あすか時代さんのレビュー一覧

あすか時代さん

レビュアーランキング9

  1. 評価:5.0 40件
  2. 評価:4.0 52件
  3. 評価:3.0 45件
  4. 評価:2.0 21件
  5. 評価:1.0 18件
レビュー投稿数:176件
ネタバレあり:159件
ネタバレ無し:17件
参考になった数:1497
参考になった割合:90%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全176件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 洗脳妻~最高の家族の作り方~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    よく描いてくれた。父娘の反撃に期待。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作者さんの身近に恵子みたいな人がいたんじゃないかな。実は私もです。

    恵子みたいに自分で何でもコントロールしないと気が済まない人は、本当にいます。

    物だけ揃えても、直幸さんを立てていても、恵子は家族の人生を抑圧。狂わせてしまっている最低の女です。久しぶりに胸が熱くなりました。

    直幸に落ち度があるなら、不倫がわかってすぐ離婚すりゃいいでしょ。
    恵子のやり方は最低です。

    物語は、恵子の振る舞い、直幸の葛藤、メアリの学校生活と同時進行で進んで行きます。

    直幸が会社で2000円のこづかいをからかわれた事と、恵子との営みの最中に恵子が思わず言ったレイジと聞いてしまった事が、直幸の疑念の始まりです。

    抑圧されてたストレスがあったんでしょうね。
    メアリが直幸に顔が似ていなかったのもあって広告で目にしたDNA鑑定をしてみる事にしたんです。こつこつ貯めていた2万円で。

    結果は父子確率ゼロ。直幸愕然。恵子にイラッと来て思わず鑑定結果を見せますが、破り捨てられます。

    今度はメアリが疑念を持つ機会が来ました。テスト結果クラス一番の麗奈に、「アンタの親は毒親だよ」
    と言われます。
    気になったメアリは、スマホで毒親の意味を調べ認識しました。

    恵子の父娘に対するハラスメントは変わらず続きますが、
    学校である出来事が起こります。変態教師がメアリが盗んだ他の子の体操服と引き換えに100点のテストをメアリに渡します。動機は100点のテストじゃないと恵子のハラスメントが凄いからです。

    その現場を河野先生が画像まで撮って目撃しましたが、モンペの恵子には言えません。直幸に相談しました。
    直幸はメアリに盗みの件を言いましたが、メアリは逆上しましたが、結果その後父娘は本音で言い合えるようになりました。

    血は繋がってないとはいえ、戸籍上も実際も育ての親。直幸は離婚を計画し始めます。

    そこからの直幸は強気になりました。恵子提案の美術館は拒否。月60万給料あるのに、同僚と飲みに行けないのはおかしいと、飲み代もゲットしました。

    父と娘の反撃が始まった今後の展開がとても楽しみです。

    毒親の恵子をやっつけてください。

    親権も監護権も絶対に直幸が取ってください。
    期待しています。

    38人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 7〜9話。良かった。何回でも読める。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    醜い私にさようならを読みました。


    7〜9話。ネタバレ感想ご注意下さい。


    整形した女の娘が整形前の自分にそっくりで、娘にイライラする話です。


    娘は二人目の子の咲良(さくら)。一人目の子は息子の海翔(かいと)。海翔は夫の克輝にそっくりでバレなかったのですが、


    咲良は大きくなるにつれ、美晴の子供時代の顔にそっくりになり、、、


    美晴は咲良にキツくあたります。心配する克輝。

    海翔にも克輝の親にも「似てない」と言われ、、美晴は追い詰められます。

    咲良も嫌われてるのをわかってました。


    ある日、咲良が発作で緊急入院。世話で美晴のイライラも頂点に。


    咲良は言いました。「ママが咲良のこと嫌いでも咲良はママの事大好きだから」


    ナースコールをすぐに押さなかった美晴は、自己嫌悪に陥ります。


    美晴は克輝に「咲良を好きになれない」と泣きながら言います。


    克輝は言いました。


    「それは咲良が昔の君に瓜二つだから?」


    美晴はびっくりしましたが、克輝は偶然実家のアルバムを見て知ってました。

    「驚いたけど、何か事情があるのかなと思って詮索しなかった。誰だって聞かれたくない事はあるはずたからね。僕だって同じだ。」


    「姿形は偽りかもしれないけど僕らにくれた愛情は本物だったろ。これからはその愛情を咲良にも注いであげて」


    咲良は退院しました。美晴は笑顔で呼びかけますが、咲良は看護師の後ろに隠れます。


    美晴「咲良はママの事好き?」

    咲良は、うなづきます。

    「ママもよ。咲良の事とっても大好き」


    おわり。


    感想。他の方のレビューにもありましたが、いい話でした。私、読んで泣きました。


    克輝さんの言葉で、美晴も咲良ちゃんもみんな救われました。


    克輝さんは、カッコいい。嘘や上っ面であの言葉は出ません。

    最高の父親です。誠実な人だからみんなを幸せにしますね。


    自分の子供は、やっぱり愛おしいです。克輝さんを見習わなくちゃ。


    読後感が最高で何回も読めました。

    素晴らしい作品ありがとうございました。

    24人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 3話読了。男から見てもサイテー。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信3話、読みました。


    一応ネタバレ感想ご注意下さい。


    モラハラをとてもわかりやすく漫画にしました。腹が立って星1つにしたいところですが、よく描いてくれたので星5つ。

    今回は夫ですが、性別は関係ないと思います。感情表現は違えど女性にもモラハラはいるでしょう。


    しかし、この夫はサイテーだ。


    急に因縁をつける。


    もう喋れませんよね。一々、言葉尻を取るから、いつ怒られるか怖くて。


    お土産を買うのも、モラハラの特徴で、


    今回、夫は、気の利いた物を買いましたが、


    この気の利いたが凄くクセ物で、


    嫌な感じがします。


    ゲッツー。野球のアウト2つを同時に取る事でしょ。つうか、ゲッツー知らんで妻が知ってたからってそこまで怒るか。


    自分より下に見てる奴にバカにされたように思っちゃった?


    この夫は、とんでもない奴。


    4話以降、どんな酷い仕打ちが出るか。また4話以降出たら読みます。

    12人の方が「参考になった」と投票しています

  4. マウンティング女~婚活地獄シリーズ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    上条さんの答えは。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信3話、全部読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公の山本加奈子(30)自称港区女子もどき。

    地方出身で東京の中堅出版社に就職し、取材で知り合った、生まれも育ちも港区女子の遥と麻衣(28)とつるんでいます。
    私達の目標はただ1つ。ハイスペック男性との結婚。

    遥と麻衣は、加奈子の事を「ネエさん」と小馬鹿にしているのですが、加奈子が離れないのは、一緒にいる事で自分もランクアップした気になるからです。


    ある日の合コンで、上条隼人が参加します。
    条件も顔も最高でみんなメロメロ。

    その上条が加奈子に話かけて好印象だから、遥と麻衣はヤキモチ。

    他の男性参加者が、「上条のタイプは派手目だよな。」と冷やかしますが(上条は否定)、女子3人は真に受け、

    後日、加奈子は目を整形してしまいます。


    ある日、出版社の同僚の立川早紀が上条を取材する事に。

    早紀は化粧っ気もなく張り合わないから加奈子が安心していた同僚です。

    加奈子は、強引に上条の取材に早紀と同行しました。

    そして上条と対面。加奈子はアピールしますが、顔が少し変わってたから上条一瞬気づかず。「早紀さんと同じ出版社でしたか」


    早紀さん??


