堕ちる

あらすじ

美人検察官のもう一つの顔は売春婦。そして彼女は殺された…!大学生まで、実の父親と禁断の関係を続けていた正美。愛する者との永遠の別れは、ある日突然訪れた。全てを知りながら、自身も隠れて不倫を続けていた母はお互いの秘密を墓場まで持っていくことを提案し、娘と決別した。父の影を追い、同じ検察官への道を志す正美だったが、日々心の疼きを鎮まらない。「お父さんとシタい…」いてもたってもいられず、立ちんぼが客引きするラブホ街に足を向ける。頭の中を法律の条文が巡る中、母親の言葉が頭に浮かんだ。「バレなきゃ大丈夫なんだから…」

  1. まとめ買い

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント0
    好きな人-1
    50pt
  3. 002話 コメント0
    好きな人-2
    50pt
  4. 003話 コメント0
    好きな人-3
    50pt
  5. 004話 コメント0
    バレなきゃ大丈夫-1
    50pt
  6. 005話 コメント0
    バレなきゃ大丈夫-2
    50pt
  7. 006話 コメント0
    バレなきゃ大丈夫-3
    50pt
  8. 007話 コメント0
    疼き-1
    50pt
  9. 008話 コメント0
    疼き-2
    50pt
  10. 009話 コメント0
    疼き-3
    50pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:1.000 1.0

    杜撰な闇

    おそらく東電OL殺_人事件を下敷きにしているのだろう。
    「エリート検察官がなぜ?」というつかみはなかなか吸引力があったし、それに引っ張られて最後まで読んでしまった。

    しかし、その「なぜ」に対する答えが、あまりに杜撰すぎる。
    歪んだ親子関係も、制御できない性欲も、あまりに浅薄で、何となくセンセーショナルでヤバそうな題材を並べただけであり、何のリアリティーも説得力も迫力もない。
    こんなもので人間の「闇」を描いているとでも言うのなら、はっきり言って、ちゃんちゃらおかしい。

    闇を描くには、覚悟が要る。
    ニーチェが言ったように、私たちが深淵を覗き込むとき、深淵もまた、私たちを覗き込んでいるからだ。
    その覚悟もないまま、深淵の表面だけをなぞって、人間の暗部を語るような作品が、私は嫌いである。

    たとえ漫画の中であろうと、あまり人間をなめてはいけない。
    彼らの、あるいは私たちの抱える闇は、こんなに浅くない。

    by roka
    • 60
  2. 評価:5.000 5.0

    真実が明かされることはない

    ネタバレ レビューを表示する

    全ては父親の虐待のせいだと思う。
    同意であっても、そうなるように仕向けたのは父親。
    逃げられないように、断れないように、
    それはまるで正しいことで、
    反論することがおかしいかのように
    持っていくのがマインドコントロールなんだと思います。
    母親が犠牲者であり加害者。
    ネグレクトだと思う。
    娘と夫が喜んで自分に背いていたのかと思うとゾッとする。
    声を上げたとしても、マインドコントロール中の娘に逆恨みされていたようにも思う。
    でも、こんな結末から逃れられたような。

    最後に、検察官は全てこういう人たちではありません。
    これは書物であり、皆さん、正義感に溢れる真面目な人たちです。

    • 26
  3. 評価:3.000 3.0

    なくはない話だけれど

    ネタバレ レビューを表示する

    設定の詰めが甘いかなぁ?説明不足と言えばいいのか。近親〇〇になった経緯がないので、主人公がそこまで父親を求めて疼くっていう説得力が弱い。母親の方はあれでいいと思います。親子でなく女同士という立場になってしまったら、気持ち悪い同居人には出て行ってもらいたいでしょうから。で、売〇しなくてはいられないほど父親を求めていたと読者を納得させるには、近親〇〇になった経緯をもう少し丁寧に描いて欲しかった。高校時代の話はもっと端折って、中学時代の、そうなった経緯を描いてくれたら、納得のいくストーリーになったろうに、残念です。

    • 23
  4. 評価:3.000 3.0

    うー…

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公は頭脳的には優れてるだけに、こう言うタイプの子は母親でも修正難しい気がする。
    母親もその事が原因で不倫に走ったのか、もともと家庭が破綻してて「お互い様よね」って言い訳にしてるのか。

    何が先に起きてて、何の原因になったのかたまごにわとり状態だから大事な所をすっきりするために子供あたりから断片的でいいから説明が欲しかった。

    それによって母親、娘の悪質割合がだいぶ変わる気がする。

    ただ娘はもともとだいぶ極端な性格の持ち主かと…。思考回路に人間性が欠けてる。
    だいぶ早熟タイプで勉強勉強と表では見せていてもそれは都合が良いから。本来は女女女って感じの煩悩のかたまりですね。
    煩悩はみんなあるし、大いに持ってもいいものだと思いますけど、そこにきてそれにいい感じでラインを引くのが他者を思う心とか、人間性だと思うのですが、主人公はそれが育ってない人間だから大変な事に。

    犯罪者的思考の人ですよ。

    父親はどう転んでも弁解しようの無い、とんでもない屑です。屑と言うのもゴミ屑に申し訳無いほどの屑。

    登場人物みんな病気かサイコパス。


    昼ドラ好きな方はヒートアップできそうなのでおすすめです。

    by もぐ*
    • 22
  5. 評価:3.000 3.0

    彼女にとっては

    ネタバレ レビューを表示する

    父親と母親に問題があるせいで、子どもが歪んでしまったようにしか見えない。父親への愛情の持ち方がおかしい娘なのは確かだが、お母さん、そこは母親としてやるべき対応があったのではないかと。さっさっと不倫して、父親の死後娘を追い出すって、ヒドい。主人公である娘は、夢を叶えて検察官になり、若くして亡くなってはしまうが、本人的には、希望を持ちながら亡くなっている。どん底で亡くなったわけではないので、ある意味幸せ。とはいえ、彼女のことを愛していた周りの人間はかわいそうだな。あとラストに出てきた検察官、犯罪をおかして逃げおおせると思うな。刑事さん、必ず捕まえて罪を償わせてくれと、強く思った。

    by 匿名希望
    • 9

すべてのレビューを見る(566件)

関連する作品

Loading

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

おすすめ特集

>