天は赤い河のほとり

  1. めちゃコミック
  2. 少女漫画
  3. Sho-Comi
  4. 天は赤い河のほとり

あらすじ

夕梨(ゆうり)は中3の普通の女の子。ところがある日、水の中から出てきた “手”によって、古代ヒッタイト帝国に連れて来られ、命を狙われるハメに!?

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    天は赤い河のほとり(1)
    無料配信
    0pt
  3. 002話
    天は赤い河のほとり(2)
    無料配信
    0pt
  4. 003話
    天は赤い河のほとり(3)
    無料配信
    0pt
  5. 004話
    天は赤い河のほとり(4)
    無料配信
    0pt
  6. 005話
    天は赤い河のほとり(5)
    無料配信
    0pt
  7. 006話
    天は赤い河のほとり(6)
    毎日無料連載
    0pt
  8. 007話
    天は赤い河のほとり(7)
    毎日無料連載
    0pt
  9. 008話
    天は赤い河のほとり(8)
    毎日無料連載
    0pt
  10. 009話
    天は赤い河のほとり(9)
    毎日無料連載
    0pt
  11. 010話
    天は赤い河のほとり(10)
    毎日無料連載
    0pt
/283話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    39人の方が「参考になった」と投票しています。

    王道ですね

    昔、連載されていた時に読んでいました。当時は王家の紋章と国こそ違えど、タイムスリップした女の子が主人公だったりと、内容がカブっているなぁ、、と思ったものでした。
    でも、王家の紋章の主人公が知略で危機を乗り越える頭脳派なのに対し、こちらの主人公ユーリはみずから馬に乗ったり、剣を持って戦ったりと行動派ですね。ユーリは自ら運命を切り開いていく勇ましさがあって強い女性そのものです。その一方でカイルに次第に想いを寄せるようになり、一途にカイルを想うところも好きです。また、カイルがユーリを想って恋い焦がれる描写のところは特に色っぽくてこちらもドキドキしてしまいます。
    何度でも読み返したいと思わせてくれる素敵な作品です。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    15人の方が「参考になった」と投票しています。

    是非タイムスリップして下さい

    最初は、絵もセリフも何かと古い感じだなーと思い、ヒマ潰しに無料話数だけ読もうと思ったら・・・ドはまりしてしまった。
    明け方まで夢中で読み続けること4日 やっと読破しました。でもまた直ぐに最初から読み直したい気持ちです。先が知りたくて気がはやっていたので、2度目はジックリと中身を楽しみます。
    確かに王家・・・と似ている設定ではありますが、完結しているので安心感があります。しかも気になる伏線はきちんと回収され、且つ、後日談まであるので満足まんぞく。
    また、登場人物一人一人の設定がしっかりしており、個々にスポットが当たるので色んな物語を読んだ気持ちになれお得です。そのキャラの性格が出来上がったバックグランドやエピソードもグッド!!スピンオフ的な余談ではなく、ユーリとカイルの2人に大きく関与していくので、目が話せない。大人になってからこんなにワクワクしたのは久々なので、日常に飽きた方は是非ともタイムスリップしてください。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    名作です!

    単行本全巻&ファンブックを持つほど、この作品が大好きです。
    初めて読んだのは中学生の時。自宅に姉が買った単行本が10巻ほどあり、読み始めたら止まらず朝まで読み続けてました。
    それからは私が単行本を集め、何度も読み返してはその歴史についての本も読んだりしました。
    ユーリとカイルの恋愛や敵国との戦いも見物ですが、やはり実史に基づいて描かれているストーリーが魅力的です。
    私はこの作品に出会い、実際にトルコへ飛びました。そして、作品の舞台であるヒッタイト帝国の首都であったハットゥサの遺跡を自分の目で見てきました。
    そうやって海外へ行くきっかけを作ってくれる、とても魅力的な作品です。
    ぜひ沢山の人に読んでもらいたいです。

  4. 評価:5.000 5.0

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    古代ヒッタイト史というマニアックかつ未解明な3300年以上昔の文明を舞台に、現代の女子中学生(ヒッタイトに飛ばされた当時)が奮闘する物語。
    そうとだけ書くと、よくあるタイムスリップもののような気がしてしまいますが、読後の感想は、どっしりとした歴史マンガだと感じました。
    私自身、はじめは主人公のユーリが現代人であることの必要性を疑問視していましたが、彼女の感性の裏付け、そして古代のメソポタミア文明に馴染みのない読者が物語の世界に入り込むためのエッセンスとして、その設定は大いに意味があったと思います。
    それと同時に、まだ未解明の部分が多いとはいえ多数存在する学説や史実をきちんと踏まえ、古代ヒッタイト帝国のムルシリⅡ世の皇子時代からのストーリーを非常にドラマチックに描き上げた大河として、本当に楽しむことができました。

    滅亡した帝国の史実を舞台にするというのは、ほとんどの場合、読者は、その先の帝国の「悲劇」を知ることができます。
    ムルシリⅡ世の治世の平和は史実ですが、この世界に思い入れを持った読者が登場人物やその子孫を憂うことになるのが歴史系の小説やマンの悲しいところ。
    この作品は、本編、番外編ともにそのもの悲しさを漂わせることさえあれど、悲観することはなかったように思います。
    本編は「タワナアンナ」というテーマを一貫し、番外編でも主人公の性格と同じように、前向きで希望に満ちた完結を迎えて終わることができたのではないでしょうか。
    彼女の子孫が日の昇る国にたどり着き、ヒッタイトが鉄を手にした頃にはまだ土器を作っていたその国に製鉄技術を持ち込み、そしてその血が主人公に受け継がれたのかも…と、読後もしばらく想像を膨らませ、余韻に浸ることができました。

    主人公ユーリが美しい大人の皇妃に成長した姿が見たかった気もしますが、それはそれ。
    終わり方云々を不服とするレビューも多く目にしますが、私は綺麗な終わり方で、さすがだな、と感じました。

  5. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    39人の方が「参考になった」と投票しています。

    全巻持ってます

    ネタバレありのレビューです。表示する

    高校生の頃読んでました。
    タイムスリップした中学生が、色んな国の王子にモテまくり、色々な人の心もつかみまくり、国も動かしまくり…って感じのものすごくありえない話のオンパレードなんだけど、私はそういう漫画が好きなのでとても楽しめました。普段は普通の女の子だけど、着飾ったらめっちゃ美女。剣を持ったら男にも勝てちゃう。暴れ馬も手なづけて乗りこなす。なんでもできちゃう、まさに少女漫画ってかんじです。かっこいい王子には溺愛されてうらやましいかぎりです。主人公がいなくなった世界はどうなってるのかな?とたまに思います。

すべてのレビューを見る(5616件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>

天は赤い河のほとりに関する記事