死役所

死役所
  • 縦スクロール可

作品情報

めちゃコミック独占先行配信中!

作者
あずみきし
雑誌
BUNCH COMICS
ジャンル
青年漫画
出版社
新潮社
タグ
独占先行(一般) 人間ドラマ ホラー 職業
配信話数
155話まで配信中(50pt / 話)

あらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“助けたこと、後悔してるんです。…こんなことを考えてる、自分が嫌で…”命を棄ててまで、守りたいものはありますか? 魂抉る死者との対話、待望の第1巻。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
(無料配信中の話はどなたでも読むことができます)
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/155話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

死役所 のスタッフレビュー

おーじ

此岸と彼岸の間のお役所で映し出される死者のドラマ

死んだあと最初に目にするお役所仕事

すべての死者が最初に訪れる場所――死役所。やってきた人々は、老衰、自殺、他殺、事故死、病死、災害死といった死因によってそれぞれの課に振り分けられ、書類を申請し、天国や地獄、あるいは冥土の道に通される。死がみな一様でないのと同じく、死役所で働く職員たちも、お役所対応ではあるけれど、周囲に吹聴できない過去を抱えた変わり者ばかり。そして今日も、死者との対話は続く……。

本作は、漫画家のあずみきし先生が、新潮社が発行している漫画雑誌『月刊コミック@バンチ』で連載中の作品です。

割り切れない感情に身を委ねる

ストーリーは一話完結形式。分類するなら社会派コミックでしょうか。死が決してハッピーエンドとはならないように、一つ一つの話も、救われる結末もあれば、後味の悪いものがあったり、知らぬが仏の真実が明かされたりと、多種多様。とはいえ、徹頭徹尾シリアスで重苦しいかというとそうでもなく、癖のある職員たちににやりとさせられるシーンもあり、なかなかヘンテコでユニークです。この薄口具合が、扱う問題の重大性をうまく内包しており、強いインパクトが残ります。言葉で言い表せられない感動、うまく割り切れない感情に身を委ねてみたい方はぜひお手を伸ばしてみてください。

2017/03/24 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    66人の方が「参考になった」と投票しています。

    個人的にはこの冬ベストでした

    古いアナログフィルムを思わせる、ざらっとした雰囲気。用心深く、神経の行き届いた言葉はこび。コマ割りとキャラの表情で読者に話を理解させる構成力。三者が絶妙なバランスで物語を成立させています。難しい題材を平易に読みやすく仕立ててあるのが凄い。
    主人公の事情はまだ殆どベールに包まれていますので、先が長いマンガだと思うのですが、続刊をとても楽しみにしています。自分は最後まで読むだろうと確信しています。

    それから…、死生観が絡む話なのである意味、日本でないと生まれないタイプのドラマです。個人的にはぜひ海外の人にも発信して欲しいなぁ…

  2. 評価:5.000 5.0

    91人の方が「参考になった」と投票しています。

    表紙の娘に起きた事(ネタバレ有)

    ネタバレありのレビューです。表示する

    社長の悪徳さよりもそれをこれ見よがしに言うばかりで謝意の気持ちがない夫人と社員の方が怖かったため、陰口が聞こえているのではないかというよりも棺桶の中身を眺める際の表情が「俺を助けるなんて馬鹿なことしたっていう証明がコレか」というものに取れました。
    義憤にかられ前科者となった娘の周りにいたのは、保険に入らないという組織の頭としてはあるまじき男と当たり障りのない付き合いを選んだ同僚に罪を罪とも思わない女史という構図。それぞれの対比が、いい意味でやるせない気持ちになる事が出来るお話です。

    あとこれは考え過ぎだとは思うのですが生前どころか死後ですらも後ろ向きだった涼子が、前向きに成仏の道を選ぶという描写。もしかすると知らぬが仏様という掛言葉になっている様に感じられて、この脱力感が妙な後味に拍車をかけているのかもしれません。

    それでは

  3. 評価:4.000 4.0

    34人の方が「参考になった」と投票しています。

    試し読みでファンになりました

    ネタバレありのレビューです。表示する

    この本は本屋にも試し読みがあります。
    私はメチャコミで知りましたけど。

    私は両親を一度に亡くし、死後の世界ってどんなだろう?と、ずっと思ってきました。
    もしも、本当に死役所という場所があり、こちらの世界が見えないシステムならば、気が楽なのかな?と、男やもめの話を読んで思いました。自分が死んでも誰にも見つけてもらえず、ウジとハエが集り、朽ち果てていってる事に自分は気付いていない。成仏する時にはこちらの世界が見えない方がいいですよね。
    要らないと思われる話の下りは所々たくさんありますが、最後は納得できる話が多いので死役所が好きです。グロい描写もありますが、現実だったら・・・もっと悲惨なので私は平気です。

  4. 評価:4.000 4.0

    24人の方が「参考になった」と投票しています。

    つらい…

    ネタバレありのレビューです。表示する

    『あしたのわたし』が悲しすぎて、子供が寝静まった夜中に布団の中で号泣してしまった。本当にあった話でもないのに、最近もあった親が虐待して亡くなった子供のニュースと被り耐えられなかった。悲しすぎて読み返すことができなかったけれど、このマンガのように虐待されてこの世を去った子供たちが、次に生まれ変わってくるときにはどうか愛してくれる親の元に生まれてほしいと願わずにはいられない…。いろいろと考えさせてくれる作品で、また号泣しそうで不安ですが全話購入してしまいそう…

  5. 評価:5.000 5.0

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    タイトルに惹かれて

    ネタバレありのレビューです。表示する

    読みはじめてハマりました。
    設定が設定だし、綺麗な描写ばかりだと逆に不自然になる気がします。
    グロ耐性が低い方にはきつい作品かもしれません。
    でも良い意味で人間くささが描かれていて心にずしっと残ります。
    どうしても紙媒体で読みたくて『母』と『お気をつけて』収録コミックスは書店で購入しました。
    他の職員さんの生前も知りたいですね。

すべてのレビューを見る(6742件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

死役所に関する記事