女衒夜話

あらすじ

終戦直後の東京――。女をかどわかして売り飛ばすことで生計を立てているキリオと、場末のバーを営む殺し屋の裕也。闇を這いずるように生きる二人の男は、ある女との出会いで運命の歯車をくるわせていった…。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/11話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    終戦後の日本、夜の繁華街が舞台。
    軸として描かれる、闇社会に属する二人の男の関係は、友情にしては深く、互いに相手に殉ずるようなものだったように思う。
    それを取り巻く女達のそれぞれの生き様。
    少女、子持ちの女、性格の強さ、弱さ。年代も性格も様々だが、みな引き込まれるような魅力を持っている。凛とした眼差し、生きるために決める覚悟。現代ではなんとかなるだろうことも、ままならなかった時代に生きた人々の強さというものはこうかと思わされた。
    そしてやはり、絵が最高に美しい。男女の顔や肉体、この絡み合いの魅力を、これほど引き出せる作家というのはそういないだろうと思う。エロ、ではない。性、とかエロス、というものだった。切なく力強く、人間らしい生き様が描かれていた。

  2. 評価:5.000 5.0

    22人の方が「参考になった」と投票しています。

    切なく沁みる

    ヘンゼルとグレーテルの童話に登場する魔女は、迷い込んだ哀れな子供を、最後には食べてしまう目的で肥らせる。
    自分をそんな魔女に重ね合わせ、自分の存在意義を自問自答している女衒のキリオ。
    そして、そんなキリオがとある女と出逢ってしまって。。。
    切ない男の深い悲しみと、愛し合っているときだけ、相手を独り占めしていると感じる、切ない恋をする女の思いが綴られているストーリーで、時間軸が前後しながら、さらに深くストーリーが進んでいきます。
    元殺し屋のマスターも、違った意味でキリオを愛した、愛しすぎたんだなと、最後まで読んで感じました。
    おすすめです!

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    秀悦な作品

    ネタバレありのレビューです。表示する

    実際はもっと酷い時代で、残酷な日常だったと思うけれど、もんでんさんの画だから、引き込まれて最後まで読めたと思う。キリオ、裕也、シロ、そして美都。それぞれがそれぞれを愛しているのに、愛は残酷な終わりを迎える。美都ひとりが全ての愛を背負い、シロを支え 支えられながら前に進むのであろうラスト。美都がいてくれて良かった。もんでんさんの作品の中でも、特に秀悦だと思える。

  4. 評価:5.000 5.0

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最初の2話を読んで、キリオが殺されてしまい…そのあと、またキリオのストーリーが始まったので、あれ?順番おかしくない?と思いましたが、すべては後のストーリーが最初の2話に結びつくというわけなんですね。
    こういう組み立て方もあるんだと感動しました。
    画力もいつも素晴らしいですが、時代の雰囲気作りが圧巻です!
    ワイルドなキリオも、クールなユウヤもかっこいい。
    女性が読むマンガで、この時代のものは珍しくて新鮮でした。

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    美しい

    こんなにも美しく、こんなにも引き込まれた漫画は初めてです。主人公がしていることは最低なことだけど、この時代生きて行くために仕方がないこと。そしてしっかりと愛もある。もんでんさんの作品すべて読んできたいと思います。

すべてのレビューを見る(247件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集

女衒夜話に関する記事