キュンさんのレビュー一覧

キュンさん

レビュアーランキング4

  1. 評価:5.0 106件
  2. 評価:4.0 109件
  3. 評価:3.0 94件
  4. 評価:2.0 21件
  5. 評価:1.0 18件
レビュー投稿数:348件
ネタバレあり:227件
ネタバレ無し:121件
参考になった数:4227
参考になった割合:69%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全348件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 登場人物が出来る大人で別世界の人

    ネタバレありのレビューです。表示する

    1話〜4話
    性欲と気の強い主人公、怜奈
    自分の全てを上回る理想の男性を探してる
    ラテ男の優男と思っていた上司の鴻上さんが実は絶倫で二面性で自分のすべてを上回る男性とわかり、セフレとなりお互い相性バッチリ!普段は敬語だけどエッチ時は俺様口調。

    ゲスいボンボン(元セフレ)のせいで業務に支障が出たけど、鴻上さんが華麗に助けてくれてセフレから晴れて恋人となる

    5話〜8話
    完璧なロボット元カノが出てきてお似合いで鴻上さんとは家族ぐるみの付き合いだったと知って元サヤ?としょんぼりしてたけど、最後は自分を選んでくれて、らぶらぶする

    9話〜11話
    その元カノと付き合いがあった鴻上の妹がインターンシップでやってきて、妹は昔、乱暴されかけたことがあるから過保護になる兄に「もっとやりたい事をさせてあげて」と意見が食い違うが(妹は良い子です)怜奈の言葉で本来の妹はもっと積極的だったと思い出し、仲直りのエッチする
    最後に濃厚なコスプレ系エッチが多いw

    1~11話を搔い摘んだらこんな感じ。
    多分まだ続いてる、ラストに怜奈が鴻上さんにもし何かあったら(事故とか?)居なくなったら私は耐えれないと言ってる。前振りか?

    あと出てくる登場人物がみんな大人、別世界の人って感じ。
    心情がわかる怜奈が唯一人間って感じ。
    あっ!ゲスボン元セフレは普通の人間だね。
    でも怜奈も出来る女って感じで実際にいたらカッコいいと思う。
    上司も元カノも完璧でロボットみたい。
    2人の会話が台本みたい。漫画だけど。
    元カノも最後は結構あっさり引くし、別れた理由が遠距離恋愛のリスクを避けたいからって…汗

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 意外と好きよ、私は

    ネタバレありのレビューです。表示する

    同じタイトルの「やっぱりあなたに落ちてしまう」の中に入ってるストーリー
    向こうは「同級生編」こっちは「年下編」

    絵柄は決して綺麗ではないし、進むのが淡々としてるし、エロ少なめだし、スクロールすると同じ場面が何度か出てくるけど、私は結構好き。
    綺麗に描く作家さんは勿論素晴らしいし大好きだけど、なぜか何人かいらっしゃる絵が綺麗ではないけど続きをポチってしまう作家さん(笑)
    良く言えばシンプルな感じ(笑)

    てかこのレーベル?「セキララ文庫」そんな感じ。他の作家さんのお話読んでもスクロールすると同じ場面出てくる。
    そんな仕様になってるみたいです。

    「やっぱりあなたに落ちてしまう」はタイトル通り。まんまタイトル。
    どちらのお話も男性側がぐいぐい来る。主人公が強がって拒絶してもなんのその!
    ぐいぐい攻めて来る熱い男性達です。
    それが私には良かった。
    同級生編は途中4話で区切ったから続きが気になって仕方なかったけどこっちは全部更新されてる。良かった。

    鬼課長と呼ばれてる上司にめっちゃ攻める部下(年下)
    僕は絶対に諦めません!とか
    今、諦めたら誰かに取られてしまう!

