みんなのレビューと感想「死役所」(ネタバレ非表示)

顧客満足度No,1

めちゃコミック

死役所のレビューと感想

死役所

死役所

シヤクショ

みんなの評価

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全61件

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    個人的にはこの冬ベストでした

    古いアナログフィルムを思わせる、ざらっとした雰囲気。用心深く、神経の行き届いた言葉はこび。コマ割りとキャラの表情で読者に話を理解させる構成力。三者が絶妙なバランスで物語を成立させています。難しい題材を平易に読みやすく仕立ててあるのが凄い。
    主人公の事情はまだ殆どベールに包まれていますので、先が長いマンガだと思うのですが、続刊をとても楽しみにしています。自分は最後まで読むだろうと確信しています。

    それから…、死生観が絡む話なのである意味、日本でないと生まれないタイプのドラマです。個人的にはぜひ海外の人にも発信して欲しいなぁ…

  2. 評価:4.000 4.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    フリー分だけ読みました( v^-゜)♪

    まさに死役所的なお話ですね。

    理不尽な死もあったりしますが、人が良かれと思って命を捨ててしまったりした時でも、死後の世界はストーリーの中では存在していて、死因を本人確認する死役所は淡々と業務をこなしている。

    フリーで読んだ分だけでも、こういったストーリーは感慨深いなと思う自分なわけですが、人の黒い部分を明確に知れる読者としての想いを感じさせて頂きました。

    死後は、死んでからしか経験出来ませんから尚更楽しめました。
    自分は死後は『無』だと思っているんですが、こういった死後があっても納得いきます。

    課金して読もうかと思ったんですが、単行本欲しくなったので購入します。

    フリー分では人メインでしたが、それが蟻になったらどうなるのかな?とか、思いを馳せました。

    どんな命も、行く末をみたくなる話です。
    ぜひ☆

  3. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    考えさせられる

    「死」ということについて色々と考えさせられる作品。
    生きることの大切さとともに、「もし死んでもこういう世界があったらいいかもな」と思わせてくれるところが、神木隆之介くんの「too young too die!」を彷彿とさせた。あんなに明るくないけど。
    人を殺したり、死ぬ原因になるようなことをする人はこの漫画を読んで反省してほしい。(反省するような心は持ち合わせてないか笑)

  4. 評価:5.000 5.0

    24人の方が「参考になった」と投票しています。

    表紙の娘に起きた事(ネタバレ有)

    ネタバレありのレビューです。表示する

  5. 評価:5.000 5.0

    by 佳埜

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    おもしろい

    一人一人の「仏様」はその時のゲストのような扱いで、いろんなケースの人を見ていくなかで、ちょっとずつ死役所の職員達についての事が紐解かれていきます。
    いっつもにっこりで聞かれたことしか答えないちょっと説明不足感の否めないシ村さん、本当などんな人なのか、知りたくなってどんどんページをめくってしまいます。
    面白かったです。

  6. 評価:5.000 5.0

    13人の方が「参考になった」と投票しています。

    タイトルが気になり

    タイトルが気になり、市役所の字が違っているよなと思い購読。
    読んでみると納得。
    まさしく死役所。
    この発想には驚いた。
    死後の世界も考えさせられるし、生き方も考えさせられる作品。
    考えが甘いかもしれないが、死後には頭や心の中が丸見えの虫メガネのような物があって、それで読み取り心底反省していれば、地獄ではなくともせめて普通の世界に行けるようであってほしいと思う。

    綺麗ごとを言えば、地獄に行く人がいなくなるような世界が来てほしいのだが。

  7. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    一気に読みました

    課金してまで一気に読んでしまいました。一つ一つの話がスッキリ終わるわけでは無いのだけど、すごく考えさせられます。そして、死役所で働いてる人々の掛け合いも、その人達の生前の話もおもしろいです。背景のないスッキリしたイラストも、淡々としたこの物語に合ってる気がします。

  8. 評価:4.000 4.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    人間模様が面白い

    いろんな人の死ぬまでがあって面白い
    死んでるのにウジウジした人がいなくて言いたいこと言う人ばかりなのもストレスがなく読めます

    とくに興味のない感じの話もあったけど
    全体的には全部読んで満足です

  9. 評価:5.000 5.0

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    死だけでなく、生についても考えさせられる

    ネタバレありのレビューです。表示する

  10. 評価:5.000 5.0

    20人の方が「参考になった」と投票しています。

    私たちが死んだときは…

    自殺、他殺、事故死、病死…人の死の数、その死に関わった人の数だけ物語がある。
    複雑な人の心理が見事に描かれていて、作者の考えの深さに圧倒されました。

    死役所の職員に彼らが選ばれた理由についても、「深いな~!」と。

    各話独立して読めるし、扱っている題材をあえて重く感じさせない軽快さで描かれていて、とても読みやすいです。

    シ村さんのキャラも最高!
    笑顔とのギャップにやられました。笑

    新潮社のコミックは読んだことがなかったけれど、これは本当ーーーーーにおすすめです。

    新刊が待ち遠しい!

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全61件