死役所のレビューと感想

レビューを書く
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全13,289件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 評価:5.000 5.0

    by roka
    この世とあの世と死役所と

    「この世」と「あの世」の間に設けられたモラトリアムのような世界を舞台に綴られる、様々な人間たちの死に様と生き様。

    まず、ひとつひとつのエピソードの完成度が非常に高く、読み手に喚起する感情も実に多様だ。
    温かさ、哀しさ、怖さ、悔しさ、切なさ、やりきれなさ。
    死の物語でありながら、そこにあるのは、私たちが生きてゆくことにまつわる全てであるように思う。
    いかに死んだかということと、いかに生きたかということは、ある意味では、きっと、等価なのだろう。

    また、基本的には短く完結する短編集的な作品でありながら、死役所の職員たちの背景を少しずつ描いていくことで、読者の関心を持続させているのもポイントが高い。
    特に、シ村の生前に何があったのか、という謎の吸引力は素晴らしく、これほど続きが気になるオムニバスもあまりないだろうと思う。

    58人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:4.000 4.0

    つらい…

    ネタバレありのレビューです。表示する

    『あしたのわたし』が悲しすぎて、子供が寝静まった夜中に布団の中で号泣してしまった。本当にあった話でもないのに、最近もあった親が虐待して亡くなった子供のニュースと被り耐えられなかった。悲しすぎて読み返すことができなかったけれど、このマンガのように虐待されてこの世を去った子供たちが、次に生まれ変わってくるときにはどうか愛してくれる親の元に生まれてほしいと願わずにはいられない…。いろいろと考えさせてくれる作品で、また号泣しそうで不安ですが全話購入してしまいそう…

    167人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 評価:5.000 5.0

    個人的にはこの冬ベストでした

    古いアナログフィルムを思わせる、ざらっとした雰囲気。用心深く、神経の行き届いた言葉はこび。コマ割りとキャラの表情で読者に話を理解させる構成力。三者が絶妙なバランスで物語を成立させています。難しい題材を平易に読みやすく仕立ててあるのが凄い。
    主人公の事情はまだ殆どベールに包まれていますので、先が長いマンガだと思うのですが、続刊をとても楽しみにしています。自分は最後まで読むだろうと確信しています。

    それから…、死生観が絡む話なのである意味、日本でないと生まれないタイプのドラマです。個人的にはぜひ海外の人にも発信して欲しいなぁ…

    125人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    石間さん

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ついにこの日が…
    もっと死役所に長く勤めている人も居るのに、石間さんの成仏が早いってことは…
    恐らくは利己的な理由で被害者を生み出した人よりも早く成仏されるんですよね。
    もちろん人を殺めたことも含めて裁かれるのでしょうが、彼のように複雑な事情があるのならば…
    地獄へ行くかどうかの瀬戸際な状況であったとすればきっと長く時間がかかると思うんですよね。だから、いかないんじゃないかな、って思います。
    そうであれば、何処へ…?もちろん希望としては、幸せな世界ですが…
    とても深く、読み手に沢山考えさせてくれる漫画ですね。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 評価:5.000 5.0

    感慨深い

    ネタバレありのレビューです。表示する

    「腐ったアヒル」まで読みました。
    「働きたくない」以外の主人公は、自分が納得のいく死に方でないので、色々と考えさせられるものがあります。
    いじめ、幼児虐待、無差別犯罪など、今日私たちがニュースでみる社会的問題についても描写されており、加害者には読ませたい作品です。
    今日読んだ「腐ったアヒル」は、「辛かったけど楽しかったなぁ」という部分、逆境に負けずに努力する主人公に感動しました。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 評価:5.000 5.0

    by natsu11
    考えさせられる

    ネタバレありのレビューです。表示する

    小さい頃から人は死んだらどこに行くんだろうって思うことはあったけど、本当に考えさせられる。
    毎回泣いてるけどその中でも一番は虐待されてた女の子の話。胸が痛くて涙が止まらなくなった。
    お母さんのせいにしないしお母さんにひどいことされてきたのにそれでも大好きって。なんでこんないい子があんな親の元に産まれたんだろうとかいろいろ考えちゃう。
    市村さんの奥さんと加護の会の関係についても凄く気になる。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    これは本当につらい