    今更本気で恋愛出来ないし、本気になっても報われるかわからないって課長の気持ちはわかるけどね。
    「結婚するまで口説き続けます」って言われてみた〜い。

    ポイント余ったら購入してみても良いんじゃない?って感じなので良かったら読んでみてくださいな。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 好きな作家さん!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    現在14話まで。またエッチしてません(笑)
    ちょこっとやらしいとこはあるけどエロシーンは少なめ〜
    展開的には、
    ○みゆみゆと怜二くんが付き合った
    (戸田グッジョブ)
    ○怜二くんがツンツンからデレデレに確変してきた
    ○元アイドルと明かしたけど既にシュミレーション済(さすがT大)サラッと流す
    (元オタクとバレてはいけない)
    ○戸田さんがガチで口説いてきた
    (意外といい奴とわかる)
    ○れい兄(れいじくんの兄)と職場で再会
    (兄は弟のれいじの代わりに物販をこなしていた)
    ○志賀さんの兄と聞いて、
    怜二くん=T大のれいじくん(500円)と理解する
    *現在ココまで

    「藤浪さんちの〜」で思ったけど、
    この作家さんって登場人物の背景とか設定とか心情とか細かくて好き!
    主人公の設定は勿論だけど、他のサブキャラや噛ませ犬くん(戸田)の設定もしっかりしてるから読み応えある。

    男性がツリ目で好き。照れてツリ目の怜二くん最高。
    ツリ目のイケメンがうじゃうじゃいるから私は幸せ〜

    美優と怜二くんの心情がわかるようにストーリーが進むからきゅんきゅんする。
    これ美優だけの視点で進んだらエリート怜二が意味わからん男になる気がする。

    戸田さんの見る目が変わった。当初は人を見下す嫌な奴だったが、いいヤツとわかり美優の対応が変化する。
    読者(私)も一瞬、戸田推しになりそうになってしまった。でも怜二推しだ!

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 恋とはどういうものかしら? へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    大好き大好き大好き!待ってた。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    本当好き、全部好き。セリフ少ないから心情や葛藤を表情から読み取る人物が多い。結末は何となくわかってるがたまに期待を裏切る展開になり最後にへぇ?ってなる事があるので何度も読み返してしまう。

    ①恋とはどういうものかしら?
    そうだったらいいのにウソかいって思わせてそっか、良かったと思ったラスト。慣れてるヒロインが翻弄されて騙された?と思わせる展開。男性側目線で読みたいな。

    ②世界でいちばん聞きたい二文字
    こちらもまぁそうだろうと思ってたらまさかのそっち?って展開。男性が寡黙でまさにセリフ少なめ。まさかの料理下手、胃薬、BL要素、察しが悪過ぎる彼女。ノンケでもいいのにゲイじゃなくバイを出すとこが凄いわ。花園くんの話を突っ込んで読みたい。

    ③あおいちゃんの話
    そうかなっと思ったらそうだった納得の展開。百合展開(笑)あおいちゃんと先輩の骨格を書き分けてるから判別できた。お客さん絡めて来たので少し翻弄されたけど断れない子っているよね。やっぱり絵が綺麗。

    ④こどもの遊び
    双子の片方と付き合うけど彼女なのにどっちがどっちか判別つかない話(わからないよう入れ替わったりしてるから仕方がない)
    これはやられた。読み返したけど所々どっちかわからない。わかるのは最初のホクロと後のホクロは違うってことかな?
    要するに彼女は体裁の為、律を選んだけど実際のところ、どっちも好き、どっちでもいい、どっちも同じってこと。
    これは双子側が同じ考えだからできるけど少しでも独占欲出たら無理よね。
    話の持っていき方が面白かった。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 招き入れてはいけません へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    作家さん買い!大好き!レビュー長いよw

    ネタバレありのレビューです。表示する

    【白玉 コハク】さん現在、絶賛超絶大好きな作家さん!全部読んでる、全部面白い。
    絵柄も好きだがストーリーが好き。
    一筋縄ではいかなくて予想を裏切る展開を出してくる作家さん。
    新作、待ってたっす!

    こちら以前は2話までしか更新されてなくて内容がまだ不明だったから今回4話まで待ってからレビューした。

    もう少し読みたいから早めに更新して欲しいなぁ〜今のところヴァンパイア要素はまだ薄い。2話まではサイトに載ってるあらすじのような感じ。


    〜以下ネタバレと言うか、4話までのあらすじ〜

    地味メガネのヒロイン朱(アカ)とスーパーイケメンの吸血鬼のお話。

    学生の頃に勇気を出して好きな人に告ったら「図々しいんだよ、ブス!鏡見ろ!」と散々な振られ方をしてから恋も美形も恐怖症になる(でも超メンクイw)

    そのまま26歳でまだ処女だから友達が心配して合コンしてくれたがイケメンとは全く喋れない。美形恐怖症。

    合コンのメンバーじゃない別のスーパーイケメンに急に話しかけられ、卒倒しかけて鼻血出す始末。
    そのスパイケに「処女もらってやるから食事させろ」と言われ何故か言われるままホテルへGO。
    事の最中スパイケが朱に噛みついて血を飲んだら気絶?倒れてしまったので、そのまま慌ててホテルから逃げ出すが、荷物を置いて来てしまったので、翌日自宅前で待ち伏せされる。

    壁ドンされて「俺じゃ不服か!」
    「綺麗な人は平気で人を傷付ける挙句人のことをブスと言う」と拒絶する。

    朱のメガネは度なし、メガネ取ったら美人と思う。でもブスと言われたトラウマで、もうあんな思いしたくない、期待したくないと恋する可能性を摘み取る為に敢えて地味にしてるんだとわかる。

    「ブスと言われたが名前も覚えてない奴の為に泣くなんてバカだな」とフォロー?されてきゅんとなる。

    4話で家に招き入れて、前の続きしようとして来たスパイケが朱の血を舐めるとまた倒れてしまう(笑)
    体温低い、呼吸してない、心音聞こえない
    (え?死んだ?)と思ったら寝返りで
    (え?生きてる?)となり
    (この人マジで吸血鬼なの?)と理解する。

    スパイケが倒れた理由は多分お酒、アルコールと思う。
    朱は多分お酒めっちゃ強くてイケメンはお酒飲めないのかな?吸血鬼はアルコールだめとか?

    展開が面白くて続きが気になります。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 作家さん買い!レビュー長い、汗

    ネタバレありのレビューです。表示する

    たまいさん、結構好きー!
    最初は絵柄が好みじゃなくて、読むの躊躇してたけど色々読み出すと段々可愛く見えてきた(目が慣れてきた?)初期よりだいぶ上達されてるし。
    他に出してるお話もそれぞれ好き。基本的に女の子はおとなしめの地味子ちゃんが多いかな。

    表題作と年下の幼馴染くんと再会するお話。
    2本の短編。きゅんきゅんした(笑)

    1〜4話
    見た目が地味でおとなしめの早乙女さんが華やかな花形営業部エース君と付き合ってると思ってたけど実際は都合のいい女として(浮気相手)遊ばれてるだけと知りあっさりフラれる。
    帰りたくなくて職場の飲み会に参加するもヤケ酒して泥酔して幹事の藤司くんに面倒みてもらう。
    同期で同じ営業部の藤司くんは見た目ハデで遊んでそうで華やかな人。
    帰りたくないと酔った勢いでそのまま抱かれる。酔った女子はエロくて可愛い。
    朝起きてやっちまった感満載で
    (こんな慣れてそうな人とヤってしまって…また遊ばれるだけ)
    と猛烈に後悔して謝罪する。
    帰りの電車で藤司くんが
    「俺も見た目でいい加減なヤツと思われる事が多くて見た目や表面で判断されて嫌な思いするの気持ちわかる」
    と言われて自分がされて嫌だったことを藤司くんにしていたと反省する。
    見た目チャラいけど本当は真面目で優しい人で自分の事をよく見てくれてる人だった。
    その後、会社で例の営業部エース君に
    「ベッドでも地味(笑)」と言われた早乙女さんがブチギレてビンタして「この短小男!」と捨て台詞吐く(笑)
    最後は藤司くんとラブラブ♡ハッピーエンド

    5~7話
    バリキャリのヒロインが同期の彼氏より仕事が出来きてしまい彼氏に逆恨みで「かわいくない」と言われてフラれる。
    今まで何度も同じように「かわいくない」と言われてフラれてきたから自分ではかわいくない、女らしくないと思ってる。
    失恋の気分転換に沖縄に行ったら夏休み中の幼馴染くんと偶然再会する。
    そこで「ずっと好きです」と告られる。
    えっちの最中にずっと「かわいい、かわいい」と友くんに連呼されて恥ずかしいけど嬉しい華。
    彼女がいると勘違いし非現実的な空間でのひと夏の夢、本気になったらダメと思い距離を置こうとする。
    自分では女らしくない、かわいくないと自負してたけど友くんにとっては最初から可愛い女の子と言われ自分の気持ちを正直に伝え、ラブラブ♡ハピエン♡

    6人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 上司めちゃ好きやんw

    ネタバレありのレビューです。表示する

    男性の顔が微妙だが話は好きなんでそこまで気にならなかった。ヒロインは可愛い。

    コレどっかで見たなぁ〜と思ったら夏葉ヤシさんの「復讐するほど愛してる」と同じだね。設定とか似てるけど、こーゆう昔イジメられっこ(実は好き)の復讐系好きだからいいけど。

    仕返しとか言いながら(めっちゃ好きやん!)って感じの上司の黒瀬くんと昔の罪悪感で受け入れてるけど本当は好きで気持ちにまだ気づかない鈍感な凛子ちゃん。
    子供の頃の黒瀬くんは女の子みたいで可愛いから気になっていじめてたんだろう。

    妄想だけど今後の展開は黒瀬くんのことが好きと自覚する凛子だけど、黒瀬くんは仕返しと復讐で絡んできてると思ってるので悶々とするんだろうと思う(笑)
    お互い両思いだし2人を隔てる今後の壁は9話のラストの女の人かな??

    5人の方が「参考になった」と投票しています

  8. 私たちには秘密の顔がある。 へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    蕗ちゃんと専務だぁ♡ネタバレ含む

    ネタバレありのレビューです。表示する

    「今度会ったら俺のもの」に出て来るニセ女子力高めの蕗ちゃんと桜伊専務のお話だ〜
    この2人のその後が気になってたから読めて嬉しい!ちょこちょこ瑛と涼も出て来てテンション上がった(笑)

    「私たちには秘密の顔がある」だから蕗の【オヤジ】と専務の【元ヤン】と言う秘密だと思うんだけど専務の秘密はまだ出てない。
    ちらほら元ヤンと言う影が見える(笑)
    あと想像だけど絶倫?とかえっちをもっと激しくしたい?とかかな。

    てか他の短編入ってるから完結と思ったら気になるとこで終わってるのでまだ続いてる!

    1〜11話
    見た目は女子力高めの蕗は家では超オヤジ。専務に近付きたい一心で外見は完璧な女子力で武装してふわふわ女子にしてる。

    企画が通り念願叶ってやっと専務と2人で飲みに行く事に!でも専務はお酒が弱くて泣き上戸だった。我に返って落ち込んでしまった専務を励ます為に
    「私なんてオヤジ女子です」
    と言うつもりがそんな事やっぱり言えず
    「私なんて乙女(趣味)です」
    と嘘をついてしまう(笑)

    (オヤジ)を(乙女)と真逆の事を言ってしまったので(嘘を本当にしたらいいんだ!)とそれから苦労と嘘の連続が始まる。

    専務にオヤジとバレないようにまるっと別人のように振舞い、汚部屋を乙女部屋にしたり寝相を治そうと寝不足になったりで武装がどんどん剥がれていき(そろそろ色々と限界!)って時に専務のお友達と偶然再会。

    限界の理由を話さなきゃいけない状況だったの全て話すと「もっと清ちゃんのこと信用してあげて」と言われる。
    蕗は反省して本当の事を打ち明ける決意をする。

    翌朝、武装が復活wしたのでどうやって打ち明けようかと考えていると物凄い美少女が専務に会いに来て
    「私ハタチになったから婚約進めれるね」
    と言ってる。えっ!!だれ!?

    …というとこまでです。めちゃ途中。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 大嫌い、なのにあそこがきゅぅってなる へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    まだプロローグ的な感じ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    6話まで。タイトルに惹かれて読んでみた。
    まだ序盤でエロシーンも特にない。試し読み短いとレビューにあったけど1話1話も案外短い(笑)後タップ読み苦手だからスクロールにして欲しい。

    〜あらすじ〜
    ヒロインの実家のお茶屋さんが経営難で融資を受けるべくお見合い話が持ち上がる。
    だが子供の頃に男の子にイジメられて男性恐怖症の双葉。男性とは全く喋れないしもちろん処女。断るつもりだったがこのままじゃ店を畳まないといけないしペットの亀五郎の為にとりあえず会う決意をする。
    お見合い当日、来た相手は小学生の時のイジメっ子の大我くんだった。
    彼のせいで男性恐怖症になりこんな人と結婚なんて出来ないと断ろうとするが彼もお互いの両親も乗り気であれよあれよと言う間に結婚式の日取りが決まる。

    俺のせいで男性恐怖症になったのなら俺が責任とる!とノリノリ。
    大我は昔から今でも彼女のことが好きっぽい。好きな子を虐めるというセオリー。

    嫌いな人と結婚することになったが融資を受けたらさっさと離婚しようと考えているが、自分の事が嫌いだから意地悪されていたと思っていた相手が実は自分の事が大好きで…
    と少しずつ知っていきタイトルの様に大嫌い、なのにあそこがきゅうってなる、ヒロインのお話と思う。

    9人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 七人のオオカミと子ヤギ へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    ネタバレ含

    ネタバレありのレビューです。表示する

    この作家さんはエロくて好き。絵は独特で好き嫌いあるかも。私は好きだが乳首の描き方は嫌い。

    「七人のオオカミ〜」は去年11月頃に4話まで更新、その後全く更新されず2ヶ月後にやっと続きが出た。4話までの展開はプロローグであらすじの内容とほぼ同じ。レビュー書くには物足りなかった。今回完結してる。続き気になったから読んだけど色々謎を含むラスト。マンガだから出来るストーリー展開w
    happy end?


    〜ネタバレ含〜
    唯一の肉親と思っていた母親が交通事故で他界、兄が迎えに来た。兄達は7人いて父親が同じ。
    異母兄7人と15年振りに再会しお屋敷で生活することになった妹。

    その屋敷に昔住んでたような記憶があったが母親には否定されていた。
    兄が言うには15年前に急に母親と妹が姿を消したらしい。
    ハーレム展開!と思いきや兄達の闇は深い。7人からの過剰なスキンシップ、学校にも行けない様に屋敷に隔離される。

    15年前兄達7人は妹の為に父親を殺して庭に埋めた(それを知った母親が雪を連れて逃げた)
    父親を殺したのは自分の為とわかり兄達からの大きな愛を感じる妹。

    月曜から土曜まで代わる代わる兄達に共有される。毎日与えられる快楽に身を委ね兄達に依存する妹。

    ある日、事件を追ってる記者に「母親は兄達に殺されたかも知れない」と聞き取り乱す。だが記者の存在も兄にバレて消される。

    母親を殺した兄達は憎いが、兄達を愛してしまって逃げれない妹。兄達がいないと妹はもう生きていけない。

    最後は7人の子供を産み母親となり7人の子供達と庭で数え歌を歌う。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全348件