よろこびのうた - ウチヤマユージ | 青年漫画

よろこびのうた

ヨロコビノウタ

あらすじ

北陸の勝野市、田園地帯の集落で火葬場から老夫婦の焼死体が見つかる。警察は老老介護の末の心中と結論付ける。事件から半年後、東京で週刊誌記者をしている伊能は取材ため勝野市を訪れる。近隣住民の口は重く難航する取材のなか伊能は、地域の雑貨屋の駐車場に残る濃いタイヤ痕、焼死した夫婦が事件の半年前に車を買い替えたこと、挙動不審な小学生という三つの『不自然』に気付く。それは事件の深淵へ至る第一歩であった。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
1
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/12話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

よろこびのうた のスタッフレビュー

おーじ

現代社会の闇に紛れた夫婦愛の真相は? 感動必至の社会派サスペンス

悲しい事件の裏には、衝撃の真実が隠されていた!?

ある小さな集落で、ベートーベンの佳曲「歓びの歌」を大音量でカーステレオから流しながら、仲睦まじい老夫婦が焼身自殺を図るという事件が発生。妻が認知症と糖尿病を患い、夫がその介護をしていたという事実や、遺書があったことから、介護疲れによる心中という形で捜査は収束を迎えます。老老介護という現代社会の問題を反映した事件は、またたく間に世間に衝撃を与えることに…。その半年後、都内の新聞記者である主人公・伊能順一は、介護特集記事の取材のため、件の焼身自殺が起こった集落に向かいます。そこで、いくつかの不審点に気づいたことから、事件には隠された真実があると疑うようになり…? 謎を追う過程で、死んだ夫婦の過去に向き合っていくことになります。

夫婦愛とは? 死生観を問う内容に心が打たれる!

同じくベートーベンの作品がタイトルになっている前作『月光』(講談社)で一躍極光を浴びた新鋭漫画家・ウチヤマユージ先生が、さらなるスケールで描いたという本作。実際に日本で起こった事件をモチーフにしながら 、「老老介護」「焼身自殺」「虐待」「限界集落」「認知症」といった、思わず目を背けたくなるテーマに正面から向き合っています。

心が痛むムゴイ現実を突きつけられます。自殺を図った夫婦の胸の内を知ったとき、「自分ならどうしただろう?」とあなたも考えてしまうこと間違いなし。「最後に泣いてしまう」とも話題の社会派サスペンス、是非ご一読を!

2017/02/08 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    17人の方が「参考になった」と投票しています。

    漫画でここまで泣くのは初めて

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    複雑な気分

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    34人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    20人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレあり。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  5. 評価:5.000 5.0
    by Sakura.

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    本当に怖いけれどとても考えさせられる。

    本当に身震いするような、読みながら息の詰まるような苦しさを感じる内容で、とても考えさせられるお話です。
    おじいさんとおばあさんの間にある深い愛と信頼関係に涙せずにいられなかったです。
    購入してから半年以上経っていますが、改めて読まずともはっきりと内容を思い出せるくらい印象に残っています。

すべてのレビューを見る(171件)

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ新着作品

おすすめ特集