十年後にあがった、あの日の雨。

  1. めちゃコミック
  2. BL漫画(ボーイズラブ)
  3. HertZ&CRAFT
  4. 十年後にあがった、あの日の雨。

あらすじ

「ずっと好きだった」 高校時代、クラスの中心にいるマサと、それを端から眺めているのが好きだった鳴海。学校では全く接点のないふたりだが、外では偶然に会って話す仲だった。正反対なはずなのに、ふたりでいる時間は居心地がよかった。だけど、あの日、初めて行ったマサの家。────ふたりはセックスをした。それ以来、ふたりで過ごす時間はなくなってしまった。あの日、あの時、それぞれが見ていた景色。十年後に繋がる想い、同級生再会ラブストーリー。

  1. まとめ買い

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント1
    十年後にあがった、あの日の雨。(1)
    50pt
  3. 002話 コメント1
    十年後にあがった、あの日の雨。(2)
    50pt
  4. 003話 コメント0
    十年後にあがった、あの日の雨。(3)/十年前に聞いた、最初の雨音。1(1)
    50pt
  5. 004話 コメント1
    十年前に聞いた、最初の雨音。1(2)
    50pt
  6. 005話 コメント1
    十年前に聞いた、最初の雨音。1(3)
    50pt
  7. 006話 コメント2
    十年前に聞いた、最初の雨音。2(1)
    50pt
  8. 007話 コメント1
    十年前に聞いた、最初の雨音。2(2)
    50pt
  9. 008話 コメント0
    十年前に聞いた、最初の雨音。2(3)/3(1)
    50pt
  10. 009話 コメント0
    十年前に聞いた、最初の雨音。3(2)/4(1)
    50pt
  11. 010話 コメント0
    十年前に聞いた、最初の雨音。4(2)
    50pt
/13話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    (・∀・)イイ!!

    ネタバレ レビューを表示する

    10年前惹かれあってた2人は1度だけ身体を重ねるけど、それっきりに。
    その理由は4話以降のマサ(攻)目線で進む話でわかります。
    マサが鳴海(受)の事を大好きなのが伝わってきてキュンキュンしました。
    マサの家庭環境から、恋愛を嫌悪してるような感じでしたが、鳴海のちょっと天然で素直なところに救われてる様子にギューってなりましたw
    カテゴリの通りあまあま、せつない。しかも絡みも沢山ではないけどあります♪
    変なお邪魔虫もいないし、安心して読めるのではないかと思います。

    試し読みで絵が大丈夫な方なら大丈夫だと思います(笑)
    悪口でもディスってるわけでもなくちょっと線が粗い。。。弱い。。。感じがします(表現力_| ̄|○)
    ただ私はこの絵の雰囲気が、題名にもストーリーにも合ってると思うので(フォローできたかな(-ω-;))

    by shosho
    • 7
  2. 評価:5.000 5.0

    10年後に再会。辛い恋の思い出は…

    ネタバレ レビューを表示する

    この作家さんは、きっと、時間を経て再び巡り会う二人の物語が好きなんですね。「リトルローズハウスへようこそ」もそういうお話でした。
    とてもロマンチックで素敵だなあと思います。

    若い頃の恋なんて、うまく行動できず、中途半端なことをしてしまったという苦い記憶だけが残っているような方が多いのではと思いますが、この作家さんの漫画を読むと、そういう辛い思いや記憶が昇華されるような気がします。

    人生には、偶然はなく、必然ばかり。
    再会のきっかけとなったマサの行為を見ても、そう思ってしまいます。人の思いが強ければ強いほど、何かを引き寄せて、形にしていくんだろうなあと。

    鳴海の視点から、また次はマサの視点から、時間軸も行ったり来たりして、繰り返し同じ夢を違う視点から見ているかのように作品が進行します。
    懐かしく幸福な恋の記憶を追体験しているような感覚。何度も読み返したい素敵な漫画です。

    by tata4
    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    鳴海(受け)と麦(犬)の笑顔が、可愛い。

    ネタバレ レビューを表示する

    エロよりも、癒し系でやさしく切ないストーリー重視の方にオススメします。

    1~3話前半の「10年後にあがった、あの日の雨」は、おとなしい鳴海(受け。表紙左)の視線で。
    3話後半~13話「10年前に聞いた、最初の雨音」は、人気者だったマサ(攻め。表紙右)の視線で描かれています。


    1~3話「10年後にあがった、あの日の雨」
    おとなしくてクラスでもいつも一人の鳴海(僕)は、いるだけで場の空気が明るくなるマサに、いつも目を引かれて遠くで見ていた。

    その日、たまたま雨が降っていて、たまたま僕が傘を持っていたから、近所の僕がマサを家まで送って、その後マサが僕を抱いたけど、それからマサに避けられて、やっぱり嫌われてしまった、と思い。

    でも僕の中では忘れられない思い出で、ずっと好きだったマサの姿を、10年ぶりに同級生の結婚式の二次会で見ることが出来て…。

    3~13話「10年前に聞いた、最初の雨音」
    男に捨てられては身を持ち崩し、酒浸りで当たり散らす母親を、可哀想だと思いつつも怖くなり、家にいたくなかったマサ。
    夜のコンビニの前で、おとなしい同級生の鳴海が、犬の麦を散歩させているのに偶然出会い。

    麦とそっくりな、天然で無邪気で可愛い鳴海の笑顔に、癒され惹かれていくマサだが、学校ではマサを離れて見るだけで、話かけてこない鳴海。

    我慢出来ずに、雨の日に鳴海を連れ込んで抱いてしまうが、直後に怖くなって鳴海を遠ざけてしまい…。

    同性との関係が怖かったのではなく、鳴海に愛情と執着が生まれて怖くなったマサでした。
    10年ぶりに再会して、鳴海と付き合うようになってからも、マサの不安は消えず。
    その不安を受け止める、鳴海の笑顔がやっぱり可愛くて、くぅー。

    2人の純真で純粋な、優しく切ない気持ちの物語で、変な当て馬などのあざとい展開も無く、最後まであたたかい世界でした。

    とにかく、麦と鳴海の無邪気な笑顔が可愛い!それに尽きます、はい。
    マサが言い過ぎた、傷つけた、と謝っても「なんだっけ。」と、ふにゃっと天然の笑顔で返す鳴海、最強。天使かよ。

    絵は自分は好きなんですが(手描き感のあるのがいい)、好みは分かれると思うので、試し読みを見てください。
    エロはありますが、ごくわずかです。

    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    大好きになりました。

    ネタバレ レビューを表示する

    とてもイイ話しでした。高校時代にただ見てるだけの片思いだった鳴海くん。その視線に気づいたマサも気になっていたけど学校では交流もなく。ただ外で会う時だけは打ち解けてどんどん好きになった。一度だけ関係したけど、その性癖に怖くなり避けてしまい10年。忘れる事ができない思い。切なくて甘くて涙が出ます。長い間、離れていたけど両思いになれて本当に良かった。

    • 1
  5. 評価:5.000 5.0

    陽と陰 実は・・

    ネタバレ レビューを表示する

    王子様的なスパダリが陰キャを好きになるストーリーは数あるけど イマイチその理由にわからない作品も多い中 これは・・
    クラスでは マサが陽で鳴海が陰なのは疑いようがないのに・・育った家庭が実は・・
    ってところで納得 納得 陰キャ鳴海の豊かな表情や優しさにマサが惹かれるの わかりますもん。そうすると ぐぐーっと マサの気持ちに近寄れて イイ

    by announ
    • 0

すべてのレビューを見る(42件)

関連する作品

Loading

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading