サイレーン - 山崎紗也夏 | 青年漫画

サイレーン

サイレーン

あらすじ

武蔵県警の猪熊夕貴(いのくま・ゆき)と里見偲(さとみ・しのぶ)はあらゆる事件の初動捜査を行う機動捜査隊(通称:キソウ)の刑事。二人は“相棒”として一緒に仕事をしているが、実は恋人同士でもある(もちろん、職場ではヒミツ)。そんな二人がある変死体発見現場で出会ったのが、橘(たちばな)カラ。以来この美しい女性、なぜか猪熊と里見の周辺をウロウロしはじめた。橘カラとは何者か? 彼女の目的は? キソウテンガイ物語、開幕!!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/75話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

サイレーン のスタッフレビュー

おーじ

正義VS狂気! 美しきサイコパスキラーを逮捕せよ!

美人すぎるキャバ嬢の裏の顔は殺人鬼!?

機動捜査隊である猪熊夕貴と里見偲は、相棒であり、ライバルであり、恋人同士。公私ともにパートナーである2人は、キャバクラ嬢の変死事件をきっかけに、謎の美女・橘カラに出会います。正義感溢れる警察官カップルと怪しげな夜の女の運命が交錯し合う先には、一体どんな結末が待っているのか……!?

本作はまさに、手に汗握る本格サスペンス。殺人を犯しながらも平然と日常生活を続けるカラが、偶然を装って夕貴との距離を詰めていく様に、読者はハラハラし通しです。特に、無防備でカラを少しも疑わない夕貴の鈍感さには、ヤキモキしてしまった方も多いのではないでしょうか。

読者だけが知っている、無邪気な女性警察官に忍び寄る魔の手

自分の保身のために関係者を殺害したり、猟奇殺人鬼を返り討ちにしたり……。第三者である読者にはカラの狂気が丸わかりですが、作中の登場人物には尻尾を見せることはありません。彼女の美貌や周りへの周到な対応には、男性ならみんな、思わず騙されてしまうことでしょう。悪女であることがわかっていても、カラが弱々しく頼ってくるシーンでは庇護欲が刺激されちゃいました。

シリアルキラー・カラはどのように誕生したのか、なぜ夕貴に近づくのかなど、様々な謎が散りばめられ、淡々と進んでいくストーリー展開から目が離せない! 体育会系の彼女の尻に敷かれ気味で、厳格な夕貴の父親を恐れて挨拶にも行くことができない、いわゆる“ヘタレ”の偲が完全なる悪女とどう戦うか、という所にも着目して読み進めるのも楽しいかもしれません。

2017/03/29 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    楽しめました

    無料にやられて読み始め、一気に完結まで読んでしまいました。
    現実にはそうそう無いシチュエーションではありますが、映画や小説のなかでは良くある話、よくある展開、よくある最後です。
    けれど作画も美しく人物も魅力的で、娯楽としてきちんと楽しめる作品です。
    途中が面白ければ面白いほど、幕引きにはがっかりしてしまうことが多いもの。こればかりは仕方ありませんね。作者様スタッフ様、ありがとうございました!

  2. 評価:3.000 3.0
    by roka

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    サイコキラーの許容範囲

    学生時代に犯罪心理学をちょっとかじって、古今東西のサイコキラーの書物を読んでいた。
    「美しきサイコキラー」なんて、滅多にいない(テッド・バンディなんかは例外だろうけど)。
    「美しき女性のサイコキラー」となると、私の知る限り、一人もいない。
    別に、現実にいない人物が漫画にいちゃいけないわけではないが、美女のサイコキラーという設定に、私は冷めてしまった。
    ファンタジーではなく、あくまで「現実」を舞台に展開する漫画には、こういう逸脱をしてほしくない。
    美女のサイコキラーなんかよりも、コナン君の「怪盗キッド」の方が、まだ現実として許容できる。

  3. 評価:5.000 5.0
    by G2

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    よかった!

    ドラマに桃李ファンの友人がキャーキャー言ってるのでどんなもんかと読んでみたら……!
    これは面白いです!
    ドラマほとんど観てないですが、怖いです~~!色々な事件の解説なども入れて、現実世界の「ゾッ」という気持ちを思い出させながら話が進むのでますます怖かったです~~!

  4. 評価:4.000 4.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    スリリング!

    なかなかじっくり読む時間が取れない中ですが、一度読み始めたら、えー⁉︎どーなるの?どーなるの?と引き込まれてしまいます。
    ヒタヒタと、偶然を装いながら接近してくるカラ、、ハラハラしっぱなしです。読み終えた後もドキドキが止まらない。ビビりの私はカラとイノの距離感に呼吸を忘れるくらい緊迫しちゃいますが、イノと里見のリラックスしたやり取りで、息を吹き返しています笑

  5. 評価:1.000 1.0

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    うーん(・ω・)

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(76件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

サイレーンに関する記事