    ネタバレありのレビューです。表示する

    今日追加分の157話まで読みました。

    つらいなぁ。。
    もうみんなそんな感じ。。
    157話は、私自身障害のある子を育ててるのですごくわかってしまって。。
    今はすこし進んできて、異食も偏食も、母親の育て方のせいではないって浸透してきてますが、「きちんとしたものをきちんと愛情込めて作って与えれば食べる」「お腹が空けば食べる」…今だって言われます。
    それを今のようなインターネットも母親をフォローするシステムもなく、絶対的な存在の医者に言われた母の気持ちは、、それは宗教にもハマってしまうだろうと思います。。

    幸せなシーンもあるけど、人間の苦しみややるせなさみたいなことが淡々と描かれていて、幸せなシーンが暗い部分をより強調するように感じます。
    いろいろと考えさせられる良い作品だと思います。

    45人の方が「参考になった」と投票しています

  8. 評価:5.000 5.0

    表紙の娘に起きた事(ネタバレ有)

    ネタバレありのレビューです。表示する

    社長の悪徳さよりもそれをこれ見よがしに言うばかりで謝意の気持ちがない夫人と社員の方が怖かったため、陰口が聞こえているのではないかというよりも棺桶の中身を眺める際の表情が「俺を助けるなんて馬鹿なことしたっていう証明がコレか」というものに取れました。
    義憤にかられ前科者となった娘の周りにいたのは、保険に入らないという組織の頭としてはあるまじき男と当たり障りのない付き合いを選んだ同僚に罪を罪とも思わない女史という構図。それぞれの対比が、いい意味でやるせない気持ちになる事が出来るお話です。

    あとこれは考え過ぎだとは思うのですが生前どころか死後ですらも後ろ向きだった涼子が、前向きに成仏の道を選ぶという描写。もしかすると知らぬが仏様という掛言葉になっている様に感じられて、この脱力感が妙な後味に拍車をかけているのかもしれません。

    それでは

    153人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 評価:4.000 4.0

    試し読みでファンになりました

    ネタバレありのレビューです。表示する

    この本は本屋にも試し読みがあります。
    私はメチャコミで知りましたけど。

    私は両親を一度に亡くし、死後の世界ってどんなだろう?と、ずっと思ってきました。
    もしも、本当に死役所という場所があり、こちらの世界が見えないシステムならば、気が楽なのかな?と、男やもめの話を読んで思いました。自分が死んでも誰にも見つけてもらえず、ウジとハエが集り、朽ち果てていってる事に自分は気付いていない。成仏する時にはこちらの世界が見えない方がいいですよね。
    要らないと思われる話の下りは所々たくさんありますが、最後は納得できる話が多いので死役所が好きです。グロい描写もありますが、現実だったら・・・もっと悲惨なので私は平気です。

    84人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 評価:5.000 5.0

    死だけでなく、生についても考えさせられる

    ネタバレありのレビューです。表示する

    オムニバス形式なのに、死役所の人たちの話もいい具合に絡めてあって、主要人物たちの過去も少しずつ明らかになっていくので、最新話まで一気読みしてしまいました。

    「死んだ人間は、生きている人のために何もできない」という言葉が、印象に残りました。

    後悔や、恨みや悲しみなどが残る死に方はしたくないなと思いました。
    死について考えさせられるお話です。

    どう死ぬかということは、どう生きたかということなので、自分の人生を省みて「今後どう生きるか」を考えさせられました。

    女性や少年少女の絵が、かなり幼く見えるので少し気になりましたが、満足できる作品でした。
    続きを楽しみにしています。

    60人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全13,289件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー