うなぎ鬼 - 落合裕介,高田侑 | 青年漫画

うなぎ鬼

あらすじ

借金に苦しんでいた倉見勝は千脇に拾われ裏稼業に励むことに。勝に課せられた任務は重さが50~60キロのコンテナをマルヨシ水産に運ぶというものだった。コンテナの中身とは一体…サイコホラー!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/48話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

うなぎ鬼 のスタッフレビュー

おーじ

もつ鍋の中から出てきたものは!? 戦慄のヒューマン・サスペンス

裏社会で重宝される、うなぎ養殖場の実態とは?

主人公・倉見勝は、強面でガタイがよいけれど、実は小心者の借金回収人。競艇漬けの日々で負った借金で首が回らなくなっていたところを、借金取り立て会社の社長・千脇に拾われた身です。自分を救ってくれた千脇に恩義を感じながら、同僚・富田と共に業務に勤しんでいました。

そんなある日、千脇から新たな仕事を任されます。それは、黒牟(クロム)と呼ばれる不気味な街での運び屋の仕事。得体のしれない中身の入った箱を、うなぎの養殖・加工会社のマルヨシ水産に1回運ぶだけで、なんと手当は15万円! いったいその箱の中身とは…? そして、不穏によぎる「うなぎってのはタンパク質ならなんでも喰っちまうんだそうだ…… なんでもだぜ 」という言葉の意味とは?

同名ミステリーホラー小説が原作。人間の闇を如実に描いた、衝撃の問題作です。

深まる謎と恐怖…その結末に仰天必至!

黒牟に足を踏み入れるようになってから、ドン底だった倉見の人生はさらに転落していきます。そして、奇妙な出来事を次々と体験するように…。マルヨシ水産が卸しを担っている店で食べたもつ鍋の中から、あるものが見つかるシーン は、あなたもゾっとしてしまうこと間違いなし。

殺してしまったはずの女性からメールが届いたことで、倉見にさらなる恐怖が訪れます。謎の失踪事件も起き、手に汗握る怒涛の展開です。ドロドロの人間模様が描かれる本作、誰しもが怪しく見えてきます。エグい描写が満載なので、心して読みかかるように!

2017/01/17 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    一気に読みました

    最終話の後がどうなるか気になりすぎて、☆4にしました。引き付ける魅力のある、作品です!
    おすすめします!

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    スリリングな展開

    スリリングな展開で、回を追っていくうちにドキドキが止まらなくなります。まだ最終話までは見れていませんが、これから楽しみです。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    時々、思い通り
    時々、どんでん返し
    おもしろい!

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    ドキドキする(笑)

    次は?次は?と、どんどんと読みたくなる内容です。
    そして続きが読みたくて、月額では足りなかったので課金してしまいました(笑)

  5. 評価:5.000 5.0
    by roka

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    何が怖いのか

    「人間が一番怖い」なんて、大体みんな知っている。
    ただ私は、この作品に出てくるどの登場人物よりも、黒牟という街が怖かった。
    「怖い場所」が出てくる映画や漫画はたくさん観たり読んだりした。
    その中で本作の黒牟が一番だ、とは言わない。
    けれど、黒牟は、私が今まで色々な作品で触れた、どんな怖い場所とも明確に違っていた。
    その一点だけでも、素晴らしいと思った。

すべてのレビューを見る(129件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集