1122

あらすじ

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/48話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    器用に見えて不器用な夫婦の形

    ネタバレありのレビューです。表示する

    奥さんの発言から始まったレス→旦那さんの不倫を公認することで関係をキープした夫婦。
    友達のように仲が良く、うまくいっているように見えるが、実際はうまくいっていない、不器用な夫婦です。

    不倫相手も不器用な夫婦。
    旦那の不倫相手は本当にかわいそうな女性。でも、不倫相手の夫婦みたいな夫婦は多そう。(ここまでじゃないにしても)

    とにかく男性がみんな残念な人たち!笑
    不倫相手の夫はモラハラ夫なのに、奥さんのことが死ぬほど好きだし、
    主人公の夫は、優しくて穏やかな人で結構クズ。
    だけど憎めない感じと、主人公夫婦が可愛か思えてしまう描写が本当にお上手だなぁと思います。

    ひっそり出てくるご飯が美味しそうなので、それも楽しみです!
    間違いなく傑作!

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    恋愛関係の公認と夫婦の傲慢さ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    24話まで出ている分を一気読みしてしまいました。只の肉体関係のみの公認なのではなく、恋愛関係の公認なんですね。それ以外の夫婦で築き上げてきた部分を維持するために始めた事かも知れないんですが、いちこさん夫婦だけでなく不倫相手にも感情があって、お互いに、他者の心や行動をコントロールできるものでは無いですよね。夫婦以外の他人を巻き込む段階で、その人の人生にも大きな影響をもたらしますよね(本人が不倫に踏み出す決断をしたとしても)。いちこさんの立場を考えると不倫相手にまで気を使う筋合いはないかなと思いつつ、この夫婦のどちらにも傲慢さを感じます。関係者全員が「自分が蔑ろにされている感」のような不快な感情を持たないで済む距離感を持つにはどうしたら良いのか、今後のお話の中で示して下さることを期待しています。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    43人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    面白くてあっという間に12話読み終えてしまいました。
    主人公に肩入れしてしまうタチのため、夫の不倫相手は無条件に嫌いになりましたw


    療育の必要な子どもをほぼ1人で育て、協力しない、寄り添わない旦那だから、おとやんの優しい愛を大事にしたいのはわかるけど、
    子どもを預けて不倫てのが嫌いなため、読み進めれば進めるほど嫌になりました。
    美月さん、ふんわりしてて爽やかな人なのに。。。
    好きになっちゃうのわかるような人なのになんか嫌い。イヤな女の方が憎めてよかったかも。
    でも、美月さんに優しくするおとやんもいやだ。
    他の女を想って幸せそうな顔も見たくもないし、ましてや、やって帰ってきたとわかってるなんて、自分が完全に冷めてなきゃムリです。


    いちこもいざ旦那が婚外恋愛して、自分の気持ちに気づいて葛藤しながら進むのがとても気になります。

    私も同世代なので、家族となったパートナーとの関係には共感が多かったです。
    自分には絶対ムリだー!
    万一旦那が婚外恋愛して、公認は絶対ないとしても、絶対バレないとしても自分は不倫できないなーー。
    女として見られたい、扱われたいのはわかる。必要!


    どうなっていくのか、続きがとても気になります。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    25人の方が「参考になった」と投票しています。

    ハマりました

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ちょうど自分と同じぐらいの年齢の夫婦が描かれていてリアルに感じた。

    公認だろうが非公認だろうが、不倫は結局夫婦間の問題に向き合えない人同士がすることなんだろうな。

    子供がいない夫婦はさっさと離婚すればいいのに。
    でもその覚悟とエネルギーが無いってのもわかる気もする。


    とりあえず美月がすごく嫌。
    発達障害のある子を育てるのが大変なのわかるけし、孤独感があるのもわかる。
    けど、なんやかんや1番自分の要求通すの上手いよね?

    夫に「お花仲間」家に連れて来いって言われた時もハッキリ断ってるし、
    おとやにも「私は夫婦の緩衝材じゃない!」とキレてみたり。

    何より子供を預けてまで不倫するのが最悪…

    おとやん早く気づいて〜(笑)

  5. 評価:5.000 5.0

    45人の方が「参考になった」と投票しています。

    夫婦と恋人の違い

    ネタバレありのレビューです。表示する

    大好きなペコさんの作品。賛否両論分かれるのは覚悟の上で問題提起している作品と思う。夫婦って結婚の際に身内を含めて家族になって行くものだからこそ、簡単に離れたりする事はとても労力が必要なのだと思う。相手の事嫌いな訳ではないから受け入れ、夫婦を継続する。自分もレスのとき同じセリフ言ったことあるし、実際浮気されたらキツいけど、何十年と暮らして行くうちまた仲良
    くなりました。夫婦にしか分からない積み重ねがあり他人には説明出来ない事ばかり。
    いちこの複雑な心境凄くわかる。
    対して恋愛は本人たちだけのもの。良い面しか見せないし、快楽と癒しで今は盛り上がっていてもいつか終わりは必ず来る。暴走しなければ…
    実際おとやと美月の求めているものはズレがあると思うけど。おとやには美月の旦那と対峙する覚悟は感じられないし。逆に美月はのめり込み過ぎててそれが表面化したときどおなるか。めでたしめでたしのその先は?全ての夫婦に問いかけてる作品。続きが恐くもあり、楽しみでもあり最後まで目が離せない作品。

すべてのレビューを見る(1355件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

1122に関する記事