この世界の片隅に - こうの史代 | 青年漫画

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:この世界の片隅にの詳細

数々の漫画賞を受賞&ドラマ化サレタ話題作第2次大戦・原爆・終戦、世界の片隅で何を思う?

この世界の片隅に
  • 1話を無料配信中!

この世界の片隅に

コノセカイノカタスミニ

作者
こうの史代
雑誌
アクション
ジャンル
青年漫画
タグ
人間ドラマ 子育て・家族 日常 花嫁 時代物 メディア化

この世界の片隅にのあらすじ

映画化作品「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいうべき本作。戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。

この世界の片隅に のスタッフレビュー

おーじ

すべてを変えた昭和20年の夏に、変わらなかったものとは?

太平洋戦争を生きた1人の女性の半生記

太平洋戦争さなかの1944年(昭和19年)、絵が得意な主人公の少女・すずは、広島市江波から呉の北條周作のもとに嫁ぎます。マイペースな性格と、持ち前の一生懸命さでささやかな毎日を送りますが、戦争で生活は貧しくなる一方。さらには、住む町が戦況の悪化により空襲の被害を受けるようになります。1945年(昭和20年)、すずは故郷の方面に巨大な雲が現れるのを目撃。呉まで届いた、全てをつんざく閃光と轟音を体験します。その後、両親たちの身を案じる日々も束の間、ラジオの玉音放送で終戦を知ることに。戦後の凄惨な境遇に直面する彼女ですが、それでも強く生きようと決心します。

クラウドファンディングによるファンからの出資でアニメ映画化を果たしたことでも話題。人気漫画家・こうの史代先生の大ヒット作です。

“普通”の素晴らしさを知れる物語

本作では、戦争による周囲の変化が彼女に与える影響を、何気ない当時の日常を切り取るという手法で丁寧に描ききっています。慣れない結婚生活といった、現代においてもありふれた生活がテーマです。大切なものを失っていくという戦争の惨さとともに、ユーモアや温かさあふれる家族愛も心に刺さります。

生きづらい時代でも前向きに笑顔を忘れない彼女に、元気をもらえること間違いなし。「戦争」を知れるというよりも、「ありふれた日常の素晴らしさ」を私たちに気づかせてくれる一作です。

2016/10/14 11:30

この世界の片隅にのレビュー

  1. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    絵が可愛らしいし、話もほんわかした雰囲気で癒されます。
    戦争中の大変な時期の話ですが、穏やかな気持ちで読むことができました。

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    アニメ映画が話題になっていたので
    気になり読んでみました。
    これまでの戦争の話とは、違った視点での戦争中が描かれていて
    面白かったです

  3. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    まぁまぁ

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    ほっこりする

    映画が話題になってましたよね、無料で読めてラッキーです。絵がまず可愛いですね、ほっこりします。この時代は、人間としてシンプルに生きられた気がして私はすきです。

  5. 評価:3.000 3.0
    by nugenex

    このレビューへの投票はまだありません。

    忘れてしまった暖かさが

    ネタバレありのレビューです。表示する

  6. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    この漫画は凄い

    ファンタジーなんでしょうけど、、、

    独特の雰囲気。
    主人公のまわりで起こることや、主人公の感じたことを、淡々とえがいています。

  7. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    懐かしい

    うさぎが翔んでる。のところが浜育ちの父親が同じ事を言っていたのを、思い出しました。全体的に懐かしく思いました。

  8. 評価:3.000 3.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    絵が可愛い

    戦時中のはなしでも健気にいきる主人公に惹かれます。絵もとても可愛いしほのぼのした感じがすごく好きです

  9. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    可愛い!

    映画も観に行きました。
    戦争の悲惨な状態の中でもすずが可愛くて、とても癒されます。
    そして昭和一桁の両親や伯母の恋はこんなだったのかなぁ、と想像しました。

  10. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    地味だけど…

    のんさんの話題で気になってたので無料分だけ読みました。絵も地味だし話も特に…という地味さだけど、ジワジワきます。課金するか迷い中。

  11. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    ごく普通の人々が

    ごく普通に生活していて、今と変わらない毎日があって、家族のぬくもりや初恋なんかもあって、それらが徐々に、或いは一瞬にして奪われるのが戦争。この作者の作品を読むと、戦争が遠い日の出来事ではなくなる。
    普通に生きられることのありがたさ。

  12. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    不思議なおはなし

    まだ映画は観てないけれど、すごく不思議な話。絵はほんわかして読んでてホッとする。話もよくわかんないとことかあるのに、それも面白い。映画も観たいと思いました。

  13. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    リアルかも

    その時代の事は知らない私ですが…とても悲しくなりました。でも、人との繋がりも強く助けあいの力で生きてきたのが伝わってきました。

  14. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    なかなか面白い

    映画になったのを知って読んでみました。うーん、なんか今の時代と全然違って衝撃ですね。けなげに生きている主人公の生き様が素敵です。この後も気になります。映画も見たくなりました!!!

  15. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    映画が話題になっているのでまずは原作をお試ししたらついついはまってしまいました。ストーリーも絵もかわいいです。

  16. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    戦時中の実際の体験は平和ボケしている現代からは想像がつきません。語り部の方々がねんね亡くなっていらっしゃいます。こういう作品は無くさないで欲しいです。

  17. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    映画からハマりました

    映画がとても良くて漫画も読んでみました!やっぱりとても良いです!!!
    悲しいこともあるけれど、ほんわかさせられることもたくさんあり、この世界観だいすきです

  18. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    映画も、見ました。

    映画も、見ました。ちょうど、君の名は。とかぶり(笑)どうしようかと思いながら。

    アニメですが…ちゃんと、その当時の世界観を感じました。

  19. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    愛おしい作品

    お試しから読み始め、とまらなくなってしまいました!
    とにかく、主人公も取り巻く人々も、すべてが愛おしい。
    まだ道半ばです、このまま読み続けたいと思っています。
    個人的には、周作さんloveです。
    頭ポンポンされたい~!

  20. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    お試しで読んでまぁー主人公の可愛いこと!(笑)好きだわぁーこの性格!この物語の内容も好きで本屋に並んであったからついつい手にとっちゃうんですよ!オススメ!

  21. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    ほのぼの

    まだ5話ほどしか読んでいませんが、日常のひたむきさ、あたたかさ、おもしろさ、青春のときめき、色々なことを感じさせてくれるおもしろい作品だなと思いました。
    絵も素敵です。
    映画を観たいと思いました。

  22. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    素晴らしい

    映画を先に観たのですが、本当に、この作品にありがとうと言いたいです。
    戦時を描きながら、陰惨でなく、政治的に戦争反対を叫ぶでもなく、温かい眼差しで描写されているのがとても良いです。絵もふんわりしてるしね。
    市井の人々が懸命に、でも明るく、優しく、普通に生きていることに、逆に胸をうたれます。

  23. 評価:5.000 5.0

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    確かに存在していた

    戦時中の広島、といえば決して忘れられないあの出来事がありますが、この作品は、毎日をただひたすら丁寧に生きる一般人の素朴な物語です。
    シンプルな絵柄で刺激的な描写がない分、余計に想像するところがありました。
    この作品に出てくる人たちのように望まずして歴史を生きた人たちが、どれくらいいたでしょうか。
    私たちが教科書で習った数ページの裏にたくさんの人たちの生活が確かにあったんだ、そう思えた作品でした。

  24. 評価:5.000 5.0

    19人の方が「参考になった」と投票しています。

    戦中の日常

    戦中の日常を丁寧に描いた作品。

    暖かみのある作者の絵柄もあってか、「反戦」「平和」のような説教くささもなく、主人公の生活が淡々と描かれています。
    淡々と描かれているからこそ「失っていくもの」にリアリティを感じ、切なくなります。

    今の時代も「当たり前の日常」が明日あるとは限らない。今日という日が、あとから思えば大切な時間だった・・・と言うこともあるかもしれない。
    「当たり前の日常を、後悔の無いように大切に生きる」という大きなテーマ、メッセージを感じました。

  25. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    19人の方が「参考になった」と投票しています。

    じんわり、しんみり。


    繊細で暖かいタッチの絵から紡ぎ出される
    人間のどうしようもなさ、優しさ、悲しみ
    巡りゆく日々の出来事に潜む一瞬の輝き…

    久し振りに漫画の醍醐味を味わいました
    有り難う御座います


すべてのレビューを見る(25件)

この世界の片隅にに関する記事

この世界の片隅にのあらすじ

1話~18話
平成の名作・ロングセラー「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいうべき本作。戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。しかし、一日一日を確かに健気に生きていく。そして、すずも北條家に嫁ぎあくせくしてる間に、ようやく呉の街にも馴染んできた。リンさんという友達もできた。夫婦ゲンカもする。しかし戦況は厳しくなり、配給も乏しく日々の生活に陰りが…。
19話~39話
広島市から軍都呉市に嫁いだすずは、不器用ながら北條家に徐々に溶け込み日々を過ごす。やがて戦争の暗雲が周囲を色濃く染めていく。大空襲、原爆投下、終戦。歴史の酷い歯車が一人の女性の小さな世界をゆがませていく。そして…。

この世界の片隅にをスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank