オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~

  1. めちゃコミック
  2. TL漫画(ティーンズラブ)
  3. 黒ひめコミック
  4. オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~

あらすじ

「…あら、すっごく敏感なのね。濡れ過ぎて滑りがイイったらないわぁ。じゃあ、ごほうび」ウソ…私に欲情してる!?でも、彼は男の人が好きなオネエ系じゃ――!?OLの麻井えみは、年上のいとこ卯野喜一とルームシェア中。喜一は、面倒見のいいオネエ系イケメンで、仕事はバーテンダー。気心の知れた二人は、恋の相手としても、生活リズムにおいても、距離がとれていたハズだったけれど…!?とある深夜、二人の関係は溶け出すようにカタチを変えていく…!

この作品のシリーズ一覧(2件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/79話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~ のスタッフレビュー

みっちー

同居中のイトコはゲイのはずなのに、女の私とエッチしちゃうの…!?

同居相手はイケメンでゲイ!? ちょっと自慢の「お兄ちゃん」

麻井えみは普通のOL。只今、同性愛者のイトコ・卯野喜一と同居している。

性別が違う者同士が同居していることに周りは心配しっぱなしだけど、当の本人は、「お兄ちゃんみたい」と、異性として意識していないので気にしない。

喜一は、ゲイだけあってどことなく女性的な感じを持っている。

優しくて料理もうまい。疲れて帰ってくると、温かいご飯を作って待っていてくれる。

彼氏にしたら、頼りどころ満載のカッコいい彼なのだ!

しかも職業が「バーテン」。会話もうまくて接客で培ったソフトな物腰が最高。

おまけに、子犬みたいに甘えてくることもあって、女性心をくすぐります! ほんとゲイにするには惜しい存在…。

ドキッ!! ゲイのはずのイトコに押し倒されて…!!

イケメンのゲイ・喜一。でも、ゲイだから女の子に興味がない。

そんなある日、帰宅早々、喜一がえみに泣きながら抱き着いてくる。

「あの男、好きって言ったのに男がいてぇ…」と愚痴りながら、頬っぺたにキスをねだる。

えみに慰めのキスをもらった瞬間、喜一の中にゲイとは違う別の顔が浮かび上がります。

えみが見たことのない「男の顔」。それは浮かび上がったのは、喜一の中に眠る「女性を求める男性」の部分でした。

喜一は彼女を押し倒し、エッチな展開に持ち込みます。

イヤラしいことをしてくる喜一を前に、「こんな男の人…知らない!」と内心驚きながら、逃げることもできないえみ。

親戚ということもあり、かなりイケナイ雰囲気が余計エロさに拍車がかかっています。

ゲイであるせいか、どことなく中性的な絡みも感じさせるシーンは見ていてドッキドキ!

個人的に、こういう中性的な男の人が大好きで……皆さんにもオススメしたい一品です。

作者・冴月ゆとの繊細なタッチのイラストと、軽快なストーリーにもハマります。どうぞお試しあれ☆

2016/04/13 10:30

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    46人の方が「参考になった」と投票しています。

    おだやかな気持ちで読める

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ほとんどの恋愛マンガにありがちなヒロインのグダクダや変なライバル登場もなく、おだやかな気持ちで読めます。

    ヒロインも行動派で、なにより相手をとてもよく理解しようと努力する姿に好感を持てます。
    明るくて素直で、恋愛マンガ特有のマイナス思考が原因で悪い方向に向かうこともありません。
    こんな子がいたら友達になりたいですね!

    喜一くんもとてもヒロインを大切に思っていて、イチャイチャするのもヒロインの仕事のことを考えてくれていたり病気にならないように考えてくれていたり、思いやりを感じます。
    なによりもたまに戸惑ったように照れている表情が男の人なのに可愛い!

    ある程度年齢的にも精神的にも落ち着いた二人なのに、可愛くて見ていて面白いです。

    更新まだかなー
    作者様がんばってください♪ヽ(´▽`)/

  2. 評価:5.000 5.0
    by Ka-Ⅰ

    35人の方が「参考になった」と投票しています。

    LGBTにも色んな在り方があるなぁと

    ネタバレありのレビューです。表示する

    改めてそんな事を思った作品(恐らく作者さんにそんな意図は無い)
    一応話の流れも不自然さは少ないからただヤるだけの漫画より微笑ましく読める。そう、微笑ましい。
    色恋沙汰に疎いえみちゃんに、手練だけど女性は初めての喜一さん。突然関係性が変化して、それを受け入れて、すれ違ったりぶつかったりするのも想い合ってるから。という王道感。
    彼らの思考や言動に一貫性があるのと、出てくるトラブルキャラが今のところ皆良い人だから安心して読んでいられる。大原いい奴。
    何より喜一さんがゲイだというかなり濃いキャラをメインにしているからこの王道感と安心感がとても大切に思える。これからも大切にしてほしい。

    現実では有り得ない設定、というレビューも見るけど有り得なくはないんじゃないかしら。
    マイノリティの更にマイノリティだけど、パンセクって概念もある訳で。世の中を性別だけで二分は出来ないなと。
    もしかしたらこういうカップルも、例えば喜一さんみたいに隠すのが上手いだけで意外といるのかもしれない。

  3. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    新しい扉…

    今まで「オネエが相手はないわぁ…」と個人的に思っていたんですが、きっかけがあって読んでみると…見事にハマってしまいましたw
    いいですね…オネエな彼氏さん…!
    喜一くんが紳士すぎて惚れる。

    ただ、今まで私が見てきたTL作品がエロいのばっかりだったせいか、非常に物足りない…!(ので、★1つマイナスです;^^)
    ほのぼのしててこれはこれで良いのかもしれませんが、個人的にはもっと二人の(エロい)絡みが見たいです!今後に期待しております。

    余談ですが、オネエ失格のシチュエーションCDが出るそうですね!!!!!
    私自身元々そういったものも聴く奴なので、今から楽しみで楽しみで夜しか寝られません。

  4. 評価:5.000 5.0

    24人の方が「参考になった」と投票しています。

    いま11話め。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    11話まで読んだところでレビューです。

    ゲイとの恋(というか、バイですね)という、新境地ひらいた感じの話が面白く、さくさく読めてます。
    喜一くん、しっかりおネエだけど適度に強引でいい!あのキャラで攻めって(笑)

    エッチ描写は3話から徐々に、です。11話でやっと結ばれてくれたので、これから期待できる予感。この作家さんの体の描き方、好きです~

    ほんとにテンポがいいので、できれば最初から順を追って読まれることをお勧めします。
    いいコメディですよ。

    あと、えみちゃんの同僚が、なんかフツーにいい人達なんで、地味に癒されてたりします。

  5. 評価:4.000 4.0

    15人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白いです

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最近オネエ系の漫画にハマり、ネット広告でこの作品を知って10話まで読みました。

    全体的なストーリーはあっさりめ。
    濃い内容ではないので、がっつり読みたいという方やストーリーを重視されている方にはちょっと物足りなさがあるかも。
    1話1話のページ数の関係なのか、二人が恋人になるまでの展開も割と早いように感じました。
    もうちょっと葛藤というか…、仮にも今まで兄弟のような、女友達のような感覚で一緒に生活をしてきた相手とあんな形で行為に及んでしまったのだから、行為を思い出しながら「あの言葉は私のためだったんだ」とか「私好きだったんだ」じゃなくてもう少し真剣にしたことについて考えたり悩むシーンが欲しかったかな、と。
    自分の立場で置き換えると、主人公の順応性がすごすぎです…。

    その点を踏まえて、星は4つにしてあります。


    少々辛口なことを書きましたが、それ以外のことはあまり気にしていません。
    喜一が内向的な雰囲気を匂わせていたのでネコかと思いきやタチだったことは、結構びっくりしました(笑)
    “初めて好きになった女性”に触れて、体つきのことや体力のことに気づいて大切に扱おうとする姿もすごく良かった。
    えみが夢で見た、喜一のエロい顔も個人的にはとても好みです。
    もっともっとああいう表情が見てみたいと思いました。

    今後の展開がとても楽しみでなりません。

すべてのレビューを見る(4239件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~に関する記事