な夕貴の父親を恐れて挨拶にも行くことができない、いわゆる“ヘタレ”の偲が完全なる悪女とどう戦うか、という所にも着目して読み進めるのも楽しいかもしれません。

2017/03/29 13:00

サイレーンのレビュー

  1. 評価:3.000 3.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    途中までが

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    ドラマきっかけです

    ドラマでみて購入しました。
    うーん、人物みんな絵柄が可愛いので、
    容姿の差違があまり無いので、
    整形完璧カラの美貌がよくわからない。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    サイコパス

    ドラマは見ていなかったけど気になっていたので読んでみました。橘カラの存在感がハンパないですね。彼女の整形前の顔見てみたかったです。なんとなくだけど元々美人だったんじゃないかと思います。

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    ドラマがきっかけ

    ドラマがきっかけで読み始めました。
    まだ序盤しか読めてませんがドラマとどう違うのか楽しみです。今のところドラマでカラを演じた菜々緒さんの方が怖いです。

  5. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    ドラマきっかけ

    ドラマを見て原作が気になって読み始めました。 スリリングでとても面白いです。 まだ序盤までしか読めてないですが続きが気になります。

  6. 評価:4.000 4.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    スリリング!

    なかなかじっくり読む時間が取れない中ですが、一度読み始めたら、えー⁉︎どーなるの?どーなるの?と引き込まれてしまいます。
    ヒタヒタと、偶然を装いながら接近してくるカラ、、ハラハラしっぱなしです。読み終えた後もドキドキが止まらない。ビビりの私はカラとイノの距離感に呼吸を忘れるくらい緊迫しちゃいますが、イノと里見のリラックスしたやり取りで、息を吹き返しています笑

  7. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ドラマがきっかけ。

    ドラマがきっかけで読みましたが、漫画では読まなくていいかなーと思ってしまいました。続きは買わないかな。ドラマを見てしまうと賛否両論分かれると思います。

  8. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    やばい

    ドラマが大好きで気になって読んでみたら、あのドラマは本当に原作に忠実だったと知りました。ドラマと同様、ハラハラドキドキしながら読み進めていて本当に面白かったです!

  9. 評価:3.000 3.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    うーん

    ドラマにハマって、無料だったので数話読みました。ドラマとは雰囲気がちがうなぁと思いましたが…
    話数も多いし、続きは読まないかな~
    という感じです

  10. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    ラストは割とあっさり。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  11. 評価:5.000 5.0
    by 180sx

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  12. 評価:5.000 5.0
    by G2

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    よかった!

    ドラマに桃李ファンの友人がキャーキャー言ってるのでどんなもんかと読んでみたら……!
    これは面白いです!
    ドラマほとんど観てないですが、怖いです~~!色々な事件の解説なども入れて、現実世界の「ゾッ」という気持ちを思い出させながら話が進むのでますます怖かったです~~!

  13. 評価:3.000 3.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    作者買い

    作者のファンです。
    いままでの作風とは異なる内容でした。

    現在ドラマ化していますが、ドラマとはなんとなく空気感が違いました。

  14. 評価:4.000 4.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    楽しめました

    無料にやられて読み始め、一気に完結まで読んでしまいました。
    現実にはそうそう無いシチュエーションではありますが、映画や小説のなかでは良くある話、よくある展開、よくある最後です。
    けれど作画も美しく人物も魅力的で、娯楽としてきちんと楽しめる作品です。
    途中が面白ければ面白いほど、幕引きにはがっかりしてしまうことが多いもの。こればかりは仕方ありませんね。作者様スタッフ様、ありがとうございました!

  15. 評価:1.000 1.0

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    うーん(・ω・)

    ネタバレありのレビューです。表示する

  16. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    カラの存在

    気になっちゃって最後迄読んじゃいました。読みごたえあるし、購入して満足

  17. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    毎週楽しみにしていた漫画

    最終回だけ見逃していたので、結末がわかってスッキリした(*^-^*)

  18. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    吐き気をもよおし

    ながら読み切りました。ヘタレの自覚症状のある方の服用はお避け下さい(ノ><)ノ最後の最後まで気を抜けないぃす(((ノ><)ノ

  19. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    はやく続きを……!

    ネタバレありのレビューです。表示する

  20. 評価:4.000 4.0

    17人の方が「参考になった」と投票しています。

    美しき捕食者

    サイコパス女”カラ”がめちゃくちゃクール。無機質で無表情な人形のようなキャラクターで惹きつけられる。捜査官”猪熊”を執拗に追いかける…。正義の猪熊と悪のカラとの対決に期待。

すべてのレビューを見る(20件)

サイレーンに関する記事

サイレーンのあらすじ

1話~10話
武蔵県警の猪熊夕貴(いのくま・ゆき)と里見偲(さとみ・しのぶ)はあらゆる事件の初動捜査を行う機動捜査隊(通称:キソウ)の刑事。二人は“相棒”として一緒に仕事をしているが、実は恋人同士でもある(もちろん、職場ではヒミツ)。そんな二人がある変死体発見現場で出会ったのが、橘(たちばな)カラ。以来この美しい女性、なぜか猪熊と里見の周辺をウロウロしはじめた。橘カラとは何者か? 彼女の目的は? キソウテンガイ物語、開幕!!
11話~20話
武蔵県警機動捜査隊(通称・キソウ)の猪熊夕貴(いのくま・ゆき)と里見偲(さとみ・しのぶ)が、変死体発見現場で出会った女・橘(たちばな)カラ。この日以来、この美しいキャバ嬢は、猪熊を執拗に追い続ける。尾行・張り込み・当たり屋敢行・独身男の誘惑…。そして、カラは猪熊の自宅を監視することに成功。続いて猪熊と親しくなるために、友人を踏み台に……。絶対悪女の目的は??
21話~30話
橘(たちばな)カラの暗い影に気づき始めた機動捜査隊の里見(さとみ)。捜査線に浮上したのは、カラが通う美容外科医院だった。裏の顔を持つ院長の月本(つきもと)。カラと急接近する里見のカノジョ・猪熊(いのくま)。里見を誘惑するカワイイふたご……。誰もが橘カラの本当の目的を、知らない。
31話~40話
美しいキャバ嬢・橘(たちばな)カラの持つ暗い影に気付き始めた、里見(さとみ)刑事。里見に追われていることを察知した、殺人鬼カラ。何も知らずにカラとの友情を深めていく里見のカノジョ・猪熊(いのくま)――。美容整形外科で起きた殺人事件をきっかけに三角関係は大きく動き出す……。イケメン刑事×美しき殺人鬼、緊迫の頭脳戦が開幕――!
41話~50話
橘(たちばな)カラの罠にはまった里見(さとみ)は、カノジョ・猪熊(いのくま)との間に溝ができてしまった。一向にカラの正体を暴けず、調査に限界を感じる里見の前に、カワイイ「ふたご」が登場。援軍を得た里見は、一歩ずつ橘カラの正体に近づいていく――。
51話~60話
猪熊(いのくま)は行方不明、アイも連絡がつかない。 急変する状況に焦る里見(さとみ)を橘(たちばな)カラが挑発する。2日前、猪熊はカラと二人きりで山奥の山荘に向かっていた……。 警察をあざ笑う、絶対悪女の狂気の宴、開演――。「美人殺人鬼」の妖しき魅力を山崎紗也夏が描く!!
61話~75話
「私は人と違う衝動を持って生まれた――」橘(たちばな)カラに監禁された猪熊(いのくま)に迫る、最後の時間(とき)――。救出に向かう里見(さとみ)は間に合うのか!? ……そして美人殺人鬼の歪んだ世界と壮絶な過去が、明かされる。山崎紗也夏が描く絶対悪女の物語、ついに完結!

おすすめ特集

サイレーンをスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank