あすか時代さんのレビュー一覧

あすか時代さん

レビュアーランキング  6

  1. 評価:5.0 50件
  2. 評価:4.0 83件
  3. 評価:3.0 83件
  4. 評価:2.0 44件
  5. 評価:1.0 32件
レビュー投稿数:292件
ネタバレあり:274件
ネタバレ無し:18件
参考になった数:2302
参考になった割合:90%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全292件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです ネタバレありのレビューを見る

  1. ママともだち へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    どうして助けてくれなかったの?

    ネタバレありのレビューです。表示する

    4話全部読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    同じ日に同じ分娩室で男の子を出産。

    それが縁で、主人公の瀬戸さんと本田さんは知り合いました。

    1ヶ月後、瀬戸宅を訪ねる本田。

    親を亡くした事。コーヒーの好みまで一緒。

    これは運命。意気投合します。


    が、本田の誘いで社宅一戸建てのママ友達とピクニックに行き暗雲が立ちこめます。

    他のママ友はあからさまに瀬戸を嫌い、

    瀬戸の息子のかなた君をつねる者まで。

    瀬戸は怒り、言い合いに。


    後日聞いた、嫌う理由は、「私らは一戸建て。あんたはマンション。気楽で腹が立つ」


    理不尽な言い様に、ショックを受けた瀬戸。

    ママ友より、助けてくれなかった本田にショックを受けました。


    ほどなく、夫の転勤で引っ越し。本田に内緒で引っ越しました。引っ越し先は快適で気もハレバレしましたが、

    ある日、誰かにつけられてる嫌な感じが。

    帰宅するとマンションの扉に絵の具がぶちまけられ、こちらで出来たママ友にデマをでっち上げられました。


    つけてる奴を見つけ捕まえたら、やっぱり本田。


    動機は、「勝手に引っ越したから」


    瀬戸は言いました。「じゃあピクニックの時何で助けてくれなかったの?」


    「怖かった。あなたを庇えば私がいじめの標的になる。(中略)あなたは運命の出会いと言ったじゃない。」


    「勝手なことばかり言って!」


    「あなたと友達になりたかった。」


    「そんなに大切ならどうして助けなかったの?あなたにあるのは友情じゃない。エゴよ!」


    瀬戸は言いました。ありがとう。さよなら。

    ママ友なんて通りすがりの人、いつかママ友の枠を超え、
    本当の友情にめぐりあえたら、その時は、、、


    おわり。


    感想。内気でコミュニケーションが下手な本田さん。

    思い込みが激しく、本田さんは本気で言ってるのですが伝わらない。

    瀬戸さんが言った通り。「どうして助けてくれなかったの」これが絶交の決定打になりました。

    本田さんは怖くて助けれませんでした。

    しかし瀬戸さんはあのショックな出来事を忘れる事は出来ず、このような結末になりました。

    本田さんも人付き合い流れに任せたままじゃダメだ。

    母親として大丈夫なのか?と思ってしまう。

    5人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 100万払ってでも恋したいですか? へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    8話読了。それぞれの立場のストーリー。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信8話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    妻が怒って愛人に慰謝料請求する話ではありません。

    主要人物のストーリーが、それぞれ「わかりやすく」描かれており、私は面白いと思いました。

    主人公のアラサー三枝恵梨香は大森宏之課長と不倫。

    恵梨香は妻より愛されてると優越感に浸ってましたが、親友の夕子は否定。不倫男は信用できない。


    宏之は新人の女子社員とも不倫してました。理由は魔が差した。

    恵梨香は怒り、家庭を壊すために宏之宅に乗り込みますが、妻からお金を渡されました。
    口止め料。世間体もあり妻を演じたいから別れないで。

    新人は部長とも不倫。悪びれる事なく

    「相手は二股かけてるのに、私もかけて何が悪い。私も幸せになりたい」

    夕子は恵梨香に、アンタもつばつけろ。と婚活を勧めましたが、

    婚活パーティーで、ビビっと来る男がいるはずもなく、婚活終了。


    同僚の年下男子社員の村田は、誠実。何回か話をして

    恵梨香とデート。

    昼間のデートはこんなに自由。


    そのデート中に、夕子の夫が女とデートしていたので正義感から怒りに行きましたが、

    夫は逆ギレ。「こっちは仕事で疲れてるのに、育児をもっと手伝え、家事をしろ、、こんな奴に金使われてやってられねえ」

    恵梨香は「じゃあなんで結婚したの?」

    「子供が出来たからってこうなるとは思わないだろ!アンタが、、(以下省略)」


    後で村田に聞いたらド正論の回答が返って来ました。けじめ。最低。


    夕子は夫の不倫は気づいてました。「毎日必死に家事育児に旦那の面倒みて、浮気されて」

    「不倫された惨めさがアンタにわかるか!」

    親友にも悩みを言えなくなった恵梨香。

    宏之の娘、歩美にも会いました。

    「離婚させてくれない?理想の家族ごっこはウンザリ。きっと私のせいと思ってる。アンタ加害者だろ!偉そうな口叩くな!」

    8話おわり。


    感想。恵梨香は色々な立場の本音を覗く事が出来ました。

    夕子と夫の言い分が、あるあるで、

    この意見の対立は埋まらないと思いました。

    母になった妻についていけない夫。

    村田の回答は教科書通り。

    子供のためと思ってるのは親だけで、子供は変だと見抜いてる。

    それぞれの立場がわかりやすく描かれており、共感できる所が人によって変わるので
    私は面白い作品と思いました。

    5人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 1〜2話。中盤健闘。新聞を読むエリカ。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    おばさんアゲハ嬢〜12年ぶりの水商売はイタかった〜を読みました。


    1〜2話。ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公、水原優香(36)は社長夫人で贅沢な暮らしを満喫していましたが、夫の会社は倒産。
    パートに出て働くなんて惨めだから、夫と離婚。

    昔のツテで12年ぶりに、ホステスに復帰しましたが、

    想像以上にお客のウケは悪く、若い同僚からも嫌われ惨めな日々。

    わかってたはずだけど、ここまで嫌われるとは。


    優香は、歳相応の振る舞い。話を聞いてくれる熟女を演じ、少しづつ立ち位置を固めていきます。


    ある日、銀座ナンバーワンホステスの川島エリカが同じ店で働く事になりました。

    嫉妬する優香。

    エリカの接客は素晴らしく、外国人VIP客に新人が飲み物をこぼした時の対応。

    英語で平謝り。新人にはシミになるからと怒る事なくドレスを着替えに行かせました。

    新人も感激。


    エリカの株が上がり面白くない優香。


    ある日、エリカが新聞を何紙も読んでいるのを見た優香は言いました。

    「大変じゃない?嫌にならないの?」

    エリカは「いいえ全然。私接客業が好きなんです。お客様は職種も国籍も色々だから、楽しんでいただくためには努力しなくちゃ」


    スキがない、、。


    優香はでっちあげる事にしました。

    客にエリカの悪口を吹き込み、デートの約束も勝手に決め、知らないエリカにすっぽかされる。

    、、、エリカは気づいてたと思う。なぜかあたしを非難しなかった。

    結局全部バレてクビ。優香は完敗を認め、つきものが落ちました。


    今は近所のスーパーでパート勤務。年の割には綺麗だと近所で評判との事です。


    おわり。


    感想。想像通りの展開。優香も36歳だからこそ出来る接客をしたところまでは、良かったのですが。

    エリカの蹴落としには失敗しました。


    エリカが凄い。20代前半女性で新聞を何紙も熟読。嫌々読んでる感じもなく、頭に入っている様子。

    ビジネスマン顔負け。


    やっぱり立ち振る舞い。エリカは自然にすっと出てくるから、みんなファンになるよなぁ。

    みんな細かい仕草とか結構見てて、態度に出たら負け。

    優香はパートはうまい事やってそうで良かった。

    嫉妬さえしなかったらまだ出会いのチャンスありますよ。美人の独身36歳。単体で見たら綺麗だし。

    4人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 婚活パワスポの乱 へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    義姉の仇。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    3話全部読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    あらすじはしょって、プラス、スピリチュアルな部分は割愛します。

    39にもなって実家暮らしの義姉の依子。同居する弟の妻、絵美(主人公)。


    依子は、無職で、主人公に「ご飯まだぁ?」

    ですからね。ずっとこれからも居るのかと思い憂鬱な日々の絵美。


    絵美が弟と知り合ったきっかけが、パワースポットというのを聞いた依子は、自分もその温泉に行って良縁を願掛け。


    そして効果はすぐに現れ、旅館で学生時代の同級生の吉田に会います。


    付き合う事になってウキウキの依子。


    縁談になりそうでほっとした絵美と母。


    しかし、依子は騙され350万も取られました。


    お礼参りをしていなかった事を友人に指摘された絵美は、お礼参りを慌ててしに行きました。

    そこへ吉田が他の女といて、依子から金を巻き上げた事をしゃあしゃあと喋っていて、

    吉田にキレた絵美。


    「こんなクソ男でも義姉は本気で惚れた。警察に突き出されたくなかったら、350万返せっ!」


    お金は立て替えていたのですがそれ以上に我が事のように、絵美は怒りました。


    そして、お金も返り、依子に報告。


    依子は泣きながら笑いました。


    「そっか。私は騙されたのか。」


    39で初めて付き合った依子。女として騙された事にどこか嬉しそうでした。

    それから、依子は婚活に積極的になりました。


    おわり。


    感想。作品中に出てきたお礼参りとは、良い事があったらお礼のお参りに行く事だそうです。

    チンピラの仕返しの事ではありません。


    パワースポットやスピリチュアルな話については割愛しますが、

    39で無職、彼氏と付き合った事もない依子が、案外明るいのが印象的。


    依子がここから結婚まで行くのはしんどいですが、ミラクルが起これば良いですね。女性なら何とかなりそうと思ってしまう。

    独立すれば、ばんばんざい。

    歳をさらに重ねて追い込まれて出ていかざるを得なくなる状況は、お互いにしんどい。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 共依存バカ親子~ママは私の大親友~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    1〜3話。妻の母が夫の家庭に介入した結果

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ママは私の大親友を読みました。


    1〜3話。ネタバレ感想ご注意ください。


    母の自慢は読モにも選ばれた娘のエリカ。

    姉妹に間違われいい気分でしたが、

    エリカは妊娠、結婚へ。

    夫の祐介とは職場で知り合いましたが、


    エリカは家事が出来ず。朝からタコ焼き。

    祐介はウンザリ。

    エリカは母にSOS。

    母が祐介の居ぬ間に食事の準備をします。


    話をはしょって、

    祐介は一言家事についてエリカに講釈をたれ、エリカは素直に家事をがんばってみるのですが、

    母は祐介にイライラ。

    母とエリカのティータイム。


    祐介は課長に昇進。そして女の子が誕生。命名マリン。


    母は出しゃばり、エリカも悪気なし。


    エリカはすぐ泣く赤ん坊にイライラしっぱなし。

    そして母が祐介の家庭に同居。育児にあれこれ講釈をたれ、祐介を蚊帳の外へ。


    祐介はおかしいと怒り、母に帰ってもらいました。

    子離れしてください。

    母が娘を想って何が悪い。


    エリカも素直に祐介と2人で子育てしたのですが、

    ある日上司と先方に商談する直前。エリカから電話。

    対応できず、母を頼ったエリカ。


    ほらみてごらんなさい。あてにならない。


    マリンの夜泣きに、寝不足から2人はお互いにイライラ。

    仕事VS私はずっと起きてる。

    偶然、エリカの顔に目覚まし時計があたったのをDVと喚いて、離婚させた母。


    祐介は門前払いで、家裁へ。

    祐介の両親も諦め顔。

    そして離婚。エリカと母に楽しい時間が戻りました。

    そしてまたエリカに男が。その男は詐称してたのですぐに捨てましたが、恨みを買ったエリカは男に、、、


    さされたのは母でした。


    そのニュースを見た祐介。

    再婚して新しい家庭的な妻は妊娠。

    、、オレも薄情だな。元妻と娘がひどい目にあったのに、他人事。


    おわり。


    感想。成人した娘から子離れ出来ない母親の末路を描いた作品です。

    リアリティのある話。

    妻の母が夫に居丈高(いたけだか)な態度で介入したら、そりゃ家庭ぶっ壊れますわ。

    祐介、孤立。

    私だって寝てない!、、何かが違う。


    不謹慎だけど、最後、報いを受けました。

    祐介の最後のつぶやきは、理解出来ます。


    再婚して新しい家庭を持って良かった。

    スッキリ出来ました。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 洗脳妻~最高の家族の作り方~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    よく描いてくれた。父娘の反撃に期待。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作者さんの身近に恵子みたいな人がいたんじゃないかな。実は私もです。

    恵子みたいに自分で何でもコントロールしないと気が済まない人は、本当にいます。

    物だけ揃えても、直幸さんを立てていても、恵子は家族の人生を抑圧。狂わせてしまっている最低の女です。久しぶりに胸が熱くなりました。

    直幸に落ち度があるなら、不倫がわかってすぐ離婚すりゃいいでしょ。
    恵子のやり方は最低です。

    物語は、恵子の振る舞い、直幸の葛藤、メアリの学校生活と同時進行で進んで行きます。

    直幸が会社で2000円のこづかいをからかわれた事と、恵子との営みの最中に恵子が思わず言ったレイジと聞いてしまった事が、直幸の疑念の始まりです。

    抑圧されてたストレスがあったんでしょうね。
    メアリが直幸に顔が似ていなかったのもあって広告で目にしたDNA鑑定をしてみる事にしたんです。こつこつ貯めていた2万円で。

    結果は父子確率ゼロ。直幸愕然。恵子にイラッと来て思わず鑑定結果を見せますが、破り捨てられます。

    今度はメアリが疑念を持つ機会が来ました。テスト結果クラス一番の麗奈に、「アンタの親は毒親だよ」
    と言われます。
    気になったメアリは、スマホで毒親の意味を調べ認識しました。

    恵子の父娘に対するハラスメントは変わらず続きますが、
    学校である出来事が起こります。変態教師がメアリが盗んだ他の子の体操服と引き換えに100点のテストをメアリに渡します。動機は100点のテストじゃないと恵子のハラスメントが凄いからです。

    その現場を河野先生が画像まで撮って目撃しましたが、モンペの恵子には言えません。直幸に相談しました。
    直幸はメアリに盗みの件を言いましたが、メアリは逆上しましたが、結果その後父娘は本音で言い合えるようになりました。

    血は繋がってないとはいえ、戸籍上も実際も育ての親。直幸は離婚を計画し始めます。

    そこからの直幸は強気になりました。恵子提案の美術館は拒否。月60万給料あるのに、同僚と飲みに行けないのはおかしいと、飲み代もゲットしました。

    父と娘の反撃が始まった今後の展開がとても楽しみです。

    毒親の恵子をやっつけてください。

    親権も監護権も絶対に直幸が取ってください。
    期待しています。

    39人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 7〜9話。良かった。何回でも読める。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    醜い私にさようならを読みました。


