rokaさんの投稿一覧

レビュアーランキング 1位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 492件 / いいね獲得 9,995件
話コメント
投稿 0件 / いいね獲得 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全492件

  1. 評価:5.000 5.0

    ミステリと呼ばないで

    今まで読んだどんな漫画とも明確に違う。
    面白すぎてびびった。

    基本路線はミステリでありながら、話はどんどん脱線していく。
    主人公の整(ととのう)君が、関係ないことをしゃべりまくるせいである。
    事件の取り調べを受けている最中だろうが、バスジャックの人質になろうが、唯我独尊で脱線しまくる。
    何だこいつは。

    しかし、この脱線が、たまらなく魅力的である。
    本線から遥かに逸脱した会話が楽しい、という意味では、タランティーノの映画のような漫画である。
    とにかく整君の呑気なしゃべりが、いちいち鋭く、深い。
    人間や社会に対して、独自の視点でもって、目からウロコの核心を提示するその洞察の見事さは、私の文章ではとても説明できない。
    これはもう、読んでもらうしかない。

    それでいて、「本線」のミステリ部分も、「脱線」を邪魔しない程度にサラッとしていながら、パリッと筋が通っている。
    このバランス感覚の素晴らしさ。

    ミステリのようで、ミステリではない。
    ミステリではないようで、ちゃんとミステリでもある。
    ミステリ、と呼ぶのは何かピンとこない、ミステリじゃない、と切り捨てるのも何かもったいない。
    ミステリが好きな人にも、苦手な人にも薦められる快作。
    誰にでも迷わず薦められる漫画なんて、私にはほとんどない。

    • 519
  2. 評価:5.000 5.0

    イーブン

    夫婦に限らず、男女の関係は、一見すると「そんなの夫が(ないし妻が)悪いじゃん!」という物事も含め、その責任は、イーブンなのではないか、と思う。
    というか、イーブンということにするべき、ではないかと思う。
    どうであれ、お互いに、お互いを、選んだ、という責任がそこにはあるから。
    だから、作品として夫婦の問題を描くならば、そこには本当は「双方の視点」が反映されていないと、フェアではないのかもしれない。
    そういう意味で、この漫画は素晴らしかった。

    妻に共感する人が多いだろうと思う。
    かといって、この漫画は「夫が悪い」と断罪しているわけではなく、夫婦がそれぞれの思いや価値観を抱えながら少しずつすれ違っていく様を、丁寧に、丁寧に描いている。
    目に見えて近づく破綻が、やけに静かで、悲しい。
    手っ取り早く読者の注目を引くなら、妻をさらっと不倫に走らせて、性的な描写をさっくり入れればいい(昨今の多くの漫画がそうするように)のだが、そういう安直な手段に流れていない。
    そこに、作品としての気概みたいなものを感じたし、非常に好感を持った。

    私は一人の夫であるが、幸い、この漫画のような問題からは遠い場所にいる。
    ただ、ひとつ思ったのは、この漫画の夫にとって致命的なのは、性生活の問題以上に、「向き合おうとしない」ことではないか、ということだ。
    要するに、彼は「向き合いたくない」人間なのだと思う。
    そしてその姿勢は、夫婦の関係として、別に間違っているわけではない。
    なぜなら、夫婦とは多分、正面から「向き合う」ための存在ではなく、「横に並んで」歩いてゆける相手だからだ。
    本質的には、文字どおり「向き合って」することよりも、横に並んで眠ることのほうが、大切なのかもしれない。
    けれど、その歩みが、ずれてしまった場合には。
    どちらかが進みすぎたり、遅れたりした場合には。
    立ち止まって、歩み寄って、向き合わなければならないときも、来るだろう。
    きっと、そこから逃げてはいけないのだ。
    少なくとも、愛している、と言いたいならば。

    • 695
  3. 評価:5.000 5.0

    空気を読む私たち

    「KY」が流行語になったのは2007年だった。
    その頃からだ、世の中で「空気読めよ」とやたら言われ出したのは。
    ただ、そんな流行語が出来るはるか昔から、「空気を読む」文化は日本では当たり前のものだった。
    どんな文化にもいい面と悪い面があるが、「空気を読む」社会の無言の同調圧力みたいなものに、息苦しさを感じている人は多いだろうと思う。
    だから、凪が共感を呼ぶ。
    私もそうで、凪とはまるで違う人間なのに、非常に共感を持った。
    これは漫画としてすごいことだと思う。
    キャラクター個人の問題を超えて、時代とか社会とかを切り取るのに成功した、ということだから。

