女帝

あらすじ

風光明媚な南国の地方都市で起きたささいな出来事が発端となり、後に「女帝」と呼ばれる一人の女性の伝説が始まる。その名は立花彩香17歳。

この作品のシリーズ一覧(6件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/560話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

女帝 のスタッフレビュー

おーじ

夜の女帝に、私はなる! 再起を誓った女のサクセスストーリー

金と権力に“女の武器”で立ち向かう!

立花彩香は成績優秀な女子高生。母親が営むスナックを手伝いながら、親子二人で暮らしていました。そんなある日、地上げ屋による心労で母親が倒れてしまいます。貧しくも女手一つで自分を育ててくれた母のために、高校を辞めて家業を継ぐことを決意する彩香。その矢先、彼女に好意をもっていた同級生・杉野に襲われそうになってしまいます。幸い、その身は無事だったんですが、その際に口止め料を彼から渡されます。傍若無人な振る舞いを許せない彩香はそれをつっぱねますが、そのことが杉野の父親の逆鱗に触れることに。実業家のパイプを使われ、家業のスナックを潰されてしまいます。さらに、最愛の母が病死…。どん底に突き落とされた彩香は、母と自分を捨てた父親と、金と権力で物言う男たちを見返すべく立ち上がります!

思わず目を背けたくなる、リアルな世界観に圧巻!

舞台として描かれる大坂・ミナミや東京・銀座の夜の世界は臨場感たっぷりです。男の欲望や女の嫉妬といった、様々な人間感情が渦巻く重厚なドラマは必見。ホステスとして生きる女性の心の奥を垣間見ることができます。ヤクザと恋に落ちたり、父親と再会を果たしたりと、波乱万丈で壮絶な彩香の半生にあなたも釘付けになること間違いなし!

加藤ローサさん主演でドラマ化されたことでも話題を呼び、『女帝花舞』(日本文芸社/倉科遼・和気一作)や『女帝由奈』(小学館/倉科遼・黒川あづさ)といった続編シリーズも人気。水商売マンガの金字塔です。

2016/08/26 10:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    直人の男気に惚れました。
    そして、続きの花舞でも直人の大きな愛と包容力。
    この作品の男性は男気溢れる漢が多い。
    そんな漢が現実社会には近年少ないことをとても残念に思います。
    義理や人情、努力、人間としての愛。
    日々誠実に生きて、人とのコミュニケーションの取り方、心を込めて人と接することがどれだけ沢山の人生の財産となるのかを教えてくれる作品だと思います。
    作品はアウトローな世界ですが、普通の環境でも生かせる沢山のことを教えてくれる、学校の教科書にはない人間関係の築き方の教科書だと思います。


    この作品は極端な例で、女性が成り上がる際に身体を使うことにおいては賛成はしませんが、、、
    日々努力、苦労、悩み、考えて一段一段階段を上り、沢山の壁を乗り越えた上に成功があるということを、人の足を引っ張ったり、人からおこぼれをもらおうとする、努力もせずに楽に稼ぎたいという情けない人間にこそ己の愚かさに気づくためにも読んで欲しいと思います。

  2. 評価:5.000 5.0

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    壮大!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    単なるネオン蝶のサクセスストーリーにとどまらず、様々な伏線が織り交ぜられた壮大な内容。漫画にしとくの勿体ないですね。ネオン蝶関連の作品を幾つか読みましたが、一番良かったです。登場人物全てに人間力を感じました。彩香は女帝としての器が大きく、人脈を大事に積み重ねながら全てを手に入れてしまうという流れでしたが、唯一、人生の伴侶に早く先立たれ、女1人で生きていくことを余儀なくされるという点、ただのサクセスストーリーではなく現実味があって大半良かったです。

  3. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    なおと

    主人公の彩香は何人かの男と親密になるけど、個人的にナオトとの絡みが一番好き。

    時々彩香の前に現れては励ましてくれる、頼りになる男。だけど結婚できない運命、そこがまた、そそられる。
    下手なエロ漫画より、何度も読み返したくなるスリルと愛しさがあります。

    この世は男と女で出来てるんだなって、つくづく考えさせられる作品です。

    男が世を動かし、その男を癒し、影で支えるのが女。

    政治とホステス、という関係性は、実に男と女の核をついてる。
    そこにヤクザが加われば、お金も流れる。

    その中心となり、女帝へと成長する彩香の姿に、ついついはまり、全部購入しました。面白かったです。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    めちゃくちゃいい

    ネタバレありのレビューです。表示する

    始めて読んだ倉科作品がこの『女帝』で、一気にハマり他の作品にも次々と手を出しました
    この『女帝』は、母子家庭で育った少女が、高校時代に実家が地上げに遇い、恋人に裏切られ、母を亡くし、自分達母娘を踏みにじった男達を逆に翻弄する女帝になると決意し、苦労しながら成長して行くサクセスストーリーです
    倉科作品の大きな魅力のひとつに、登場人物達や彼等・彼女等が生きる世界がどこまでもリアルである点が挙げられます
    私はネオン蝶の友人が複数居り、地元の繁華街でバーテンダーをしていたので、一般企業や昼間の店で働く方々よりは夜の世界を知っています
    職場はアフターにもよく利用して頂いたので、ベテランのママさんに接客を教えて頂いたりしたものです
    キャバ嬢やホステスといったネオン蝶達は女性が主役の世界で生きている為か、良くも悪くもとにかく女らしい!
    優しさや気配り、愛らしさ、嫉妬、陰湿な苛め、派閥、陰口…etc.
    全てがリアルな女性の生き様で、全てが愛おしいと私は感じていました
    その中で、若くしてママになり自分の店を持つ女性は、やはり外見だけでなく内面の美しさも兼ね備え、品に知性、しなやかさや強さも持っていました
    若くて可愛いだけのキャバ嬢はショットバーのバイトのバーテンが挨拶してもしれっとスルーしますが、ママさん方は向こうからお疲れ様ですと挨拶をして下さり、器の違いを実感したものです
    その筋のお客様もいらっしゃいましたが、基本的に堅気には非常に親切な紳士が殆どでした
    政治の世界は私には解りかねますが、これだけ複雑に多種多様の世界が絡み合い、そして綿密に取材されたリアルな描写!圧巻です
    長いですが、一番オススメの倉科作品はやはりこの『女帝』なので、是非読んで頂けたらと思います

  5. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    15人の方が「参考になった」と投票しています。

    Real!!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    始めて読んだ倉科作品がこの『女帝』で、一気にハマり他の作品にも次々と手を出しました
    この『女帝』は、母子家庭で育った少女が、高校時代に実家が地上げに遇い、恋人に裏切られ、母を亡くし、自分達母娘を踏みにじった男達を逆に翻弄する女帝になると決意し、苦労しながら成長して行くサクセスストーリーです
    倉科作品の大きな魅力のひとつに、登場人物達や彼等・彼女等が生きる世界がどこまでもリアルである点が挙げられます
    私はネオン蝶の友人が複数居り、地元の繁華街でバーテンダーをしていたので、一般企業や昼間の店で働く方々よりは夜の世界を知っています
    職場はアフターにもよく利用して頂いたので、ベテランのママさんに接客を教えて頂いたりしたものです
    キャバ嬢やホステスといったネオン蝶達は女性が主役の世界で生きている為か、良くも悪くもとにかく女らしい!
    優しさや気配り、愛らしさ、嫉妬、陰湿な苛め、派閥、陰口…etc.
    全てがリアルな女性の生き様で、全てが愛おしいと私は感じていました
    その中で、若くしてママになり自分の店を持つ女性は、やはり外見だけでなく内面の美しさも兼ね備え、品に知性、しなやかさや強さも持っていました
    若くて可愛いだけのキャバ嬢はショットバーのバイトのバーテンが挨拶してもしれっとスルーしますが、ママさん方は向こうからお疲れ様ですと挨拶をして下さり、器の違いを実感したものです
    その筋のお客様もいらっしゃいましたが、基本的に堅気には非常に親切な紳士が殆どでした
    政治の世界は私には解りかねますが、これだけ複雑に多種多様の世界が絡み合い、そして綿密に取材されたリアルな描写!圧巻です
    長いですが、一番オススメの倉科作品はやはりこの『女帝』なので、是非読んで頂けたらと思います

すべてのレビューを見る(665件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集