    7〜9話。ネタバレ感想ご注意下さい。


    整形した女の娘が整形前の自分にそっくりで、娘にイライラする話です。


    娘は二人目の子の咲良(さくら)。一人目の子は息子の海翔(かいと)。海翔は夫の克輝にそっくりでバレなかったのですが、


    咲良は大きくなるにつれ、美晴の子供時代の顔にそっくりになり、、、


    美晴は咲良にキツくあたります。心配する克輝。

    海翔にも克輝の親にも「似てない」と言われ、、美晴は追い詰められます。

    咲良も嫌われてるのをわかってました。


    ある日、咲良が発作で緊急入院。世話で美晴のイライラも頂点に。


    咲良は言いました。「ママが咲良のこと嫌いでも咲良はママの事大好きだから」


    ナースコールをすぐに押さなかった美晴は、自己嫌悪に陥ります。


    美晴は克輝に「咲良を好きになれない」と泣きながら言います。


    克輝は言いました。


    「それは咲良が昔の君に瓜二つだから?」


    美晴はびっくりしましたが、克輝は偶然実家のアルバムを見て知ってました。

    「驚いたけど、何か事情があるのかなと思って詮索しなかった。誰だって聞かれたくない事はあるはずたからね。僕だって同じだ。」


    「姿形は偽りかもしれないけど僕らにくれた愛情は本物だったろ。これからはその愛情を咲良にも注いであげて」


    咲良は退院しました。美晴は笑顔で呼びかけますが、咲良は看護師の後ろに隠れます。


    美晴「咲良はママの事好き?」

    咲良は、うなづきます。

    「ママもよ。咲良の事とっても大好き」


    おわり。


    感想。他の方のレビューにもありましたが、いい話でした。私、読んで泣きました。


    克輝さんの言葉で、美晴も咲良ちゃんもみんな救われました。


    克輝さんは、カッコいい。嘘や上っ面であの言葉は出ません。

    最高の父親です。誠実な人だからみんなを幸せにしますね。


    自分の子供は、やっぱり愛おしいです。克輝さんを見習わなくちゃ。


    読後感が最高で何回も読めました。

    素晴らしい作品ありがとうございました。

    24人の方が「参考になった」と投票しています

  8. マウンティング女~婚活地獄シリーズ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    上条さんの答えは。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信3話、全部読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公の山本加奈子(30)自称港区女子もどき。

    地方出身で東京の中堅出版社に就職し、取材で知り合った、生まれも育ちも港区女子の遥と麻衣(28)とつるんでいます。
    私達の目標はただ1つ。ハイスペック男性との結婚。

    遥と麻衣は、加奈子の事を「ネエさん」と小馬鹿にしているのですが、加奈子が離れないのは、一緒にいる事で自分もランクアップした気になるからです。


    ある日の合コンで、上条隼人が参加します。
    条件も顔も最高でみんなメロメロ。

    その上条が加奈子に話かけて好印象だから、遥と麻衣はヤキモチ。

    他の男性参加者が、「上条のタイプは派手目だよな。」と冷やかしますが(上条は否定)、女子3人は真に受け、

    後日、加奈子は目を整形してしまいます。


    ある日、出版社の同僚の立川早紀が上条を取材する事に。

    早紀は化粧っ気もなく張り合わないから加奈子が安心していた同僚です。

    加奈子は、強引に上条の取材に早紀と同行しました。

    そして上条と対面。加奈子はアピールしますが、顔が少し変わってたから上条一瞬気づかず。「早紀さんと同じ出版社でしたか」


    早紀さん??


    上条は早紀に先日の記事のお礼を言います。取材が始まりました。加奈子は話に入れず、内緒で撮影して勝手にSNSに上げたり、場違いな質問をします。


    「どうしたら上条さんみたいなハイスペック男性と結婚できますか?」


    場が静まります。


    上条が答えました。


    「僕がそのハイスペック男性かどうか分かりませんが、僕の考える結婚感についてお答えします。」


    「結婚は等価交換に似ていると考えています。」

    トウカコウカン?
    早紀は意味がわかりました。

    「僕は妻には経済面、精神面で安寧を与えることを約束します。だから妻にもそれと同等のものをトレードしてくれることを望んでいます。人間誰しも老います。外見に固執しても意味がない。それと一方的に与えられる事ばかり望む女性は避けたいですね」

    「そういった意味で早紀さんあなたは理想の女性です。」


    加奈子は対象外でした。


    おわり。


    感想。結婚相手に求めるものは普通女性はハイスペックで男性は若さですか。
    等価交換。良い言葉だ(笑)
    早紀良かったね。

    11人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 新・ダンボールで育った少女 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    30話読了。長編。胸糞大人。子供の力。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信30話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    一応、希ちゃんの話は30話で完結かな?


