モリのアサガオ番外編

モリのアサガオ番外編
  • 縦スクロール可

作品情報

作者
郷田マモラ
雑誌
漫画アクション
ジャンル
青年漫画
出版社
双葉社
タグ
人間ドラマ

本作品は2019年1月31日(木)をもって配信を停止させて頂きます。
※既にご購入いただいている場合に限り、無期限で閲覧が可能です。

あらすじ

新人刑務官・及川直樹と、死刑囚・渡瀬満の禁断の友情を通じ、死刑制度の問題点を突き、平成19年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞! 2010年10月よりテレビ東京系列にて連続テレビドラマが放送中の『モリのアサガオ』の番外編。この物語は、死刑囚・渡瀬満が刑務官・及川直樹に心を開き、渡瀬が直樹の手によって処刑されるまでの歳月を丁寧に描いた番外編です。

この作品のシリーズ一覧(0件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/17話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    考えさせられる作品

    ネタバレありのレビューです。表示する

    モリのアサガオという作品の番外編。先にモリのアサガオを読んだ方がいいです。
    刑務官の直樹と死/刑/が確定している確定囚達との物語。私個人は確定囚=極悪人で刑の執行早くなんて思っていたタイプですが、モリのアサガオとこの番外編を読んで、確定囚と一口に言っても、心から反省している人もいれば、反省してない人、反省してないように見えて実は怯えている人。。。いろんな人がいるのだろうなと考えさせられました。
    直樹のまっすぐな心が響いて反省していった確定囚達は、罪をおかす前に直樹のように向き合える存在がいたら、森に来ることもなかったのだろうな。
    家族、友人、恋人、どんな立場であれお互い大切に思えるような相手がいることというのも悲しい罪を生まないための大事な要素なのかもと考えさせられました。

  2. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    知らない世界

    とにかく、知らない世界に興味があって、先にモリのアサガオを読みました。
    囚人達がどのような生活を送り、ある人は悟りを開きある人は生への執着をみせて最後を迎える。

    心から反省した囚人の執行は警察の方も心が痛むと思う

  3. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    絵は怖いけど

    絵は怖いけど、お話にすごく合ってる。
    お話も重いテーマを扱っている。
    私怨ではなく罰する役目だから罰している人と、重罪を犯し死を突きつけられてやっと事の重大さがわかる人。
    心情が丁寧に書いてある。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    人間性と作品は、別。

    郷田マモラ氏のやったことを擁護する気は毛頭ないが、モリのアサガオも、サマヨイザクラもそしてきらきらひかるも名作。この絵柄で、あんなシリアスに読ませるなんて、見事と言うしかない。彼の復帰を、望む。

  5. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    重いですが、良いです、

    モリのアサガオのスピンオフというか、各話を掘り下げたお話です。
    登場人物の苦悩や、苦しみ、そして本の少し本の少しの救いが感じられます。
    モリのアサガオにはまった人には、とてもオススメです。

すべてのレビューを見る(15件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集