ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ - 丘上あい | 女性漫画

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. BE・LOVE
  4. ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

あらすじ

愛。裏切り。絶望。――いつも大人の恋は、不条理だ。35歳の爽(さやか)は、優しくて完璧な夫とふたり暮らし。結婚して10年経っても子作りをしない夫に、爽は子供がほしいという本心を打ち明けられずにいた。爽の気持ちを晴らしてくれるのは、年下の友人・瑠衣(るい)と行きつけのバーで語りながら飲む時間。爽は瑠衣のことを心から信頼し、なんでも話していた。しかし、瑠衣には爽が知り得ない、ある「秘密」があり――!?

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by ayaram

    44人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:4.000 4.0

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:5.000 5.0

    35人の方が「参考になった」と投票しています。

    リアルさがゾッとさせる

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:4.000 4.0
    by roka

    21人の方が「参考になった」と投票しています。

    片目と両目

    まだ序盤なのだが、一種のサスペンスとして私は読んだ。
    怖い。

    作品における「人間の怖さ」の描き方にも色々あって、例えば、異常な人間が私たちのすぐ傍で暮らしているかもしれない、みたいなのはよくある話だ。
    本作はそうではなくて、「自分のよく知っているつもりだった人間が、実は全く別の顔を持っているかもしれない」という恐怖を描いている。
    よりにもよって、夫と、親友である。
    怖いだろ、そんなの。

    「たいがいのことは嘘の笑顔でできている」、現実がそこまで極端かは別として、それがこの漫画の世界観をそのまま表している。
    「あなたの信じているそれって、嘘かもしれないじゃん?」と言われているような気がして、心がざわついた。
    そういう意味では、実に嫌な漫画である。

    主人公が母親に言われた、「結婚するまえは両目を開いて相手を見て、結婚したら片目を閉じなさい」という言葉は、象徴的であり、また、皮肉でもある。
    それは確かに結婚生活の秘訣ではあるのかもしれないが、実際には、恋に落ちた相手に対して、「両目を開いて」いることは難しい。
    そしてまた、愛してしまった相手に対して、「片目を閉じて」いることも難しい。
    もしかしたら私たちは、片目を閉じたような状態で恋に落ち、結婚した相手を両目で見つめるような生き方をしがちなのかもしれない。

    その両目で見つめた先に立っているのが、嘘で上塗りされた偶像ではなく、無条件で愛せるような誰かであるならば、もちろん、幸せなのだけれど。

  5. 評価:4.000 4.0

    26人の方が「参考になった」と投票しています。

    怖い

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(1343件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集