凪のお暇 - コナリミサト | 女性漫画

凪のお暇

凪のお暇
  • 縦スクロール可

作品情報

作者
コナリミサト
ジャンル
女性漫画
タグ
アラサー 日常 不器用 ニート 人間ドラマ ラブコメ
配信話数
50話まで配信中(50pt / 話)

”25話#十二円め”及び”37話#十八円め”には「めちゃコミック」限定購入者特典イラスト付き!

あらすじ

場の空気を読みすぎて、他人にあわせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪、28歳。仕事もやめて引っ越して、彼氏からも逃げ出したけど…。元手100万、人生リセットコメディ!!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
(無料配信中の話はどなたでも読むことができます)
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/50話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    400人の方が「参考になった」と投票しています。

    やめられない止まらない

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:5.000 5.0
    by roka

    200人の方が「参考になった」と投票しています。

    空気を読む私たち

    「KY」が流行語になったのは2007年だった。
    その頃からだ、世の中で「空気読めよ」とやたら言われ出したのは。
    ただ、そんな流行語が出来るはるか昔から、「空気を読む」文化は日本では当たり前のものだった。
    どんな文化にもいい面と悪い面があるが、「空気を読む」社会の無言の同調圧力みたいなものに、息苦しさを感じている人は多いだろうと思う。
    だから、凪が共感を呼ぶ。
    私もそうで、凪とはまるで違う人間なのに、非常に共感を持った。
    これは漫画としてすごいことだと思う。
    キャラクター個人の問題を超えて、時代とか社会とかを切り取るのに成功した、ということだから。

    でも、難しい。
    「空気を読むことより大事なことがある」という気づきは素晴らしいけれど、読まなくてはいけない空気の外の世界で、より大事な何かのために生きるのは、簡単じゃない。
    そもそも、その「大事な何か」がよくわからなかったりして。
    そんな、厳しい戦いの物語として私は読んだ。
    本気で凪を応援したくなった。
    中島みゆきの「ファイト」でも歌ってやりたくなった。
    「戦う君の歌を、戦わない奴らが笑うだろう。ファイト!」って。

    そして、我聞の位置づけが素晴らしい。
    駄目な男と思いつつ、私は我聞も応援したくてしょうがない。
    彼はある意味、空気を読む達人だ。
    その才能が、彼を営業部のエースにした。
    でも、一番大切な人の空気、読めてないやんけ、と。
    だから、駄目男。
    そうなんだけど、多分、我聞にとっては、唯一、凪だけが、空気を読まなくていい相手だったのではなかろうか。
    その甘えは、駄目だけれど、もう一度、チャンスを与えてやれないか、と。
    そういう意味では、空気を読むことをやめた女と、空気を読め過ぎるくせに一番大事な空気が読めなかった男の、すれ違いの恋物語でもある。

    あー、二人とも、何か、すげー幸せになってほしい。
    漫画を読んで本気でそんなふうに思ったことは、私にはあまりない。

  3. 評価:5.000 5.0

    262人の方が「参考になった」と投票しています。

    低評価の方は…

    私はこの作品大好きです。
    主人公の気持ちがなんとなくわかるといったところでしょうか?
    八方美人やってる方がなにかと楽だけど、
    自分を騙し騙しやってるけど何か"きっかけ"があると全部崩壊しちゃう。
    疲れちゃう。

    作中に出てくる知恵や料理なども是非真似したいと思うし、
    もしゃもしゃの凪ちゃんが可愛くて大好き!

    低評価の方のレビューを読ませて頂いて思ったのは、
    主人公への苛立ちが多かった。
    「ちゃんとしろよ!」とか「自分が悪い!」とか。

    主人公だって言えるもんなら言いたいんですよ。
    でも波風立てたくないから、言ってどうにかなったら怖いから言えなんだよなぁ。
    「こんなんじゃダメだよな…」って
    自分でも気づいてるんですよみなさんw

    そうゆうお話ですよ。

    婚活パーティーの件で文句言ってる人多いみたいですが、
    あれは主人公の進歩でしょう。

    言いたい事言えって言ったり
    言ったら言ったで傲慢だって言ったり…
    世の中しんどいね。

    主人公を嫌っている方は
    普段も自分の価値観を押し付けている傲慢な方が多いのだろうなと思ってしまいますね。

    そういう人と諍いを起こしたくないがために"空気"を読んでしんどくなっちゃった主人公なんですよきっと。
    だからそうゆう人には主人公の気持ちはわからないんですよね。きっとね。

    言いたい事をはっきり言えるのは結構。
    でもね、言われた人の気持ちとか状況とか
    そうゆうの考えられない人は尊敬出来ない。

    これも私の価値観で、
    傲慢なのかもしれないけどね。

    人は誰しも傲慢なのではないでしょうか?

  4. 評価:5.000 5.0

    107人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白いし参考になります

    ちょいちょい出てくる節約術はとても参考になるし、それぞれの人の心理描写も細かくて感情移入しやすいです。

    広告で何度か見て気になる作品でしたが、正直、絵がタイプではなかったので購入まで至らなかったのですが…無料でなんとなく読んだら止まらなくなってしまいました~。
    主人公がウジウジしててたまにイラつきますが、なぜイラついてしまうかって、自分が見ないようにしている嫌いな自分自身そのものだから。だから余計に幸せになってほしい。切実に!そしたら、自分も少しはむくわれる気がする…。
    元彼も、はじめは調子いい男だなー、断捨離して正解だよーとか思ってましたが、読み進めていくうちに、色々わかってきて、本当は凄く不器用なんだと思いました。
    がんばれ!慎二!主人公を幸せにできるのはお前しかいないー!!
    と、全配信読破後(37話)叫びたくなりました(笑)

    他の方も書いていましたが、これは、是非ドラマでも映画でもいいから実写化してほしい作品です!

  5. 評価:5.000 5.0

    59人の方が「参考になった」と投票しています。

    これは…!

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(8058件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

凪のお暇に関する記事