性感線 ベッドで友達は男になった - 小田三月,ikak | 女性漫画

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:性感線 ベッドで友達は男になったの詳細

性感線 ベッドで友達は男になった

セイカンセン ベッドデトモダチハオトコニナッタ

作者
小田三月 ikak
雑誌
motto!いけない愛恋
ジャンル
女性漫画
タグ
独占先行(一般) 片思い 不器用 アラサー 働く女子 恋愛

性感線 ベッドで友達は男になったのあらすじ

「服は男が脱がすものだ」ベッドに押し倒され、初めて見る友達の“男”の顔。ただの男と女になるセックスは息も出来ないほどに熱くて…。星野雫は中堅出版社の落ちこぼれ雑誌編集者。一方、高校の時からの友達で社会人になっても月イチでサシ飲みしている雨宮春は大手新聞社の有能な事件記者。13年前「おまえは大事な友達」と春に言われ、好きな気持ちをずっと封印してきた雫。でも30歳になり恋愛も仕事も上手くいかず焦る日々。そんな時、いつもクールでしっかりしている彼の様子が何故かおかしい。突然、熱っぽく彼に手を取られ…その瞬間、雫はもう『友達』ではいられなかった。一線を越えた時、この関係は崩れてしまうのか――?

性感線 ベッドで友達は男になったのレビュー

  1. 評価:1.000 1.0

    26人の方が「参考になった」と投票しています。

    うーん

    男友達と男女の関係になってしまい、中堅のポジションなのに大事な仕事をちゃんとしないですっぽかす。彼の台詞がイケメンすぎるとあるが、奥さんいるのに女友達と関係もつ時点でイケメンも何もなくお互いクズだと思う。

    お互い好意を持ってたという事だと思うが、彼は他の女と結婚して、彼女はずっと彼が好きで…そんな状態で友達関係。自分の気持ちを抑えて付き合ってきたとはいえ中々辛い状態…なのに友達関係で、度々あったり…普通に考えてもムリだわ。

    絵が、本当に矢沢あいに似すぎている。

  2. 評価:1.000 1.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    誰にも共感できない…

    最新話まで買って読んだものの、

    登場人物の心の動きや行動が、
    わたしにとってはなんというか
    不自然というか
    下手な脚本と役者の舞台を
    見せられているみたいで
    まるで入り込めなかった。

    絵も線が硬く、男女とも
    身体も異様に細かったり、
    目が宇宙人のように黒々と大きく
    気持ち悪くて好きになれない。

  3. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    確かに!

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  5. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    似てるなんてもんじゃない

    表紙からは感じなかったのに、内容を読むとある作家さんに激似。リスペクトするのはいいけど、それプラス自分なりってのをだせなかったんでしょうか…顔だけじゃなく、骨格?私は特に「手」が好きなのでそこまで似ててガッカリしました。話は他の方も書いてるようにまったく入ってきません。無料だからしか読めない…。

すべてのレビューを見る(1025件)

性感線 ベッドで友達は男になったをスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank