第141話 父ちゃん坂

あらすじ

▼第141話/父ちゃん坂▼第142話/死闘▼第143話/分かってねえ▼第144話/欠点▼第145話/飛ばし過ぎ▼第146話/父ちゃん坂へ▼第147話/横滑り▼第148話/監督!▼第149話/汽笛▼第150話/根性走り●登場人物/壱岐雄介(中学駅伝で無名の波切島中学を日本一に導いた天才的ランナー)、壱岐大介(雄介の兄。九州大学医学部生)、篠宮奈緒子(雄介と大介の父・健介が海難事故死をするきっかけを作ってしまった少女)●あらすじ/波切島高校陸上部の夏合宿の最終日に行われた20Kmのロードレースも終盤に差しかかっていた。残り3kmに待ち受ける長く急な坂、この坂のことを雄介は「父ちゃん坂」と呼んだ。彼にとって、幼い頃に父の背中を追いながら一緒に走った思い出の坂だった。降りしきる雨の中、必死に雄介に食らいつこうともがく本田だが…(第1話)▼波切島での雄介とのレースの2ヶ月後、マラソン初挑戦の本田は、権じいの口利きによって、世界有数のレースであるパリマラソンに出場していた。波切島高校陸上部の面々がTVで応援する中、5kmで集団から飛び出した彼は、ハイペースで突っ走り、独走体勢を築こうとしていた。その胸の中には、2ヶ月前の雄介との死闘が、そして彼の瞳の先には雄介の背中があるのだった(第2話)●本巻の特徴/地獄の夏合宿を終えた波切島高校陸上部の面々。そしてパリで初マラソンに挑戦し、一足先に合宿の成果を発揮する本田。独走かと思われた彼の背中を追うものは、果たして出てくるのか?●その他の登場キャラクター/西浦(波切島高校陸上部顧問)、大山権太(“権じい“。日本に最初に近代スポーツ学を持ち込んだ、元・東大助教授)、吉崎・上原・須藤(雄介の同級生)、本田大作(社会人ランナー)

この作品のシリーズ一覧(2件)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading