毎日無料6話まで
チャージ完了12時

機能不全家族

あらすじ

母親からの虐待、見て見ぬふりをする父親、統合失調症の弟、無理して明るく振る舞う妹……。家庭としての機能を果たさない家庭のことを<機能不全家族>と呼ぶのであれば、私が生まれ育った家庭は、まさに<機能不全家族>そのものでした。暴力、ネグレクト、無関心、統合失調症の弟、パワハラ、鬱、自殺願望……。数多の波乱を生き抜いた著者が描く、衝撃の実話エッセイ!!

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    ちょっと変わった母親
    無料
  3. 002話
    崩壊の兆し
    無料
  4. 003話
    暴力の日々
    無料
  5. 004話
    解放と不安
    無料
  6. 005話
    満たされない心
    無料
  7. 006話
    必要とされるだけマシ
    無料
  8. 007話
    求められる快感
    50pt
  9. 008話
    関心のない家族
    50pt
  10. 009話
    弟からのSOS
    50pt
  11. 010話
    異常行動のワケ
    50pt
/18話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    涙が止まりませんでした

    ネタバレありのレビューです。表示する

    虐待の経験はありません。母親の立場で読みました。涙がとまりませんでした。
    親も一人の人間。そして子供も一人の人間。同じように虐待をうけた兄弟でも、別々の人間なんだよなって思った。

    父親は母親と離婚することで、子供を虐待から解放した。でもやっぱり今殴られてるときに助けてもらえなかったっていうのは子供にとって大きな傷になる。子供のあざをみつけたら、その場で引き離してほしかった。でも、父親も負い目がある中、一人で子育てした。思春期の娘に対して遠慮もあっただろうし。働きながら、家事もして、朝ごはんも準備して。でも共感力とか、相手に寄り添うとかは、不器用で。愛とかそういうの考えることもなく、彼は彼なりに毎日を生きてたんだろうなと思う。


    母親の愛って偉大だっていう妄想は、子供も縛られてるんだなって思った。自分も大人になってしまえば、母親も単なる小さな一人の人間てのが解る。その上で、尊敬できたり感謝できたりする。ただ傷つけられた人間は、それだけの存在になる。

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    似てる

    徐々に家族が母親に冷めていく感じ、ヒステリックを起こした時の母親の口調とか父親の無関心だとかうちと似ていて読んでてドキドキして久しぶりに泣けました。
    将来結婚して子供ができても自分も母親みたいに鬱になってわけのわからない事を言い出しろくに子育てもできないんじゃないかって不安です。いつかなんで母親が鬱になったのか聞いて予防しようって思っても母親と向き合えません。父親に愛してないって言われたり関心を持ってもらえなかったので愛し方がわかりまさんまず子育てがわかりません人を愛したいけど怖いですみんな裏切るし愛せないし愛されても信用できません。
    でも人並みに結婚して子供も産みたいです私がして欲しかった事怒ってほしかったこと褒めて欲しかった事子供にはしてあげたいです。でもきっと今の自分じゃ母親と同じになってしまうんだろうなあ

  3. 評価:3.000 3.0
    by roka

    26人の方が「参考になった」と投票しています。

    何か、意味が

    作者自身の子ども時代を描いたエッセイ漫画。
    虐待する母親、「何もしない」という間接的な暴力を行使する父親、傷つけられ、追いつめられて、それでも親を嫌いになれない子どもたち。
    読んでいて、胸が痛んだ。
    客観的にはどんなに酷い親であろうと、ある時期の子どもにとっては、親が世界のほとんど全てなのだ。
    これほど悲しいことが他にあるか。

    私は、漫画の読者としては、この作品を評価できない。
    酷い言い方で申し訳ないが、この漫画を読んだことは、私にとっては、意味はなかった。
    こういう家族は世界中にいて、その中に一人として私が救える子どもなどいはしないのだという現実を、私はとっくに知っているし、そんなことをわざわざ漫画を読んでまで思い知る必要はなかった。

    しかし、だからといって、作品に何の意味もないか、と言えば、違う。
    つまり、「誰にとって」意味があったのか、という問題だ。
    それは、「作者にとって」だ、と私は思う。

    こういう種類の過去の傷は、おそらく、完全に癒えることはない。
    けれど、それを漫画として「表現」できた時点で、そこには何%かの救いが、既にあったのではないか。
    表現とはそういうものだと私は思う。

    私は、わがままな一人の読者だから、漫画の作者には、読者のことを考えてくれや、という身勝手な要求をする。
    しかし、この世には、どんな読者のためでもなく、まず作者のためにある、という作品も、あっていいのではないか、とも思っている。
    そういう場所から出発した作品が、巡りめぐって、作者と似た地獄を抱えた人に、光を当てることも、あるだろう。

    だから、この漫画には、あった、と思う。
    少なくとも、誰かにとっては、何か、意味が。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    重いけれど…

    機能不全家族。きっとよくある、でも表には出ない問題を抱えた家族の話。児童虐待は最近ではニュースになるくらいですが、何十年か前まではニュースにもならなかった問題。他の家と比べることはなかなか難しく、おかしいのかおかしくないのか分からないし、おかしいんじゃないかと気づいたところで家族は交換できない。その世界で生きていくしかない。表現することは皆に出来ることではないですが、こういった毒親の話を発信していくことで、本人や周りが気づいて、最悪なトラウマになる前に防いだり、逃げたりできるようになればいいなと思います。

  5. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    怖い

    家族が少しずつ壊れていく感じが淡々と描かれています。逆にすごくリアリティがあって怖いです。これ実話でしょうか。世の中、完全なる健全な家庭は案外少ないのではと思います。サザエさんみたいな家庭は夢物語ではないかと。ちびまる子ちゃんの家庭はほのぼの見えて実はあの父親と姉の意地悪な性格はまる子にはストレスだっただろうし、口うるさい母親とも思春期以降には確執が起こったでしょう。誰かの我慢と犠牲によって危ういバランスの上に家庭が保たれているとしたら、その家庭はすでに壊れているとも言えるし、それが普通だと言えばそうかも知れません。

すべてのレビューを見る(1134件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>