溺れるアンチロマンス

あらすじ

ゲイ向けナイトクラブで働く天音(あまね)は、Hな触れ合いを許さない。その姿は客の興味を誘い、高嶺の花として愛でられている――が、実はうぶすぎるだけのピュアボーイ。ただホンモノのセックスと恋を知りたいだけなのに…。そんな折、クラブに常連客の陽介(ようすけ)が来店する。落ち着いた大人の色気に見惚れるも“遊び人”と噂通りの百戦錬磨。甘く誘われ連れて行かれたのは、なんとVIPルーム!この店のVIPルームでは料金を払えば抜きまでできるのだが――「セックスのことなら俺が教えてあげる」経験豊富でSな色男×触れ合い恐怖症なピュアボーイ。遊び人のテクで心もカラダも翻弄されるアダルトアバンチュール

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    act.1(1)
    50pt
  3. 002話
    act.1(2)
    50pt
  4. 003話
    act.1(3)
    50pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    恋愛観が違う2人の、この先が楽しみ。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    初めて読む、永条エイ先生。絵が一定しない感じもありますが、キレイで読みやすいと思いました。
    現在3話までの配信で、まだ続きます。


    ※以下ネタバレ含みます。ご注意ください。


    ゲイ向けのナイトクラブが舞台で、大人の色気溢れる常連客・陽介(攻め。表紙左)と、接触が苦手だけれど本気の恋がしたい美形純情キャスト・天音(受け、表紙右)。

    …とくると、裏サービスで純情な童貞処女キャストが、エッチの上手い大人の常連客にエロトロにされて本気の恋をする、さとう蜂子先生の『セ◯クスが気持ちイイって本当ですか?』を思い出し。

    『セ◯クスが…』は、1話目からフ◯ラする濃厚エロの連続と、官能的で肉感的な絵のセクシーさが圧巻でした。
    しかし、本作はまだ3話ながら、恋愛観の全く違う天音と陽介が、これからどう惹かれ合い絆が深まっていくんだろう…というラブストーリーの方が、自分は楽しみになりました。

    と言うのも、1~2話で天音と陽介の人物像が描かれて、天音の本業はフリーのデザイナーで、陽介は広告会社の営業。同じ業界で、昼の仕事でも遭遇するのかな?とワクワク。

    そして何より、2人の恋愛観の相違がはっきりしており。
    「一番乗りはラッキーだったな」という鬼畜っぽいSっ気が溢れる、陽介の遊び人のセクシーさ。(試し読みで、この陽介の表情に惚れましたよ!)
    エロテクに自信があり、恋愛なんて「余計なストレスとダメージ」だから要らない、と思っている。

    一方の天音は、性的な接触に反射的に過剰なガードをしてしまう、自分を変えようと夜のバイトを始め。
    陽介に教えられた快感に圧倒されつつも「ちゃんと恋愛がしたい。(ストレスやダメージがあっても)一人より幸せが濃くなるから」と言う。

    そんな天音の青さ眩しさに興味を持った陽介は、
    「アップデートするんだよ、天音のカラダを」
    と、スキンシップに慣れさせて恋愛出来るようにしてやる、と言い出して…。今回の配信は、ここまでです。

    正直なところ、先の展開はやや読める感じですし、エロも想定の範囲内というか…(上からの物言いでスミマセン!)。読み応え的にはあっさりで、サクサク進む感じでした。
    しかし、エロもラブストーリーもサクッと楽しめる感じかと。
    まだ途中ですが期待も込めて、星は4でお願いします。

すべてのレビューを見る(1件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

オリジナル・独占先行

    Loading