奴隷区 僕と23人の奴隷 - オオイシヒロト,岡田伸一 | 青年漫画

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:奴隷区 僕と23人の奴隷の詳細

奴隷区 僕と23人の奴隷

ドレイクボクトニジュウサンニンノドレイ

作者
オオイシヒロト 岡田伸一
雑誌
ACTIONCOMICS D-side
ジャンル
青年漫画
タグ
日常崩壊 ダーク 人間ドラマ バトル メディア化 心理戦 サバイバル 殿堂入り2015 殿堂入り2014 殿堂入り2013

奴隷区 僕と23人の奴隷のあらすじ

「“奴隷”欲しいヤツ、いる?」天才的な頭脳も、超人的な肉体もいらない。どんな勝負でも勝ちさえすれば相手を奴隷にできる器具、それがSCM。偶然にもSCMを手にした24人の主人公は、欲望のため、復讐のため、それぞれの目的を果たすべく、壮絶なサバイバルゲームを開始した!!

奴隷区 僕と23人の奴隷のシリーズ一覧(2件)

奴隷区 僕と23人の奴隷 のスタッフレビュー

おーじ

負けたら即・奴隷!? 狂気のサバイバルストーリー

かつてない頭脳バトルが勃発!

冷めた女だと周りから言われる荒川エイアは、ひょんなことから大田ユウガという青年と出会います。そして、彼からあるゲームを提案されることに。持ち前のひらめきと行動力でゲームに勝利したエイアを気に入ったユウガは、新たなゲームの協力者になってほしいと彼女を誘います。ユウガからSCM(Slave Control Method)という装置の存在を教えられた彼女は、壮絶なサバイバル・ゲームに巻き込まれてしまうことに……

原作小説が大ヒット。映画化を果たしたことでも話題の人気作です!

主人には絶対服従! 奴隷になるのは誰?

SCMを歯の裏に装着した者同士で対決をすると、勝者は敗者を奴隷にすることができます。対戦の内容はなんでもOK。そのため、白熱の心理戦が展開されます。ワザと無理難題で勝負するのか? それとも相手の裏をかいて? ハラハラドキドキの駆け引きが満載です。

登場するのは、東京23区を名字に持つ男女。フリーターやホスト、女装男子や女子高生など、その境遇は様々です。そんな彼らの奇襲、裏切りだらけの戦いは、まったく先が読めません。さらに、意外な人間関係も明らかになって…? 謎が謎呼ぶバトルの連続に、興奮が止まりません! 読まなきゃ損すること間違いなしの、必見の一作です。

2016/08/29 10:00

奴隷区 僕と23人の奴隷のレビュー

  1. 評価:3.000 3.0
    by iku☆

    27人の方が「参考になった」と投票しています。

    ハマってます(^^)

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:5.000 5.0

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    サクサク読めます

    表紙はフェティッシュな感じですが、思ったほどグロテスクな表現はないです。
    ストーリーもそれほど難しくはなく、軽快なテンポで進んでいくので、空き時間にサクサク読み進めていくには最適かと思います。
    緻密な計算による心理戦がお好きな方には物足りない作品かもしれませんが、あまり深く考えずにサクっと読みたい方にはオススメです。
    個人的には登場人物一人一人に個性があって愛着が持てるのと、暗い話ではないので読みやすいというところが気に入りました。続きの配信も楽しみです。

  3. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:4.000 4.0

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    おもしろい

    最初はシンプルだったルールも途中から複雑になってきて、そのルールを知ってる方が圧倒的有利になったり、人間関係も派閥ができたりして色々な思惑や欲が絡み合ってきているので今後が楽しみです。
    登場人物達の個性もはっきりしていて、知らず知らずのうちに好きなキャラを応援したり、嫌なやつ~って思ってたキャラが負けるとスッキリしたりします。
    ○○を早食いするバトルとか、ほんのりグロい描写もあるので苦手な方はお気をつけて。

  5. 評価:3.000 3.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    結末は気になる

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(247件)

奴隷区 僕と23人の奴隷に関する記事

おすすめ特集

奴隷区 僕と23人の奴隷をスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank