プラネテス

あらすじ

2070年代、人間は地球圏を月面にまでようやく押し広げていた。夢とエゴに満ちた航宙士志望の青年・星野八郎太(通称ハチマキ)の成長を軸に描く、「惑う人々(プラネテス)」たちの物語。「SF」を一段階進めた大傑作。2002年度星雲賞コミック部門受賞。2003年にはNHKでアニメ放送開始。そのアニメも2005年度星雲賞メディア部門受賞。同賞の原作・アニメのW受賞は『風の谷のナウシカ』以来だと評判になった。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/63話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    面白いです。

    この話に出てくるキャラクターたちはバラ色とは言えない宇宙空間で、エネルギッシュに生きていて読んでいて楽しかったです。

    ただ、この作者の主人公は突然毒が抜けて悟りを開いた高僧のようになってしまうんですよね。
    ここは好みが別れそうなところです。

  2. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    衝撃デビューからの連載、
    技術の高い作画とストーリー構成に
    夢中になりました。

    個人的にはハチマキには尖ったままで
    いて欲しかった気もしますが、
    愛ちゃんによって「愛」に目覚めて行くのも
    ありかなと。

    物静かだけど亡くなった妻への
    熱い愛情を持つユーリ。
    地上に残した家族への思いを胸に
    ぶっ飛ぶフィねーさん。
    飄々としたクソ親父は超愛妻家で良き父ちゃん。
    冷酷さが実は人類への愛につながっていた
    天才科学者。

    宇宙を舞台に壮大な愛に満ち溢れた作品です。

  3. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    コミック手元にあるのに

    こっちでもチョット読んじゃった。
    奥の方からググッと込み上げる熱い気持ちが、ジワジワ感動させる。
    そんな感じの作品。
    愛する人や家族への思いとか、幸せ、自由、信念、正義、葛藤、苦悩
    などなど
    見えているようで見えないもの
    カタチないものへ
    いま一度向き合う気持ちになれる作品なんです。

    一度読んで終わり、じゃなく
    また読みたくなるマンガなんです。

  4. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    ワクワクして、少しコワイ!?

    生きているうちに、こんな
    世界がやってくるんでしょうか?

    なんだか、ワクワクします。

    でも、それと同時にコワイような・・・

    不思議な気持ちになります。

    まさに、「近未来を疑似体験している」
    そんな感覚にさせてくれる作品です!

  5. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    面白いです

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ユーモラスでありながら、宇宙に関する知識がリアルな物語の感覚を生んでいて、最初はもっとシリアスなマンガかと思っていたのが、よい意味で裏切られました。

すべてのレビューを見る(20件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

プラネテスに関する記事