マトリズム

マトリズム
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

誰もがみんな、“あちら側”に墜ちる可能性がある。 覚醒剤、大麻、MDMA… 一度薬物の餌食になった人間は、決して引き返せない道を往く。 あらゆる薬物犯罪を、追って暴いて捕まえる二匹の猟犬。 彼等の職業は麻薬取締官、通称「マトリ」。 草壁と冴貴、二人の捜査を通じて現代社会の深き闇を抉り出す! 衝撃の薬物犯罪ドキュメントが登場!!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/69話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by roka

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    クスリのない人生

    作品の最初の方は、そこまで特別なリアリティーを感じず、首を捻った。
    言い方は悪いが「報道番組程度のリアリティー」であって、多くの読者が「知っている」範囲の情報の量と質なのではないか、と思ったのだった。

    しかし、読み進めるうちに、見方が変わった。
    この漫画の強みは、「単発」のリアリティーのインパクトではなくて、むしろその「積み重ね」にあるのではないか、と感じた。
    つまり、クスリを巡る様々な人々のリアリティーの、多様さである。
    大学生、主婦、フリーター、教師…色々な社会的立場にある人間たちが、どうやって道を踏み外していったのか。
    そこにあるのは、クスリの危険性や恐怖の問題だけではなく、日々の中で、人がいかに迷い、悩み、苦しみ、悪魔と手を繋ぐに至るのか、という人生の落とし穴の様々な形であって、それを多彩に描き分ける取材量と力量には、感心させられた。
    この漫画で描かれた全ての落とし穴と絶対に無縁で生きられる、と断言できる読者は、おそらく、あまりいないのではないか。

    個人的には、教師の話と、漫画アシスタントの話が好きだ。
    この二つのエピソードを読んで、作品の見方がまた変わった。
    この漫画は、ただ「クスリによって破綻した人生を描く」だけではなく、「クスリのない人生をどう生きるか」ということにも、きちんと向き合っているのだった。

    そこには、当然なら、唯一絶対の答えはない。
    何にもすがらず生きるには、ときに人生は、あまりにハードモードかもしれない。
    ただ私は、この漫画を読んで、クスリに頼らず生きる人生の方が、少しだけ、美しいような気がした。
    それは作品の意図に誘導された、ガキっぽい感想である。
    だが、読者がそう感じ得る作品であるというだけで、クスリを扱った漫画としては、既に成功しているのではなかろうか。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    良かったー

    ネタバレありのレビューです。表示する

    薬には縁が全く無く、最初はぼんやり読んでいましたが…ハマりますね!

    薬の副作用とか今まで知らなかった事がいっぱいわかった気がします。

    でもこれを読んで思ったのが、生きている人間の全ての人が薬にハマってしまう可能性があるという事。

    弱い人やストレスを抱えている人が
    つい、逃げ場にしたり、魔が差したり…
    決して他人事ではないという怖さを知りました。
    新しい話が出るのが楽しみです。

  3. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    絵は下手で、好きではないです。
    内容は、面白いです。
    警察24時みたいな感じが好きな方は、ハマると思います。

    普通に生きていて、薬物なんて縁のない世界に生きているつもりだったのに、ふとした瞬間に足を突っ込んでいる。と言うことが、実際にあるんだろうなと思いました。

    ちょっとした好奇心、疲れ、現実逃避など、身を滅ぼす原因になりえるんですね。

    自分は絶対に大丈夫!と思っていますが、電車で隣に座った人がやっていないとは限らない、怖い世の中なんだと身震いさえしました。

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    今話題の

    芸能人界隈で、話題のアレですね。理由はなんであれ国が駄目って決めてるので手を出す訳もないですけど。そりゃ飲み物に砕いて混ぜられたりしたら見抜きようないですがあくまでこちらの意思ではないし。話逸れましたが個人的にマトリの裏では黙々と疑わしき人物を徹底的にかつ知られる事無く追い詰めてる姿好きなんですがこのマトリはちょっと横暴すぎるのであんま好みじゃないかな。

  5. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    なんだか

    ネタバレありのレビューです。表示する

    リアルにある事なんだろうな〜って感じです。

    主人公のマトリコンビの行動はちょっとありえないけれど、薬物にハマる最初の最初は人それぞれでリアル。
    最初の有名校の大学生・小宇宙くん。わざわざDQNネームにする意味は無いかなとは思ったけど、売人やってて『クスリやるやつと俺たちは別』なんて考えちゃうアホさはDQNそのもの。

    まだ数話しか読んでませんが、売人が売人になったきっかけから捕まるまでの所があるなら読んでみたいです。

すべてのレビューを見る(109件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集