へうげもの

あらすじ

群雄割拠、下剋上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。織田信長(おだのぶなが)の家臣・古田左介(ふるたさすけ)。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千宗易(せんのそうえき=利休)から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。生か死か。武か数奇か。それが問題だ!!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/530話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    まだモーニングで連載中かと思いますが、そろそろ佳境のようです。
    歴史好きの方、特に歴史合戦マンガに飽きたけど
    歴史マンガ好きなら損はないと思います。
    ちなみに自分は「慶次雲の彼方に」「キングダム」が好きで信長の野望も好きです^^;
    そういう方なら尚後悔はないかと…

  2. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    織部正様の表情の変化が僕のツボ!

    歴史漫画であって、戦国時代ものにあって、茶の湯を題材にしている。そのうえ利休ではなく古田織部(この漫画を読むまで全然存じ上げませんでした。)このひねくれ加減が面白い!そしてこの作者様は自分の書きたい絵(部分)をこれでもかッ!っという程デフォルメして見せてくれます。そこが僕は大好きです。歴史好きじゃなくても、きっと面白いと思えるはずです。

  3. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    おもしろい!

    まだ途中ですが、びっくりするほど、面白いです!古田織部という人のかもしだす雰囲気が戦国時代という、緊張感をときはなってくれる。死ととなりあわせでも、コミカルで、いさぎよくて、肝が据わってて、これが、へうげもの、って、まさに、そういうことだと、読み進めて初めて意味を知る感じです。歴史に興味がない人でも、充分に楽しめる作品です!

  4. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    乙を極めて

    歴史物が好きな人、信長秀吉家康のあたりが好きな人にはぜひおすすめしたい。
    武将でありながら、独自の価値観をもって茶や陶器の道を極めていくおもしろみがあります。
    死と隣り合わせの日々の中、笑いを忘れない古田氏がいい味出してます。
    長編ですが1話、また1話と購入し気付いたら全部読んでしまいました。
    続きが待ち遠しい。

  5. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    最初は、変な名前だなーと思って

    最初は、変な名前だなーと思って、題名に惹かれて購入。

    思いのほか面白かったです。
    有名な歴史上の人物が出てくるので、どこから現実かわからなくもなりますが、そういう漫画だと思えば、ほかの漫画より設定が面白いと思います。

すべてのレビューを見る(29件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

へうげものに関する記事