ダルちゃん

あらすじ

普通の人に「擬態」しても、生きづらい。ダルダル星人の姿を隠して、一生懸命に「働く24歳女性」に「擬態」するダルちゃん。ダルちゃんは「普通」じゃない。そのままの姿だと気持ち悪がられます。だから社会のルールを一生懸命覚えて、居場所を探します。誰かに合わせて生きていると、自分が本当は何を考えているのかわからなくなるけれど、それで相手が喜んでくれているのなら、人に合わせることの、何がいけないのだろう――。資生堂のウェブ花椿にて2017年10月~2018年10月に連載されていた本作。連載時より「しんどいけれど、読む手がとまらない」「ダルちゃんは、私だ」と大反響の声が集まった傑作コミックを、フルカラーで単行本化。孤独への強烈な自覚のある人物が創作に目覚める過程を通じて、自身の「ほんとうの言葉」を獲得していく姿は、圧巻です。くるおしいほどの切実さが胸に迫る傑作コミック。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/15話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    ダルちゃんとサトウさん

    書店で見かけて気になっていた本でした。とりあえず無料分を読みました。
    マンガの始まりを見て、本当は外に見せているのとは違う姿を隠して世間に合わせて行きている女の子の話かと思いきや、中身がなくて(まだ、なくて?)、でも、まさかのサトウさんにあんな敵対心を燃やすくらいの心はあるんだ!?と私的には意外な展開でした。私はダルちゃんみたいに世間に対して擬態してる感じもわかるし、弱そうな子を見かけて自分をあげようとする安い男に簡単に自分の心を許す気もさらさらないので、サトウさんの言ってることもすごくわかる(かと言って、ああいう風に逆恨みされるのも嫌だからあんな親切に飲み会から連れ出してあげたりもしないけど)。
    これは、どんな人にも心当たりのある話になるのかな?全然かすらない人もいるのかな?なんか色々な人の感想を読んでみたいお話です、だけど、なんとなくマンガは嫌な展開になりそうな気がするので、ちょっと続きは躊躇しています。

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ダルちゃんの定義

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ダルダル星人のダルちゃんは、地球人に擬態しているが、両親ともに地球人で地球生まれ地球育ち…。と言うことは、ダルちゃんの定義がはっきりとは分からない。親兄弟からは疎まれたり残念がられたりしながら育ち、物心つく年頃になれば虐めの対象になり、ある程度年齢を重ねれば社会で生き抜く術を身につける。
    「擬態」とはあくまで「心」の ことなのだろうかも。しかし何故かダルちゃんに共感を持てる不思議なお話。

  3. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    読んでいて涙が出ました。ダルちゃんのいきづらさ、苦しさ、居場所がわからずなんとか周りに合わせて自分を誤魔化して生き続ける日常が、共感できて自分も苦しくなってきてしまいました。私はダルちゃんほど自己主張ができなくはないですが、嫌われたくないと言う思いは同じで、好きでもない男性とそういう関係になりそうになって自分が嫌でたまらなくなりました。そんな若くて今以上に不器用だった自分を思い出しました。

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    無料分の3話だけ読みました。淡白な絵のタッチで、でも優しい絵で好きな感じです。語りも柔らかく、スっと入ってきます。
    でも内容は刺さる…深く刺さり、自分を見てるようで辛くもありました。ダルちゃんが擬態じゃなくありのままで誰かと楽しく過ごせる日が来るのを祈ります。心から幸せになって、安心して、と思います。

    刺さり過ぎるのと、1話100ポイントなので無料分以上は読み進められませんでした。

  5. 評価:4.000 4.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    わかる

    ネタバレありのレビューです。表示する

    たぶん自分もだるちゃんだったんだなー、って気づかせてくれました。生き辛さやその場に適応できないことや、人間関係のわずらわしさも、自分が普通じゃないからダメなんだって、自分を責めたり悩んだり、くるしかったけど、だるちゃんの存在を知って不思議とストンと腑に落ちて、心が軽くなりました。

すべてのレビューを見る(38件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集