    でも、難しい。
    「空気を読むことより大事なことがある」という気づきは素晴らしいけれど、読まなくてはいけない空気の外の世界で、より大事な何かのために生きるのは、簡単じゃない。
    そもそも、その「大事な何か」がよくわからなかったりして。
    そんな、厳しい戦いの物語として私は読んだ。
    本気で凪を応援したくなった。
    中島みゆきの「ファイト」でも歌ってやりたくなった。
    「戦う君の歌を、戦わない奴らが笑うだろう。ファイト!」って。

    そして、我聞の位置づけが素晴らしい。
    駄目な男と思いつつ、私は我聞も応援したくてしょうがない。
    彼はある意味、空気を読む達人だ。
    その才能が、彼を営業部のエースにした。
    でも、一番大切な人の空気、読めてないやんけ、と。
    だから、駄目男。
    そうなんだけど、多分、我聞にとっては、唯一、凪だけが、空気を読まなくていい相手だったのではなかろうか。
    その甘えは、駄目だけれど、もう一度、チャンスを与えてやれないか、と。
    そういう意味では、空気を読むことをやめた女と、空気を読め過ぎるくせに一番大事な空気が読めなかった男の、すれ違いの恋物語でもある。

    あー、二人とも、何か、すげー幸せになってほしい。
    漫画を読んで本気でそんなふうに思ったことは、私にはあまりない。

    • 338
  4. 評価:5.000 5.0

    ストーリーで勝負

    奇抜な設定や一発ネタに頼るでもなく、美麗な作画で魅了するわけでもなく、あくまでストーリー一本で勝負だ、という実に硬派な漫画である。

    話として面白いことはもちろん、それぞれに何かを背負った登場人物たちの描写が丁寧で、しかも説明しすぎず、バランス感覚が絶妙である。
    ぞくぞくするほど引き込まれた。
    「続きが気になる」とはよく聞くが、自分は、読み始めてしまえば、大抵の漫画でそうなる。
    しかし、本作の「続きが気になる」のレベルは群を抜いている。
    「気になる」なんて次元ではない。

    個人的に、ストーリーに偏った漫画は、「なら小説でいいじゃん」と思うことが多いけれど、ここまで見事にやられると、そんな考えは吹き飛ぶ。

    解かれていない謎や伏線(らしきもの)は豊富にあるが、「大丈夫か、ちゃんと回収されるのか」という不安は湧かない。
    「きっと上手くやってくれる」という期待が圧倒的に大きい。
    そんな信頼感すら抱かせる、見事な漫画である。

    • 102
  5. 評価:4.000 4.0

    設定を殺して

    新鮮なのは、「元極道のコンビニ店員」という設定そのものではなく、むしろその設定の「殺し方」みたいなところにあるのではないかと思った。
    本作は、いい意味で、とても慎重に設定を殺している。
    もう少し誤解を避けて言えば、設定から想起されるありがちな展開を、実に巧妙に回避している。

    私が何となく予想していたのは、次のようなストーリーだった。
    元極道のコンビニ店員である島さんは、普段はおとなしく仕事をしている。
    そこに何らかのトラブルが起きる。
    例えば、悪質なクレーマーが来るとか。
    そこに温厚そうな島さんが出ていって、クレーマーは「何だてめえは?」とかすごむけど、何かの拍子に刺青が見えてしまうとか、島さんが尋常でない殺気を放つとかして、クレーマーは「すみませんでしたー!」となる。
    みたいな。
    そういう漫画かと思っていた。

    違う。

    島さんは、元極道的なパワーを全く使わずに、あくまで温厚なままであって、その実直さや誠実さ、気配りや思いやり、洞察力、といったありふれた(?)人間的スキルでもって、コンビニの日常の諸問題を解決に導いてゆく。
    それを、一種の人情話として描いた漫画である。
    「ありがちな展開には絶対にしないぜ」という作者の気概が伝わるようで、その心意気や、よし。

    ただ、こう書くと、「あれ?元極道って設定、要らなくね?」と思われるかもしれないが、そうでもない。
    作中に流れるのは、すねに傷を持つ者が放つ独特の説得力と、「この設定がこの先で活きてくるんだろうな」という期待感だからだ。
    そういう意味では、かなり緻密に組み立てられた漫画だと思うし、それはこの先の話で、実証されるのではないかと思う。

    あとは、枝葉の部分になるが、作中、背中の刺青のワンカットで、島さんが元極道なのだ、ということをさりげなく提示するところなんかは、何ともセンスがあって、好感を持った。

    • 112
  6. 評価:4.000 4.0

    好感のもてる丁寧さ

    社内の様々な問題を調査し、適切な人事変更でもって対処する人事部の「社内探偵」を主人公にした作品。

    まず、人事部の活動が作品の中心、という設定が、個人的には新鮮に感じた。
    話の内容としては、職場あるあるというか、会社で働いている読者は特に、この漫画ほど極端にではないにせよ、似たような種類のイライラを抱えている可能性はあり、結構スカッとするのではないかと思う。

    特筆すべきは、その「スカッと」に至るまでの過程の丁寧さではないかな、と思う。
    昨今、「あなたのイライラ、スカッとさせます!」と言わんばかりの漫画が多いような気がするが、いかんせん過程が性急に過ぎて、逆にモヤっとする、というような作品が往々にしてある。
    しかし本作は、とても丁寧に過程を積み上げており、その点には好感を持った。
    そのぶん、テンポというか、進みの遅さは気になる読者がいるかもしれないが。

    • 134
  7. 評価:4.000 4.0

    優しすぎる寓話

    絵柄はヒトを選ぶだろうし、わたしは決して好みではないのだけれど、童話のような物語の雰囲気と世界観にはマッチしている。
    上手い・下手はともかく、絵柄が漫画に「合う・合わない」はとても大切なことだと思うので、そういう意味では、いいと思った。

    絵も、筋立ても、シンプルだけれど、描かれているものはなかなか奥深い。
    それは、ちょっと雑に言うと、善人も悪人も、懸命に生きているんだ、ということなのではないかと思った。

    本作は、寓話的な印象の漫画だ。
    しかし、実のところ、大体の寓話よりも遥かに優しい。
    昔話だって何だって、多くの場合、問答無用の「悪者」が出てくる。
    それは、略奪を繰り返す鬼ヶ島の鬼だったり、カニを騙した猿だったり、雀の舌を切る老婆だったり、豚を狙う狼だったり、シンデレラを苛む継母だったりするのだが、彼らはあくまで「悪者」であって、物語の中で、ある意味都合よく、やっつけられたり、不幸になったりする。
    私たちは、それを「当然」として読む。
    でも、本当にそうだろうか、と。
    鬼には鬼の、狼には狼の人生があって、彼らもまた、必死に生きようとしているのではないか、と。
    そんな、漫画だと思った。

    それは、作品として甘すぎる、という見方もあるだろうし、私みたいに汚れた人間には、やはり、「綺麗すぎる」と映った。
    しかし、誰一人として単純な「悪者」にはしないぞ、ただ悪いだけの悪者なんか、この世にいやしないんだ、というこの漫画の志みたいなものは、とても美しいと思った。

    • 265
  8. 評価:4.000 4.0

    ブスの鍵

    えー、昔から、「男は度胸、女は愛嬌」などと申しまして、女性というのは多少、見てくれはアレでも、立ち居振る舞い、雰囲気次第では魅力的に見える、とまあ、こういうことなんであります。

    なんて書き始めてはみたけれど、それにしたって限度があるだろ。
    というレベルのブスである。
    そのブスが、実にたくましく世の男性たちを手玉に取る、というストーリー。

    彼女が男性をゲットするテクニックは、胃袋をつかむとか、上手く焦らすとか、まあよくある話で、そこまでの説得力はないのだが、核心は、そういう小手先の技ではない。
    最大のキーポイントは、「自信」ではないかと思う。

    主人公の女性は、「私って男性から見て魅力的に映るかしら?」などと疑わない。
    かといって、「私って美しいわ」と勘違いしているわけでもない。
    だってブスなんだから。
    ただ、自分がブスであるという事実に、人生をコントロールされていない。
    彼女にとって外見はアドバンテージではないけれど、コンプレックスでもない。
    そんなもの、「どうでもいい」のだ。
    外見が武器にならないなら、別の武器で勝負すればいい。
    そして、必ず勝つ。
    然るべき技術を行使すれば、男は必ず自分にひざまずく。
    そういう絶対的な、自信。
    その自信こそが彼女の核であり、そういうブスの描き方は、なかなか面白いと思った。

    十年くらい前に、首都圏で「婚活殺_人」なんて呼ばれた事件があって、男を次々とたぶらかしては殺して財産を奪った女が逮捕されて「毒婦」などと称されていたが、どんな美人かと思って見てみたら、それはもうアレな感じだった。
    ただ、法廷での彼女の言動からは「なぜにそこまで」という自分の魅力に対する圧倒的な自信が感じられた。

    男を虜にするブスの鍵には、案外、共通点があるのかもしれない。

    • 147
  9. 評価:4.000 4.0

    生きてゆく者たちのホラー

    正直、今どき「ホラー漫画」のネタなんて、あらかた出尽くしているんじゃないかと思う。
    そもそもホラーなんて、幽霊が怖がらせるか、化け物が怖がらせるか、異常な人間が怖がらせるか、ざっくり言えばその三択で、時代がこれだけ進んでしまえば、その中のバリエーションだって新鮮なものは減ってゆく。
    これはもう、仕方がない。
    私はホラーが大好きだから、このジャンルには頑張ってほしいのだけれど、難しいよな、とも思う。

    それでも作品として何とか刺激を生もうとするから、ホラーの表現は、どんどん過激になってゆく。
    これももう、仕方がない。
    しかし、「過激であること」で勝負しようとするホラーの多さに、ちょっと食傷気味ではないだろうか。
    ホラーファンは、特にだ。

    そんな時代の中にあって、本作は、とても爽やかで、優しいホラー漫画だと感じた。
    「いかに怖い死者を描くか」ではなくて、「死者に向き合う生者をどう描くか」という漫画だと思った。
    それは、誤解を恐れずに言えば、少年漫画の立ち位置として、とても正しいと思う。

    冷たく聞こえるかもしれないが、死者は、死んで、終わりだ。
    けれど生きている人間は、死を乗り越えていかなくてはならない。
    どんなに辛くても悲しくても、いつか死者たちに手を引かれる日が来るまでは、今日を、明日を、行進していかなくてはならない。

    オカルトホラーでありながら、これはあくまで生きてゆく者たちの物語なのだと、タイトルからそれを堂々と表明したこの漫画が提示した、ホラー漫画らしからぬ温かさや優しさが、私はわりに好きであった。

    • 104
  10. 評価:4.000 4.0

    片目と両目

    まだ序盤なのだが、一種のサスペンスとして私は読んだ。
    怖い。

    作品における「人間の怖さ」の描き方にも色々あって、例えば、異常な人間が私たちのすぐ傍で暮らしているかもしれない、みたいなのはよくある話だ。
    本作はそうではなくて、「自分のよく知っているつもりだった人間が、実は全く別の顔を持っているかもしれない」という恐怖を描いている。
    よりにもよって、夫と、親友である。
    怖いだろ、そんなの。

    「たいがいのことは嘘の笑顔でできている」、現実がそこまで極端かは別として、それがこの漫画の世界観をそのまま表している。
    「あなたの信じているそれって、嘘かもしれないじゃん?」と言われているような気がして、心がざわついた。
    そういう意味では、実に嫌な漫画である。

    主人公が母親に言われた、「結婚するまえは両目を開いて相手を見て、結婚したら片目を閉じなさい」という言葉は、象徴的であり、また、皮肉でもある。
    それは確かに結婚生活の秘訣ではあるのかもしれないが、実際には、恋に落ちた相手に対して、「両目を開いて」いることは難しい。
    そしてまた、愛してしまった相手に対して、「片目を閉じて」いることも難しい。
    もしかしたら私たちは、片目を閉じたような状態で恋に落ち、結婚した相手を両目で見つめるような生き方をしがちなのかもしれない。

    その両目で見つめた先に立っているのが、嘘で上塗りされた偶像ではなく、無条件で愛せるような誰かであるならば、もちろん、幸せなのだけれど。

    • 140
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全492件