    トイレで赤ん坊を産み捨て宅急便で送った女子高生のせりか。

    宅急便を受け取り、臓器ビジネスに手を染めてた冷泉。

    生きてた子供が来たので158番として虐待で生かしました。冷泉は育てたつもり。

    一瞬のすきの間に逃げた158番。

    無事保護され、冷泉は逮捕。


    児童保護施設に行き希と名前がつきましたが、

    担当保育士の倉橋は小物の偽善者。


    ついでに理事長も悪党。

    冷泉は執行猶予で釈放され、財閥の祖父母
    に引き取られ、整形をして他国籍をとり、

    張と名乗り、児童保護施設へ。


    理事長は倉橋を買収。希をめぐり張冷泉と心理戦。


    せりかも医者婚活で張に会います。


    主要な大人の登場人物が、揃いも揃って、


    私利私欲の偽善者ばかりでしたが、、


    報いを受けました。


    あらすじはこの辺で。


    おわり。


    感想。一気に読みました。全部、線になりました。


    この糞大人たち、報いを受ければいいと思いましたが、

    余す事なく受けました。モヤモヤもなくスッキリ出来ました。

    冷泉最後は惨めでしたが、祖父母やってる事同じじゃない?

    いや祖父母も最後は報いを受けた。


    登場する大人がクソばかりでしたが、


    結局子供は騙せなかった。


    突破口を開いたのも子供自身がきっかけ。


    30話全部読んで月並みな言い方ですが、子供に虐待はしてはいけないなと思いました。

    子供にも人格があります。
    育児と教育は大変ですが、子供には変な影響は与えたくない。

    希ちゃんとエミリちゃんのその後を見て、救われました。

    9人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 沼にはまる女たち 浮気沼 へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    闇は深かった。巻き込まれた朋美。後の祭り

    ネタバレありのレビューです。表示する

    浮気沼を読みました。


    全3話。ネタバレ感想ご注意ください。


    「ごめん朋美」

    「今週の金曜日って約束してたのに」

    斎藤朋美(32)はレスに悩んでいました。

    結婚して4年、レスは3年。そろそろ子供もほしい。

    夫の雄太は「朋美は家族」と言いますが、、
    朋美は気を引くため、ネットで調べた勝負下着で迫りますが、雄太は拒否。「俺にだって心の準備があるんだよ」

    ある日、精力アップメニューの夕飯を作りますが、23時になっても帰って来ない。そこへインターホンが鳴り、夫と思い玄関へ行くと、夫と夫の後輩の男が。


    男は、雄太の大学ボート部時代の後輩の三枝(さえぐさ)。

    朋美はなぜかときめき、三枝は夫と家にあがります。

    三枝は朋美を褒め、朋美は社交辞令でも嬉しく思いました。

    疲れてソファーでうたた寝する夫と三枝。

    お客さんだから成り行きの下心なしで朋美は三枝にお風呂を奨めます。

    タオルを用意しに脱衣場に来た朋美は、ガラス越しに三枝を見て、、、


    二人は結局しました。忘れていた感覚。


    そして朝、夫に勧められ大学ボート部の見学へ夫婦で行きます。

    三枝にまた会えました。そして倉庫でしました。

    数日後、朋美は夫に機嫌の良さを褒められます。また会いたい、、三枝に連絡してボート部へ夫の差し入れと理由つけて行きますが、


    三枝はまだ来ておらず、不審に思った部員。

    朋美ではなく、夫の雄太と三枝は仲が悪い事。

    昔、雄太は後輩へのシゴキがひどく、三枝たち後輩は耐えていたが、後輩の一人が耐えかね自殺した事。その後輩は三枝の親友で、雄太に復讐すると三枝が言っていた事
    、。


    たまらなくなった朋美は帰り、夫に真相を聞きますが逆にアップされた三枝との関係写真を聞かれます。

    雄太は朋美を抱きしめました。実はED。

    がんばった。愛してたけど限界。

    離婚をつきつけられました。

    三枝の復讐と気づきましたが後の祭り。


    一人になった朋美は、満たしてくれるなら誰でもいい。夜の街を彷徨います。


    おわり。


    感想。意外な展開。レスの話の裏で先輩後輩の因縁がありました。

    苦しんでいた夫。復讐の機会を待っていた三枝。

    結果、訳もわからず振り回された朋美。

    突然、愛を失い、一人街を彷徨う朋美。


    意外に深い話だったけど、なんだかせつない。

    7人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全292件