女帝花舞 12巻

あらすじ

板東のバックに民力党の亀田がいることを知る、烏丸会会長の岡部。菱和や大翔の手を借りずに、単独で蟷螂会と戦う決心をした。舞妓から芸妓になる『衿かえ』が迫る明日香。遊びに来た猪郷に事件を話し、抗争が始まって京の街に血が流れるのを防いでくれと頼む。明日香の大局に立った頼みに、猪郷は感動した。蟷螂会の覚醒剤仕分け場を襲い、事務所にも銃弾を撃ち込む烏丸会。宣戦布告へ! 亀田が京都府警を動かして、覚醒剤容疑で烏丸会を一斉捜査させた。岡部を逮捕し、留置場に居る間に総攻撃を行って、京都を陥とす予定である。しかしそこでフィ

この作品のシリーズ一覧(6件)

この巻の収録話

  1. 105話
    第12巻 第1話 復帰-1
    61pt
  2. 106話
    第12巻 第2話 会談-1
    61pt
  3. 107話
    第12巻 第3話 威嚇-1
    61pt
  4. 108話
    第12巻 第4話 看破-1
    61pt
  5. 109話
    第12巻 第5話 直訴-1
    61pt
  6. 110話
    第12巻 第6話 急襲-1
    61pt
  7. 111話
    第12巻 第7話 呼び出し-1
    61pt
  8. 112話
    第12巻 第8話 叱青-1
    61pt
  9. 113話
    第12巻 第9話 不安-1
    62pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>