悪い推しほどよく炎上える~私のオキニがやらかしまして…~

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. 家庭サスペンス
  4. 悪い推しほどよく炎上える~私のオキニがやらかしまして…~
悪い推しほどよく炎上える~私のオキニがやらかしまして…~
  • 縦スクロール可

あらすじ

―余裕だった。沼にどっぷりハマるまでは…―不倫がバレて以来、逃げるように実家を離れ東京の病院で働きはじめた篠田美月は、同僚から大人気漫画のミュージカルに誘われる。『好きな作品の実写化舞台?絶対残念な結果になるに決まってるし、正直全く興味ない…』しかしそんなネガティブな彼女のイメージは、若手2.5次元俳優・橋下流星の演技によって大きく裏切られた。胸の高鳴りが抑えきれない美月は、彼のSNSを調べていく途中で新着コメントにいち早く反応。本人から返信をもらったことで、他のファンから妬みと賞賛を受けながら、更にのめり込んでいく。もっともっと、彼に私を見て欲しい!そのためならお金なんて惜しくない!プレミア価格のプレゼントも、舞台の全ステも、関連グッズも…この笑顔のためならいくらだってつぎ込める…!ただ…それだけでよかったのに…。実力派・池田ユキオが描く、男(アイドル)と女(ファン)の泥沼炎上地獄!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
(無料配信中の話はどなたでも読むことができます)
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    78人の方が「参考になった」と投票しています。

    すごい

    ネタバレありのレビューです。表示する

    姫の日常生活は姫ロリの痛いオタクじゃなく綺麗めOLファッションのカッコいいキャリアウーマンだったのが地味に衝撃でした。少しぽっちゃりだけど普段は綺麗系な人で普通にモテそうだし、彼氏いたり結婚してるのかも。姫がオタ活でお金がたくさん使えるのは普段きちんとしてて仕事頑張ってるからなのかもですね。オタク活動で好きな姫ロリファッションして推しに夢中になってあくまで使える範囲でお金使ってストレス解消してたんだと考えると、もしかして登場人物の中で一番バランス取れてるんじゃないかと思いました。痛いオタクだけど日常生活ではキチンとしてるっぽい姫。人って本当二面性ありますね。続きがあるなら、姫の話を読んでみたいです。

  2. 評価:4.000 4.0

    30人の方が「参考になった」と投票しています。

    意外とありがちなことかも

    自分自身、熱狂的なバンドの追っかけだったのでCD発売のイベントのためだけに地方に行ったりしていました。
    数をこなしてお金かければファンとして優れているなんておこがましくて、好きは比べるものでもなければあくまでもファンと夢を見せてくれる人という線引きは大切だなと思わされます。
    何度もイベントではしごするためとか、ツアーを全通するためにと、お金のために風俗に落ちていく子も多かったので、リアルだなぁ…と思いました。
    デフォルメされてるけど、意外とあるあるが多くて推しがいた世界に身を置いていた人間としてはもっと早く教科書がわりに読みたかったかも。

    泣きっ面パドルには不覚にもクスッとしました。

  3. 評価:4.000 4.0

    52人の方が「参考になった」と投票しています。

    姫!姫!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    前にレビュー書いてたけど、最終話でグッとくるポイントがあったので、またレビュー書きます。

    この話においては脇役であった「姫」なんですけど、最終話でちらっと出てきた姿に感銘を受けたので。
    姫は!いわゆる「デブス」(私はこの呼び方あまり好きではないんですけど……)で、姫ロリファッションに身を包み、ファン活のために現場で大量のグッズ購入などで、推し俳優にお金をつぎ込んでいました。
    私はその時、「姫の財源はどこなんだ?親が太いのか?」などと邪推してました。
    しかし実際は、彼女は大企業に勤めるキャリアウーマンで、仕事中の彼女はメイクもしっかりとしながらも控えめで、そしてキャリアウーマンらしいスーツを着て、髪型もできる女らしい大人っぽい髪型でした。
    すごく仕事ができて、ちゃんと自分の足で立ち、自分の力でお金を稼いでいる女性なんだということが判明しました。
    個人的に、自分の稼いだお金は自分の趣味に使うことで仕事の疲れも吹っ飛ぶと思っているので、彼女がちゃんと「自分の稼ぎの範囲内で」推し俳優にお金をつぎ込んでストレス発散している姿がとても「健全」に思えました。
    彼女は推しに貢ぐことを趣味にしていますが、人は誰しも趣味を持っているし、姫は経済面では自分のお金でファン活してるから親とかに迷惑をかけてない。
    主人公のように、昔の不倫相手を脅して金をゆすったりもしてないし、横領したりなんかもしていない。
    姫はただ自分の趣味を楽しんでいて、それに生き甲斐を見出しているので、ある意味生きた金の使い方をしてる人なんだなあと思いました。
    こういう「姫」みたいに、自分の足で立っていて、趣味にお金を使う女性の存在がちらりとでも描かれていてよかったです。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    22人の方が「参考になった」と投票しています。

    私の身近にもある話。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    面白い!!4話全て購入して一気に読んでしまいました。

    40代主婦ですが、実は私の身近にもある話なんで個人的にすごく親近感のある作品。

    私の友人はタレントさんを追いかけて地方会場をはしごしたり、楽屋にお花やお菓子を差し入れたり、ファンミーティングにはこまめに参加。ツイッターを常時チェックしたりと彼女の人生の一部になっています。(美月みたいに恐喝したり、風俗でお金を稼いだりはありませんが)
    やっぱりハマる人はハマるんですねー。

    でも流星は野心はいいけど、事務所を含めてファンをなんだと思ってるのか・・・
    5話以降は美月がどう動くのか本当に楽しみ!!

  5. 評価:3.000 3.0

    20人の方が「参考になった」と投票しています。

    厄介ファンってこんな感じなのかな

    ネタバレありのレビューです。表示する

    アイドルを好きな気持ちって、
    グッズを眺めて心満たされたり、
    握手会などのイベントで、憧れの人に直に会える非日常に酔いしれたり…。
    本来ならそれだけで毎日を彩ってくれるものですが、
    彼に喜んでもらいたいと思ってプレゼントをあげたら、お礼を言われた!実際着てくれた!
    …たしかにこんな特別感ある喜びを知ってしまったら、
    ちょっと無理してでもまた次のプレゼントをあげたくなるのかもしれないなと思います。
    そして、無理して貢いでいるだけに、他のファンの子より特別な存在だと思ってほしい…
    費用捻出のために横領に手を出し、仕事をクビになり、風俗に。
    そんな中、じつは美人ファンとは個人的に遊んでいる、
    自分の事は内心気持ち悪いと思われていて、バカにされていたと知って、
    我にかえると、自分は彼に貢ぐために全て失っていて…
    価値観や倫理観の稚拙さはともかくとして、暴走する気持ちは理解出来るなと思いました。

    同じ作者さんの他の作品と比べると、
    どんでん返しの展開も出世する楽しさも煌びやかさも無くて、
    最後までタイトルから想像できる話の枠に収まっていて、
    少し物足りなく感じてしまいました。
    でも、一見狂気にしか見えない厄介オタの気持ちの変遷が見えるような気がして、
    なるほどなぁと感じさせてくれるお話でした。

すべてのレビューを見る(971件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集