頭文字D

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. ヤングマガジン
  4. 頭文字D

あらすじ

群馬県の県立高校に通う拓海(たくみ)は車についての知識なんてほとんどない普通のとうふ屋の息子。ある日、拓海は親友の樹(イツキ)と共に、バイト先の先輩である池谷(いけたに)の走り屋チーム・秋名スピードスターズの走りを見に行くことに……。するとそこに赤城最速といわれる高橋兄弟が率いるチーム・赤城レッドサンズが現れ、秋名スピードスターズに挑戦を申し込んできた!! 地元で負けるわけにはいかないと燃える池谷だったが……!?

まとめ買い 最大100話を同時購入できます(詳細
001話
Vol.1 ハチロク買おーぜ(1)
50pt
002話
Vol.1 ハチロク買おーぜ(2)
50pt
003話
Vol.2 最速!! ロータリー・ブラザース
55pt
004話
Vol.3 究極のとうふ屋ドリフト
50pt
005話
Vol.4 池谷の悲壮な決意!!
55pt
006話
Vol.5 リベンジ宣言!! 吠える13Bターボ
55pt
007話
Vol.6 なつきの秘密・・!?
55pt
008話
Vol.7 無残! 池谷クラッシュ!!
60pt
009話
Vol.8 交流戦突入!!
60pt
010話
Vol.9 聞け!! 4A-Gの雄叫びを
50pt
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大100話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/730話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    熱くなる

    車のことは正直全然わからないのですがはまってコミックを読んでいました。

    主人公が敵と戦ってどんどんレベルアップして強くなってまた新たな敵が…という少年漫画の王道パターンなのですが、なにせ舞台が群馬の峠。
    ライバル達の居城もどこぞの田舎の峠。それがサッカーチームのような横文字の名前をつけ徒党を組んで他所の峠へ試合を申込みに行くという筋書きです。
    その青臭さが新鮮で良かったです。

    走りのシーンには緊迫感があって、マシンとの対話や相手との駆引きなどは手に汗を握って読んでいました。
    いつもポーカーフェイスで何事にも反応が薄い主人公が走りの最中に見せるジワジワとしたアツさがよいです。

    最後に、主人公が中学生の頃から毎日運転している(無免許でしかも商業車)ってダメじゃん!そこは声を大にして突っ込ませて頂きます。

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    キャラが魅力的

    ネタバレありのレビューです。表示する

    車には興味のない、私だけど、キャラと車がセットで登場するため、ストーリーにすんなり、入りやすかったです。

    主人公よりバトルの相手が年上というのも、面白いです。バトル前後の会話、バトル中、相手の運転に対してのリアクション、よく考えられていて、ぐっと引き込まれます。

    公道バトルなので、好き嫌い分かれるかもしれませんが、一対一の話が好きな方に、オススメしたい作品です。

  3. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白い‼︎
    車に興味ない人でも楽しく読めます‼︎

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    こちらの作品は一目惚れした車を運転したくて免許を取ったものの、実際に運転をするのが怖くなり、初心者マークが取れる頃に出会いました。
    作品を読んでいて、このままではいつまでも乗れないままになってしまうし、運転は怖い気持ちは忘れずにマナーを守って楽しく…と思わせてくれました。
    と同時に運転の仕方も多祥なりとも影響を受けたせいか、どうやったら自分にとっても理想で車が綺麗に見える様なライン取りをするかをためしていました。
    それは現在の運転にも繋がっています。

    それと父親実家があり、とても縁の深い場所や亡き祖父母達との思い出が沢山ある場所を忠実に描いてくださって事が非常に有難いばかりでした。
    当時はまだこの様な形で読めた訳では無く、一冊づつ古本屋さんで探し回りコツコツと揃えたものでした。

    あれから約20年経ちました。
    たまたまこちらで見つけて読んだ時の懐かしさ、それといつの間にか終わっていた事を知りました。
    折角、先生が忠実に書いて下さった峠を次に帰った時には自分で運転をしようと思っています。

  5. 評価:4.000 4.0

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    車好きでなくとも車が好きになる

    車に興味なくても、車好きにさせる力のある漫画です。展開的には敵がかわるがわる出てきてバトルをするという王道な感じ。爽快感あります。ただ、登場するキャラクターが個性的で面白い。

すべてのレビューを見る(240件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>