さんたろうちゃんさんの投稿一覧

レビュアーランキング 270位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 456件 / いいね獲得 184件
話コメント
投稿 460件 / いいね獲得 79件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全456件

  1. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    絵が好みではなかったのですが、評価が高いし無料連載中なので読んでみました。
    評価どおり、面白いです。
    ミステリーの要素もありますが、どちらかというと、お金持ちホームドラマ…という感じです。
    お金持ちで派手だけど美人な蘭子さんは、同性からマウンティングされますが、人と比較するということをしない蘭子さんは、マウントを仕掛けられていることに気がつきもしません。
    でも、いつも毅然と我が道を行き、意図しているわけでもないのに、相手をやり込めてしまうのが爽快です。
    蘭子さんを取り囲む家族も、お金や地位に惑わされることなく、しっかり自分を持っているのが素敵です。
    私のなかで蘭子さんのイメージは松島菜々子さん、斎さんは要潤さんかな。
    いつか実写ドラマ化されたらいいな。

    • 15
  2. 評価:1.000 1.0

    楽しみ方はわかっているけど…

    この手のコミックって『こんな人いるいる~』とか『ムカつく~』『いやな女』『酷い目にあえばいいのに』とか、単純に楽しめばいいのはわかってます。
    でも、なんか釈然としない。
    人ってそんな単純じゃないと思うんですよね。
    この自称サバサバ女も、自分が傷付かないように、回りから受け入れられるように…と生きてきた結果、そんな人格が形成されたのかもしれない。
    それは間違った思い込みの結果なのかもしれないが…。

    変な女とそれをさげすむ女や男って、あまりにも表面的な展開だと『こんなんが面白いんでしょ』と、馬鹿にされている気がする。
    ま、考え過ぎなのかな?

    • 17
  3. 評価:4.000 4.0

    本編完結

    ネタバレ レビューを表示する

    下半身だけ入れ替わるシステム、いいですね。
    Hのとき、男性はどんな感じなんだろうってすごく興味があるので、自分も経験してみたい。
    それに、一度、男も生理の辛さを体験してみればいいんだ‼️と思うこともあるし。
    特に、斉藤みたいに『女性は俺の獲物』みたいに思っているやつ(笑)

    そんな設定も面白いけど、ストーリーも思わぬ方向に進んで興味深いです。
    秘密を共有する二人がいい感じになるのかと思いきや…。

    まぁ、最後は落ち着くところに落ち着きますが、その後は読者のご想像にお任せします…的にふんわりと最終回を迎えます。
    でも、どっちに転んでも平和で幸せな日々が続くんだろうなぁ、という素敵な最終回でした。

    • 14
  4. 評価:1.000 1.0

    痴かん行為は犯罪です!!

    『エッセイ』のタグが付いてるのですが、実話なの?
    まぁ、こういうことが好きで個人で楽しむのなら文句は言わない。
    見たくもない人の目に触れないように、こっそり楽しめばいいさ。
    が、漫画にするのはなんか違う。
    多くの女性がこのような行為を許容すると思われたらたまらない。
    そんな馬鹿な男はいないと思いたいが、AVをお手本としている男って結構いるんだよな。
    作者がどんな思いでこれを描いたのか、同じ女性として、まったく理解できない。
    せめて、本作がエッセイではなくフィクションであることを心から祈ってる。
    私は被害にあったこともあるし、犯人を警察に突きだしたこともある。
    悔しくて、怖くて大泣きした。
    二度とあんな思いはしたくない。

    • 15
  5. 評価:1.000 1.0

    ドS医師と言うよりも…

    ネタバレ レビューを表示する

    よく男性向けエロコミックで『こ、これは犯罪だよ…』という展開があるのですが、まさかTLでもそんな漫画があるとは‼️
    神谷先生のは治療とか言いながら、明らかに犯罪。
    店長も脅迫もしくはパワハラ…。
    そして、それを自分が迷惑かけてるから仕方ない…とか言って受け入れようとするヒロインも男性向けコミックの典型。
    そもそもあれを治療と思うって、ちょっと何かが足りないのではないのだろうか?
    神谷先生と店長のヒロインを巡るやり取りも、最初は騙し合いみたいなことして、最後は譲ってみたいなのも、なんか気持ち悪い。
    どちらの男も体が繋がってしまえば、女なんてこっちのもの…的に考えてそう。
    しかもヒロイン、まさにそうだし。
    やっばり男目線のコミックのような気がする。

    • 14
  6. 評価:1.000 1.0

    それ、絶対ダメっ

    ネタバレ レビューを表示する

    キスしてもいいか?
    →いや、ダメでしょう…
    そろそろ入れてもいいか?
    →(゚Д゚)!! 絶対ダメでしょう!!
    もう我慢しなくていいんだな
    →いや、オマ、我慢してねぇじゃん

    と、色々突っ込みたくなります。
    クールな上司じゃなく、性欲強すぎて理性がぶっ飛んでる上司です。
    イケメンだからって、何でも許されると思うなよ~。

    ヒロインも同意なしに本番されちゃったことに対して『仕事を失敗したこと怒っているなかな(._.)シュン』って、どんな論理なの?
    ちょっとそこのあなた、それは上司の立場を利用した悪質なセクハラですよ。いや、犯罪ですよ!!…と教えてあげたくなりました(´▽`)

    • 11
  7. 評価:1.000 1.0

    頑張って最後まで読んだ(^_^;)

    全巻無料なので、頑張って最後まで読みました。
    せっかくなので、レビューを書き直そうと思います(笑)

    結論から言うと、主役の田村のアホで浅はかな物語です。
    運命の人、終の棲家を探して彷徨う田村ですが、このままでは一生見つからないだろうな。
    女性に夢見すぎ&外見重視を直さない限り…。
    自分では女性に優しいと思っているのかもしれないけど、単に優柔不断なだけで、流されやすい。そして惚れっぽい。
    地に足が着いていないから、奥さんに見放されるのわかる。

    まぁでも、一番気の毒なのは、会社の部長だな。課長ともあろう部下が、仕事そっちのけで女のことしか考えてないんだから…。

    男性の読者がどう思うかはわかりませんが、女性は無料とはいえ、頑張らないと最後まで読むきしないです。ワタシ頑張った(笑)

    • 9
  8. 評価:4.000 4.0

    ぜひ、青年誌で!!

    ネタバレ レビューを表示する

    妻になっていた…っていうタイトルだから、妻と入れ替わるのかと思っていたら、旦那は旦那のままなのね。
    妊婦の辛さが襲いかかるだけではなく、己のダメポイントが客観的にわかるという…当事者にとっては地獄だろうなぁ。
    その分、妊娠経験者が読んだら、スッキリすると思う。
    でも、本当は、旦那さん側が読んだ方がいいんだよね。青年雑誌に掲載して貰いたい。
    受け入れない人が多そうだけども。

    ちなみに、私は妊娠の経験ないし、もうする年齢ではない。
    姉や友達の話を聞いて、なんとなくわかっているつもりではいるけど、この作品を読んで、さらに深くわかったような気がした。

    • 4
  9. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    タイトル通り二股のお話し。
    主人公のケンジは、純情で可愛いいユナと付き合いながらも、ユナがお姉さんと慕うリエともセフレとして付き合う。と書くと、ケンジがめちゃ悪い奴みたい。
    でも、ケンジはアホだな…とは思うけど、男気もあったりして、徹底的には憎めない。
    リエもユナに優しくしておいて、大好きな彼を奪うようなこと…とも思うけど、彼女には彼女の理由がある。
    ユナは純粋に可愛い。
    そんな三人なので、あんまり嫌な気はしない。
    が、そんな関係が続くわけもなく…。
    知ってしまったあとのユナの降り幅が結構凄いw
    と書くと凄くドロドロしてるぽいですが、全体的にはコミカルに描かれており、楽しく?読めますよ。

    • 4
  10. 評価:5.000 5.0

    『インディゴな気分』なのは誰か?

    『ポルノグラフィ』のスピンオフということですが…本編よりこちらの方が好きです。
    色々と報われない切なさが、あっちこっちで爆発しているのです。
    ストーリーの中心は、友情と愛情と妬みと性欲、を行ったり来たりする、木島と城戸の関係が中心です。
    でも、師匠(蒲生田先生)と弟子(木島)の関係が、もう素敵過ぎます。
    家族とあえて深い繋がりを持って来なかった二人が、短い期間に取り戻そうとしている感じが、切なくも美しい。
    終盤、病身の蒲生田先生が城戸に『余計なことしやがって…』と食って掛かるシーンがあって、私の中では、蒲生田先生がインディゴ気分チャンピオンです。
    でも、最後の最後で(ゲスい)願いを叶えられて良かった(苦笑)

    それにしても、実写ドラマの木島と蒲生田先生の配役が秀逸過ぎます。
    木島の掴み処がない、なんとなく『ぬらり』としているけど、色気が駄々漏れの感じに、竹財さんがはまってます。
    蒲生田先生役の大石吾朗さんは、コミックから脱げ出して来たよう。
    城戸は、原作に比べてフェロモンがありすぎのような気がしますが、それはそれで良い感じです。

    とにかく、原作もドラマも素敵です。

    • 2
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全456件