    上条は早紀に先日の記事のお礼を言います。取材が始まりました。加奈子は話に入れず、内緒で撮影して勝手にSNSに上げたり、場違いな質問をします。


    「どうしたら上条さんみたいなハイスペック男性と結婚できますか?」


    場が静まります。


    上条が答えました。


    「僕がそのハイスペック男性かどうか分かりませんが、僕の考える結婚感についてお答えします。」


    「結婚は等価交換に似ていると考えています。」

    トウカコウカン?
    早紀は意味がわかりました。

    「僕は妻には経済面、精神面で安寧を与えることを約束します。だから妻にもそれと同等のものをトレードしてくれることを望んでいます。人間誰しも老います。外見に固執しても意味がない。それと一方的に与えられる事ばかり望む女性は避けたいですね」

    「そういった意味で早紀さんあなたは理想の女性です。」


    加奈子は対象外でした。


    おわり。


    感想。結婚相手に求めるものは普通女性はハイスペックで男性は若さですか。
    等価交換。良い言葉だ(笑)
    早紀良かったね。

    8人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 女の勝敗 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    女の勝敗感想。勝敗の分かれ目は。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    1〜3話読みました。

    ネタバレご注意下さい。


    主人公の史子と従姉妹の彩乃は同級生。

    対象的な2人の生い立ちと、事ある事に彩乃が史子を馬鹿にする話です。

    両親の死の後に結婚したけど離婚してシングルマザーの史子の人生。

    学生時代、大卒、結婚、子供、何もかも順風満帆だった彩乃の人生。

    両者の人生の充実度が入れ替わったのは、お互いの子供が成人してからの子供の生き様でした。

    史子さん、親孝行な娘に育って良かったじゃないですか。史子さんが最後に回想したセリフが本当その通りだと思いました。


    私が気になったのは彩乃のお母さん。史子の母の姉で、史子にも優しく節目で支援してくれ
    良い人そうに見えましたが、

    どうして彩乃みたいな意地の悪い子が育ったんだろう。

    やっぱり親の背中なのかなぁ、、、

    家庭の中の実態までは、親戚でも外からは絶対わからないんでしょうね。

    6人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 浮気の代償~その女、大暴落につき~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    不倫の代償。第3話の感想

    ネタバレありのレビューです。表示する

    第3話の感想です。思いきりネタバレ。ご注意ください。


    主人公結局、不倫相手あやめてしまうんです。

    証拠隠滅して家に帰りますが、


    家では今か今かと、夫と息子が待っていました。今日は主人公の誕生日。

    息子は、一生懸命一緒に謝ってくれた事をとても感謝し尊敬していました。

    夫も、介護と仕事のミスを代わりに謝ってくれた事をとても感謝していました。

    二人は感謝の気持ちを込め、サプライズで誕生日パーティーを準備し、今か今かと待っています。

    主人公帰って来ました。が、上の空。

    いっぱい頑張ったから疲れてるんだよ。って事で誕生日会は進行しますが、

    上の空の主人公は、証拠隠滅に自信がもてません。気が付きました。ケータイ落としてた。

    夫と息子は楽しそうに会話してますが、主人公考えるのはその事ばかり。

    警察が来ました。ケータイお宅の奥さんですか?と。夫はビックリ。しかも主人公のハレンチな画像なので夫は思わず息子の目を隠しました。


    その時主人公は、パソコンで不倫相手に教えてもらってた株価の確認をしていました。

    株価が上がってる。ようやく私にも運が向いて来た。

    まもなく主人公がパソコンしているリビングに、
    ドス黒いオーラに包まれた夫と警官が立っていました、、、、


    私の感想です。せつないね。高い代償だね。
    平凡のありがたさは、平凡で無い時でないと気がつきません。

    平凡過ぎて刺激が欲しい。わかっててもやめられない。

    わかりやすくていい話でした。

    6人の方が「参考になった」と投票しています

  7. デブスの魔法 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    頑張れコトちゃん!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    現時点での配信3話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意下さい。


    主人公の鈴木寿(ことぶき)(27)。は、いわゆるデブス。妹の宝(たから)(25)は美人タイプ。寿は父親似。宝は母親似です。

    ある日、宝は「コトちゃん。コトちゃん」と甘やかす母親に怒ります。だから寿はダメになるんだ。私は親が居なくなって寿の面倒なんてみたくない」

    そんな事は寿はよくわかってました。

    仕事は続かなくても、妹がうるさいから今は倉庫管理のバイトに渋々行っています。


    ある日、寿は同僚の塚井麻保(つかいまほ)に、地下アイドルグループのライブに誘われました。

    寿は誘いにのりました。友達が出来た事が嬉しかった。


    ライブ会場は小さな雑居ビルの地下。


    麻保はファン仲間6人に寿を紹介。

    6人ともデブス。


    地下アイドルグループ、捨てねこボーイズが現れました。

    イケメン!

