特装版 親なるもの 断崖

特装版 親なるもの 断崖
  • タップ
  • スクロール

作品情報

  • 1話を無料配信中!

作者
曽根富美子
雑誌
ビッグコミック・オリジナル
ジャンル
女性漫画
出版社
小学館
タグ
人間ドラマ ダーク 遊郭・花魁
配信話数
全44話完結(40pt)

※本作品は、過去に配信していた「親なるもの 断崖」を再編集したものです。(ストーリーは同一です。)
過去に「親なるもの 断崖」を購入頂いたお客様でも、閲覧には再度購入が必要となりますのでご注意下さい。

あらすじ

昭和初期――室蘭の遊郭に売られていった少女たちがいた。初潮も迎えぬ少女たちが辿りゆく地獄への道。「売春は、女性の最初の職業だった」と、誰が言った。そうしたのはーー誰だ。2015年、電子コミック市場で空前の150万ダウンロードを記録した傑作が、全4巻で電子市場に再登場!!1992年日本漫画家協会賞優秀賞受賞作品。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/44話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by roka

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    渾身の名作

    青森から室蘭の幕西遊廓に「売られていった」少女たちを主人公に、日本の近代化の中で目覚ましい発展を遂げた「鉄の街」室蘭の裏歴史を描く、一大巨編。

    私たちのほとんどが詳しくは知らない北海道開拓の時代背景を語る「大きな」ストーリーと、そこに生きた女たちの「小さな」ストーリーのバランスが絶妙である。
    大きなストーリーが主人公たちの描写にリアリティーと説得力を与え、小さなストーリーが歴史の解説に悲哀と情緒を与える。
    この相互補完が見事に決まり、単なる史実を超えた、圧倒的な物語がそこに立ち現れている。

    姉への複雑な思慕から、芸妓の世界を蹴って、自ら女郎として生きる道を選んだお梅。
    没落した公家の娘という偽りの姿を演じ続け、芸妓として成り上がる武子。
    器量の悪さから下働きをさせられ、女郎に憧れる道子。
    決して報われない愛情を秘め、冷徹なまでに静かに振る舞う番頭の直吉。
    個々のキャラクターの造形も素晴らしい。
    私は、直吉が感情を爆発させる場面で涙をこらえられなかった。

    作中、室蘭が作者の故郷であることが明かされる。
    「残酷な性は知らされることなく、私たちは大人になった」。
    その思いを胸に、作者はペンをとった。
    そこにあったのは、何だったのだろう。
    義務か、責任か、欲求か。
    私が感じたのは、そういう言葉では説明のつかない、室蘭に生まれた漫画家として「描かねばならぬ」という圧倒的な熱量と、鬼気迫るほどの意志力であった。

    渾身、という言葉がこれほど相応しい漫画を、私は他に知らない。

  2. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    全部購入しました

    ものすごい頻度でネット広告はみていましたが絵柄があまり好みではないので、購入は躊躇していました。
    休日にふときになって、読み始めると波や風の音など聴こえるような強い描写にすぐに引き込まれていきました。
    当時、こういう生活を余儀なくされた人々がいたのでしょう。
    内容がすごく重くて暗い部分があるので、気持ちが落ちているときに読むのはおすすめできません。
    明るい作品と交互に読むくらいじゃないとすごくしんどかった。
    そういう点では少女漫画作品に救われました。
    時代背景、情勢などとてもよく描かれていました。
    本だったら自分では手に取ることはなかったと思いますので電子書籍はあらゆるめぐりあわせがあり、可能性があるなあと改めて思いました。

  3. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    忘れてはいけない

    ネタバレありのレビューです。表示する

    以前の作品も途中まで読んでいましたが、買い直しました。私は物語の舞台になっている北海道の生まれです。そう遠くない史実として、本当に多くの人々の涙や汗や血が流されて今の生活できる基盤が作られたと思うと…今を大切に生きなければと思います。親に売られ、年端もいかないうちに体を酷使され、現代では『ありえない』ような辛く苦しい中で強く生きぬいた先人に本当に頭が下がります。絵は独特で好みが別れるでしょうが、物語の雰囲気にあっていて悲壮感が伝わってくると思いました。松恵、お梅、武子、道子…皆、目を逸らしたくなる境遇ですが、しっかり受け止めて続きを読んでいきたいです。

  4. 評価:5.000 5.0

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    重いけれど…

    北海道出身の私は「うんうん」と頷きながら一気に読みました。2〜30年前くらいに斉藤由貴さんが主演で「新十津川物語」をドラマ化してまして(原作は児童文学)それも思いだしました。
    北海道の人は基本、私世代から3〜4代遡るとみんな移民ですもんね。大変な時代、忘れてはいけないですよね。
    そういう歴史も踏まえつつ重いですがひきこまれて一気に読みました。

  5. 評価:5.000 5.0

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    この世の業について考えさせられます。
    昭和初期、そんな遠くはない昔にこの様な世界が存在していたのですね。。。
    今の日本に生を受けた事に感謝でいっぱいです。
    一生懸命つないで頂いた命、一生懸命生きなければ、と鼓舞する気持ちにもなります。
    沢山の方に読んで頂きたい素晴らしい作品です。
    登場人物も魅力的です。
    とてもオススメですよ!

すべてのレビューを見る(411件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

特装版 親なるもの 断崖に関する記事