江戸前の旬 16巻

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. 漫画ゴラク
  4. 江戸前の旬
  5. 16巻

あらすじ

ヤクザの喧嘩を目撃した柳寿司三代目・柳葉旬(やなぎば・しゅん)。翌日、そのヤクザ・成瀬(なるせ)が柳寿司にやってきて、「バッケの握りはあるか」と聞いてきた。旬の父・鱒之介(ますのすけ)によって、バッケとは青森の方言でフキノトウのことだと判明する。成瀬のことを気に懸けていた大家のお婆さんが入院し、見舞いに行った成瀬は、バッケが食べたいというお婆さんの願いをかなえてあげようと考えていたのだ。しかし鱒之介は、市場に出回るフキノトウは青森のものとは味が違うと話して……!?

この巻の収録話

193話
第16巻 第1話フキノトウ-1
41pt
194話
第16巻 第1話フキノトウ-2
41pt
195話
第16巻 第2話ゲソ-1
41pt
196話
第16巻 第3話御三家-1
41pt
197話
第16巻 第4話カツオ-1
41pt
198話
第16巻 第5話クルマエビ(前編)-1
41pt
199話
第16巻 第6話クルマエビ(後編)-1
41pt
200話
第16巻 第7話イシモチ-1
41pt
201話
第16巻 第8話ケラの箱-1
41pt
202話
第16巻 第9話東西すし祭り(前編)-1
42pt
203話
第16巻 第10話東西すし祭り(中編)-1
42pt
204話
第16巻 第11話東西すし祭り(後編)-1
42pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>