フルーツバスケット

  1. めちゃコミック
  2. 少女漫画
  3. 花とゆめ
  4. フルーツバスケット
フルーツバスケット
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

テントで暮らす女子高生・透(とおる)。家事の腕を買われ草摩由希(そうまゆき)の家で暮らすことに。だが、草摩家には異性にふれると動物に変身してしまうという秘密が―。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/413話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

フルーツバスケット のスタッフレビュー

ゆっきー

神と約束をした十二支たちの悲しき呪いと許しの物語

家なし女子高生が巻き込まれるミステリアス学園マンガ

都立高校に通う女子高生・本田透は幼い頃に父を亡くし、母の手一つで育ちますが、その母も事故で失います。預けられた祖父の家も追い出され、行先を失った透は逆境にもめげず、安物のテントを張ってアルバイトをしながら健気に生きています。ある日テントを張っている場所が、名家“草摩家”の敷地であることが判明。しかし高校イチ眉目秀麗な王子様・草摩由希とその親戚の紫呉のはからいで、由希が居候する紫呉の家へ一緒に住まわせてもらうことに。

妖しく美しい魅力を持つ草摩家一族ですが、実は十二支にまつわる物の怪憑きが生まれる呪われた家系で、異性に抱きつかれるとその動物に変身してしまうという秘密を持っています。そんな草摩家の秘密を知っても、彼らを理解し受け入れる透。そんな透の居候生活に、十二支に入っていない猫憑きの夾も乱入してきて…。

本作は「最も売れた少女マンガ」としてギネスにも記録されたほか、テレビアニメ化や国外へも販売された高屋奈月先生の代表作です。

呪われた一族を癒す透の天然キャラが救いに

“十二支の呪い”というおどろおどろしいテーマと、草摩一族たちの美貌に隠された狂気紙一重のキャラクター、といった少女マンガの設定にしてはなかなかの重厚感。でも「異性に抱きつかれると憑いた動物の姿に変身」という可愛いカラクリが物語に軽さを加え、スルスルと読み進められます。主人公の透が草摩家の秘密を知っても怯まず、怖がらず、皆に同じように接する優しさとしなやかさもこのストーリーの肝。猫憑きの夾が雨で体調が悪い時、「猫の姿にお戻りになられまして、私が抱いて返って差し上げましょうか」といった具合でズレズレの対応が草摩家のメンバーのみならず、読み手にも救いになっているようです。

しかし「猫が十二支に加えてもらえなかった」というほのぼのとした昔話が、ここまで壮大な少女マンガのストーリーになるなんて! 作者さんの想像力と構成力にはあっぱれ脱帽です。

2017/03/24 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    大好きです

    ひとつの漫画にここまで心動かされるということは、今までもこれからもこの作品だけだと思いました。
    何年越しだろうと、読む度に何リットル分の涙を流すのかという勢いです。
    透の優しさが周りを包んでいく様が、なぜこんなに愛しく感じさせるのか…
    何回読んでも心洗われる、自分の生き方を見直します。ひとつひとつのセリフや心情に心から考えさせられます。

    透は勿論、どのキャラもそれぞれ大好きですが、個人的に一番愛しくて大好きなのは紅葉です。
    様々な過去や背景を背負うフルバの登場人物の中でも紅葉は、最も早くから大切なものが見えていて、見返りを求めずに人を愛して、透に負けないくらいの優しさと純粋さと、そして強さを持ち合わせていたように思います。
    「バカな旅人」を話すくだりでの紅葉のセリフも大好きです。

    とにかく、このような作品に出会えたことが幸せです。作者様に感謝しかありません。
    ありがとうございました!

  2. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    最後まで読んでください。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    何度も繰り返し読んでます。透の言葉で前向きになれます(≧∀≦)笑いあり感動の場面あり、最後までぜひ読んでほしい作品です(^-^)私のお気に入りは、トラの紀紗と牛の春です。紀紗のいじめで話せない時に透が母親に対してちゃんと気持ちを伝えてるシーンが何度読んでも泣けます(。>ω<。)その後、紀紗が話せるようになって、春と二人で抱き合うシーンも好きです(*´▽`*)
    いじめや、家族や恋人との辛い過去を背負いながらも前向きに進んでいる十二支+夾の猫も好きです(*^^*)ぜひ最後まで読んでくださいm(_ _)m

  3. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    高屋奈月先生の最高傑作

    お話のはじめの頃はコメディ色が強くて、ポップなマンガかなと思っていたけど、コメディを挟みつつシリアスな展開になっていきます。
    主人公の透を取り巻く登場人物は個性的で、面白いのに、心に何かを抱えています。透の優しさに癒されて皆前に進んでいく姿にとても感動します。
    物語の中心は、透(♀)、由希(♂)、夾(♂)ですが、私はこういう組合わせになるんだ〰っていう感じでした。
    長いのでちょっと手を出しづらいかもと思いがちですが、高屋奈月先生の中で一番好きな作品です。

  4. 評価:5.000 5.0

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    大好きな作品です!

    とても人間らしい。
    人がどれだけ醜くてどれだけ美しいか…
    大人になって言葉の意味や登場人物の気持ちがわかりました。
    読み返す度になんか自分を見つめ直せるというか…
    自分は小学生の頃からこの作品を知っていて、好きで読んでいましたが、
    大人の今の方がもっと好きになりました。
    あの頃の自分は理解できてなかったであろうに…それなのにどうやってこの作品を好きになったんだろうか…
    わからなくっても良さを感じられて良かった。
    何度も読み返してます。絶対オススメ!

  5. 評価:5.000 5.0

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    大好きな作品

    私が小学生の時に出会ってからずっと大好きな作品です。

    少女漫画という括りにあり、きちんと恋愛などもありながら、それだけでなく色々な事を考えさせられ、気付かされ、とても感動します。

    少女漫画は苦手だな〜とか、ワンパターンだからな〜といつも少女漫画を遠ざけてしまう人にも是非読んで欲しい作品です。まぁ単行本23冊?とかあるからその分話数がすごいですけど(^^;

    それと、絵の好き嫌いが分かれるかもしれましせん。最初と最後では絵が全然違います!

すべてのレビューを見る(1075件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集

フルーツバスケットに関する記事