九条の大罪

あらすじ

国民的ダークヒーロー漫画『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平、最新作! なぜか厄介な案件ばかりを引き受ける弁護士・九条間人(くじょうたいざ)。鼻炎持ちのバツイチで、ビルの屋上でテント生活をしている偏屈な弁護士だ。主な顧客は、半グレ、ヤクザ、前科持ちなど、きな臭い人だらけ!? ネットでは悪徳弁護士と罵られながらも、イソ弁の烏丸(からすま)と共に、依頼人の擁護に務める。ある日、飲酒して轢き逃げをした半グレが、先輩の壬生に連れられて、九条のもとを訪ねる。そこで九条が授けた策は、弁護士にはあるまじき教唆で――!? 交通事故ひとつですら、常識がひっくり返る。知ってるだけで、人生が変わる。神か悪魔か弁護士・九条! 法とモラルの極限ドラマ、ここに開幕!

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    第1審 片足の値段 -1
    50pt
  3. 002話
    第1審 片足の値段 -2
    50pt
  4. 003話
    第1審 片足の値段 -3
    50pt
  5. 004話
    第2審 弱者の一分① -1
    50pt
  6. 005話
    第2審 弱者の一分① -2
    50pt
  7. 006話
    第3審 弱者の一分②
    50pt
  8. 007話
    第4審 弱者の一分③
    50pt
  9. 008話
    第5審 弱者の一分④
    50pt
  10. 009話
    第6審 弱者の一分⑤
    50pt
  11. 010話
    第7審 弱者の一分⑥
    50pt
/11話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by roka

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    細部と、哲学と

    「闇金ウシジマくん」が終わってしまい、ファンであった私はちょっとしたウシジマくんロスに陥っていたが、その穴を埋めるような快作がスタートして、胸が躍った。

    いささか語弊はあるが、「悪徳弁護士が主人公の闇金ウシジマくん」とイメージしてもらって構わないかと思う。

    「闇金ウシジマくん」でもそうだったが、作品の骨子を支えるのは、裏社会の圧倒的なディテールである。
    この作者は、マジで取材の鬼だと思う。
    もちろん、私たちの多くは裏社会の実情に詳しくないし、現実がこの漫画のとおりなのかはわからない、というか、多分、そんなわけはなくて、いくぶん漫画的な誇張やデフォルメはあるのだろう。
    しかし、一般読者としては「うわ、マジでこんなことありそう。知らんけど」と思うしかない、そういうレベルのリアリティーを、脚色を含めて作品の中に構築するのが、この作者は非常に上手い。

    以前、「闇金ウシジマくん」のレビューの中で、「子どもですら単純な勧善懲悪なんか信じない時代に、ウシジマくんがヒーローになり得たのは、明確な哲学を持っているからだ」という意味のことを書いたが、その点は、本作の主人公である九条も全く同じだ。
    「私は依頼人を貴賤や善悪で選別しない」
    「法律の世話はできるが、人生の面倒は見られない」
    世間一般の倫理観からは外れているが、九条はあくまで自分の哲学を守って生きている。
    九条の横顔にウシジマくんの姿がだぶって、私はちょっと感動してしまった。
    この感慨は、「闇金ウシジマくん」を最後まで読んだファンなら、わかってくれるのではないかと思う。

    また、相変わらず、ダークでありなら、きっちりエンターテイメントとして成立させる手腕も素晴らしい。

    ウシジマくんなき時代に、新たなダークヒーローの誕生を告げる、期待度抜群の作品。
    ウシジマくんファンは、必読である。

  2. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    出た出た

    出た出た🎵真鍋先生の新作🎵
    まだ少ししか読んでないけどやっぱり期待通り関わりたくない世の中をリアルに描いてくれてます。

  3. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    1〜3話。地獄の沙汰もカネ次第

    ネタバレありのレビューです。表示する

    1〜3話。読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    試し読みに出たあの凶悪犯、


    車屋のつてで、九条弁護士を紹介されます。

    九条はとても頭の回転の良いキレ者。


    執行猶予を勝ち取りました(!)


    遺族は弁護士を立てて無かったので、賠償金も言い値の二束三文。


    道徳上許し難い事でも、依頼者を擁護するのが弁護士の使命だ。


    3話おわり。


    感想。依頼者からしたら、ホント頼もしい弁護士。あいつ実刑10年はくだらん状態だったのに、

    禁固1年8ヶ月執行猶予3年(!)ですからね。

    被害者の過失の真相は正直藪の中ですが、、


    何だかなぁ、、


    私は、離婚調停しましたが、

    あれバカバカしいですね。どうせ妻が勝つ。

    相場、決まってるんだったら、

    別に司法なんかいらんじゃん。


    勝とうと思ったら結局大金積んで、探偵使うなり何なりと、の世界。


    作品中の遺族の妻のあの鬼の形相が忘れられない。
    息子、あんなにされて、理不尽な仕打ち、


    負けたら、司法なんか信じられんよ。

    結局、カネ。

    一つ言えるのは、気が合いそうな弁護士が良いよ。どうせ負け戦なら、ざっくばらんに話せる弁護士が良いですね。

    離婚調停レベルだからこんな事が言えるのかもしれないけど、、


    弁護士漫画としては、かなり読み応えがあります。☆5つですが、

    私は、これ以上読むのは、しんどくなったので、ここでギブアップ。

  4. 評価:4.000 4.0
    by GRAY

    このレビューへの投票はまだありません。

    世の中は不条理

    金さえあればいい弁護士を雇って、とんでもない罪も大したことのない罪になってしまうことも可能
    知らなかった「法」の隙間を縫っていろんなことができるんだろな
    悪徳と言われようが、金と頭のあるものの勝ちなのか。
    嫌な世の中の嫌な流れに逆らって、実際は無理なのかもしれなくても、
    バッサリときりすててスッキリできたらいいなあ

  5. 評価:3.000 3.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    当たりの予感

    なんか序盤だけでも面白そうなオーラぷんぷんの内容で次から次に気になる作品です。スピード感もよくて読み応え満点の漫画です。

すべてのレビューを見る(12件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>