    、、それは寿の主観で、客観的には野暮ったい男4人衆。

    観客は8人でした。


    ライブは10分で終了。物販タイムにハグタイム。

    「千円あれば1分でも夢の世界が入るんだ、、、」


    オフ会でも「コトちゃん面白い」と寿は好印象。

    友達が7人になった寿は化粧に目覚め、宝に散髪等手入れをしてもらいました。

    4日後、ネットで麻保の推しメン解雇を知ります。

    会社で麻保と話をすると、6人衆がファンの美人タイプはイジメるらしく、すぐファンを辞める。

    麻保は「すてボ」ファンを辞めました。

    寿は麻保との繋がりが消える不安が出ました。

    麻保は言います。「寿の推しメンは、りりかだけだから、寿ならりりかに勝てる」


    その夜、寿はりりかに勝つ夢を見ました。


    おわり。


    感想。前向きな話です。自虐的な話は1話であっさり終わり、

    寿が外での交流を始めました。

    寿は働いてる姿は普通。化粧まで始めて大進歩。

    寿は交流のきっかけがただ無かっただけで、ふとしたきっかけで、これだけ世界が変わるんだと、好感を持って読めました。


    塚井麻保は反対から読んだら、魔法使いと寿が言ってました。本当ですね。


    4話で多分、りりかとの闘いがありますが、寿の圧勝でしょう。


    寿もすてボを捨て、もっと世界が広がるでしょうか。

    また引きこもりに戻る展開だけはやめて。

    頑張れコトちゃん!

    5人の方が「参考になった」と投票しています

  8. 整形少女~復讐のブス孤児~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    6話までの感想。復讐の動機は充分理解。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信6話全部読みました。

    ネタバレ感想ご注意下さい。


    6話まで読まないと、復讐の動機はわかりません。

    復讐を誓うまでの経緯が6話までで描かれています。復讐は7話以降でしょう。

    主人公の莉緒は両親とアパート暮らし。貧乏でしたが両親は優しくパン屋を開く夢がありました。

    ある日、両親が外出してひき逃げされ亡くなります。

    莉緒は、伯父伯母夫婦に引き取られますが、そこでの日々が壮絶。

    伯母のスナックでの児童労働。伯父からのDV。レ○プ。店に借金取りが来て勧めでスナックで莉緒に○春。お客が飽きて来たから無理矢理、莉緒に整形させます。


    絶望で莉緒はリスカをしますが、伯母は自さつしそうな物をとりあげました。

    そんなある日、若い飯島翔が客として来ます。お互いの境遇に惹かれ週1で翔は通い、ついに駆け落ちします。

    希望が見えた莉緒でしたが、バイト先は住民票が無いからどこも雇ってもらえず、翔の働くキャバクラで働きます。

    しかしヘルプも取れずいじめられる日々。

    翔はある日オーナーに暴行を受けますが、オーナーはあの伯母の借金取り河元でした。

    焦る莉緒。

    キャバクラを逃げてソープで自分の意志で働き再整形します。

    お金を稼ぎ貯金もした、けなげな莉緒でしたが、

    翔は酔っ払い莉緒に暴力。

    後に「翔が大学を辞めて河元の所で働いている」話を小耳に挟んだ莉緒は問いますが、

    翔は暴力。我に返った翔から疲労回復の薬を渡され、それを飲みながら2年間ソープで働きました。


    ついに翔は、良心の呵責に耐えかね、真相を莉緒に話します。

    ①莉緒の貯金は全部河元に渡し、大学はとっくに辞めてた事。

    ②河元の命令で伯母のスナックに行って、金ヅルとして計画的に莉緒をおとした事。

    ③莉緒の両親の貯金は伯父伯母が全て使い込み、両親は伯父伯母によってチンピラにさつがいされていた事。

    信じられない莉緒でしたが、翔はお金を持たせて莉緒を逃します。

    露頭に迷う莉緒は車にひかれそうになりましたが、間一髪セーフ。スナックの貴子ママに助けられ「命を粗末にするな」と言われ落とした両親の写真を渡された莉緒は、ついに、ついに、伯父伯母への復讐を誓います。


    貴子ママの元で働き再々整形。復讐の機会を狙っています。


    ここまでが6話です。


    動機は充分。7話以降が楽しみ!がんばれ莉緒!

    5人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 行き着く所は個人の問題

    ネタバレありのレビューです。表示する

    全10話読みました。この作品を描いたしまださんに敬意を称します。

    私も宗教絡みで家庭の問題に悩んだ一人です。

    最初は明るい感じで話は進んで行きますが、中盤以降から本題。ママ以外の家族が冷静だったのが救いでした。中盤からの家族の解説は、的確でその通りと納得出来ます。


    以下名言集です。ネタバレご注意下さい。


    もうママという人間は宗教で成り立っている。


    個人の受け取り方で全てが変わるんだ。


    だからって好き放題していいワケじゃない。たとえどんな人でも、そう親だからこそ。


    何言ってるんだろうこの人は。
    癇癪を起こして、どうしていつも「やり遂げた」顔して見下すんだろう。


    最後のあとがきですが、18話(009話)まで読んでから読むのをお勧めします。あとがきは衝撃の内容ですが、そこだけ読んでも全体の流れは見えない。全部読んだら意味がわかります。
    しまださんも描いていますが、宗教が悪いのではなく、個人の受け取り方(今作はママ)が間違っている。全部読めば、スッキリすると思います。

    5人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 母に支配された私~毒親と母性~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    6話読了。綿貫さんに期待。毒母親問題。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信6話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    普通、毒親とは「母親」の事を指します。

    父親には、こういう呼び方はしません。

    父親のは虐待。刑法にひっかかるパターンが多い。母親にもまれにこのパターンもいるが、

    大半の毒母親は、干渉して論点をすり替え子供を支配しようとしている。


    前説が長くなりました。

    ここからあらすじです。


    ベタベタの話の前半。母親が気に入れば喜ぶ。母親が気に入らないと怒る。娘は自分を責める。


    3話あたりから、主人公、楓(27)の彼氏、朔ちゃんのエピソードが出ます。


    朔ちゃんは楓と真逆で、空気を読まない人。謝ったり、リスペクトは出来る人です。

    楓は朔ちゃんの人柄に惹かれ交際していました。

    朔ちゃんと楓の母親(以下ママと表記)が会うシーンがあるのですが、

    案の定。ママは朔ちゃんをディスります。

    そして、1週間、楓を無視。楓は朔ちゃんと連絡を絶ちます。


    別れようと思いつめた楓は、同僚の沙織に怒られます。

    そして、楓は思い切って朔ちゃんに会いました。朔ちゃんも結婚を考えていたので、二人で土曜に指輪を買いに行く約束をしました。
    気も晴れて家に帰った楓でしたが、


    ママは、見合いの話を勝手に進めていました。

    これで楓と仲直り出来ると。


    そして、楓は、朔ちゃんとの約束を成り行きで断り、同じ土曜日、見合いに行くのです。

    見合いの相手は綿貫徹(32)。楓は何とか壊したかったのですが、


    相手方は式場まで押さえて、早く籍を入れましょうと。


    困惑する楓。


    その後、綿貫と2人で話をする席があり、


    実は綿貫も毒親に苦しめられていて、こんな結婚はぶっ壊したいと思っていたのでした。


    6話おわり。


    感想。意外な展開が待ってました。綿貫さんもマトモな感性の持ち主で。

    格好良く見えてしまった。男性はこうでなくちゃね。

    綿貫さんと楓は利害が皮肉にも一致しました。

    綿貫さんと楓、2人の結婚はないだろうけど、綿貫さんがどう反撃するのかとても楽しみです。


    朔ちゃんと楓がゴールイン出来ますように。


    綿貫さんにシビレたので星5つです。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全176件