まんがグリム童話 血と悦楽に溺れた実在姫君たちのレビューと感想

レビューを書く
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全101件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 評価:2.000 2.0

    by 匿名希望
    哀しい運命

    ネタバレありのレビューです。表示する

    一話目の婉容を読みました。
    概ね史実通りで、冷たい夫、側室との確執、関東軍に監視された窮屈な生活ときては阿片や不倫にと逃げたくもなるでしょう。
    高貴な立場にいながら、弱い一人の女の哀しいこと…
    話は知っていても溥儀にはやはり腹が立ちますね。

    淑妃文繍は写真が残っていて、美人ではありませんが、良家の子女であり、描かれているような田舎のおばちゃんレベルの不細工ではありません(笑)

    婉容をめぐる重要人物に川島芳子や嵯峨浩がいますが、登場なしにはガッカリ。
    ストーリーも史実の上っ面をなぞったくらいの薄っぺらなので、歴史初心者向けに思えます。
    二話目は買わないかな。

    4人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    意外に良かったです。

    全体的に描写が良かったです。
    微妙な作品もありましたが、読み応えのある期待通りのグリム童話でした。
    登場人物は同じで違うパターンも読んでみたいです。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望
    ラストエンペラー

    ネタバレありのレビューです。表示する

    史実はある程度知っていましたが、偉い人の結婚もその相手も大変だなぁという感想です。
    始めから妻二人って…子供を作る為の結婚
    溥儀は、幼い頃から王だったので晩年庶民になってから出会った最後の奥様を「初めて人を愛した。他の妻の事はよく知らない」と言うような事を言っていましたが、通り過ぎ身を滅ぼしていったお后様達が不憫すぎる。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    懐かしい作家さんの作品に興味を持って

    花ゆめ時代によく読んでいた作家さんだったので、ちょっと覗いてみるかな~と読んでみました。
    相変わらず上手い方ですね。
    今、最初の三話ですが、続きが気になり最後まで追いかけようと思いました。
    懐かし世代は安定して読める作家さんで、こちらの作品もオススメです。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 評価:1.000 1.0

    ラストエンペラー

    ネタバレありのレビューです。表示する

    映画で観たせいか皇帝と妃達のその後を本とかで読んだ事ある。最後の妃だけ結婚生活良かったらしいけどお妃様は本当に幸せだったのかな?皇帝は夫としてはもちろん人として最低最悪で冷たいイメージでしたがこれを読むとさらに増したかも。○倫出産やアヘ○は全く同情しない!だけどこんな最悪な夫なら多少同情します。側室と一緒に離婚していればたとえ皇后になれなくて貧しくても幸せになれたのではないかな?と想像した。

    このレビューへの投票はまだありません

  6. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望
    実話だったら可哀想

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ラストエンペラー。私が子供の頃に実写映画が流行って見たが、内容は覚えていない。ただ悲しい結末だった気がする。

    そしてこの漫画とは違ったような...。

    映画の溥儀は初め正妻を気に入らなかったが側室とは仲良くやってたような。

    何が本当?

    どちらにしてもこの女性が幸せな王妃ではなかった事だけはたしかだったような。

    この漫画のような溥儀が本当だったとしても先は気になる。

    絵もとても上手。

    このレビューへの投票はまだありません

  7. 評価:2.000 2.0

    by 匿名希望
    童話だから

    ネタバレありのレビューです。表示する

    童話として読むならエンペラーの話しもまあまあですが本当の歴史とは何年か時代がズレてるしお粗末な話しです。でも皇帝がある理由から女性を愛せない為に夫婦関係もなく溥儀に相手にされることもなくでは精神が病んでしまいますね。自分に負い目があるのに赤子をボイラーに投げ入れるなんて残虐極まりない。フランス租界で育ったハイカラの婉容が他の殿方に嫁いでいればと可哀想で仕方がありません。

    このレビューへの投票はまだありません

  8. 評価:2.000 2.0

    by 匿名希望
    絵は綺麗だけど

    ネタバレありのレビューです。表示する

    描き分けがイマイチ。東洋人のラストエンペラーの妻はともかく、西洋人はエリザベータもマルグリットもモンテスパンもほとんど同じ女性に見える。ストーリーも歴史好きにはツッコミどころ満載だし、初心者には史実と思われたくないのでおススメできない。どの辺の層を狙って描かれたのか、実にビミョーな作品群。特にラストの短編は完全に蛇足。ポイント返して欲しい。

    このレビューへの投票はまだありません

  9. 評価:4.000 4.0

    by saya*
    ラストエンペラーの妻

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最後の皇帝、溥儀はとても有名だけどその妻で皇后の婉容の話は初めて聞きました。
    これが本当の話なら、自業自得というにはあまりにも辛く…残酷な末路で、悲しみで正気を失うのもよくわかります。
    読んでいても切なかったです。

    このレビューへの投票はまだありません

  10. 評価:4.000 4.0

    シリーズ

    グリム童話のシリーズは基本的にハズレがないなぁと。絵も見やすいですし。これは実在の人物のお話なので、歴史好きとしては個人的にハマりました。王家に生まれれば、庶民とは違った悩みや葛藤とかがあるんだなぁと。ロマンを感じます。

    このレビューへの投票はまだありません

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全101件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー