千夜に咲え

あらすじ

両親が亡くなった夜、独りになった要を迎えに来たのは久我家の執事・嘉門だった。両親が残した借金を返済するため、要は琥珀館と呼ばれる洋館で暮らし、男たちの欲望の相手をさせられることに。逃げ出したくなる生活の中で、要を慰め、心を支えてくれるのは嘉門だった。嘉門さんが優しいのは仕事だから…そう思う要だけれど、惹かれずにはいられない。けれど、嘉門にも秘密があって──!?

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    千夜に咲え 1(1)
    50pt
  3. 002話
    千夜に咲え 1(2)
    50pt
  4. 003話
    千夜に咲え 1(3)/2(1)
    50pt
  5. 004話
    千夜に咲え 2(2)
    50pt
  6. 005話
    千夜に咲え 2(3)/3(1)
    50pt
  7. 006話
    千夜に咲え 3(2)
    50pt
  8. 007話
    千夜に咲え 3(3)
    50pt
  9. 008話
    千夜に咲え 4(1)
    50pt
  10. 009話
    千夜に咲え 4(2)
    50pt
  11. 010話
    千夜に咲え 4(3)/5(1)
    50pt
/15話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    従来の作品とは異なります。ご注意を!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    今回の『千夜の咲え』は、社会派サスペンスというか、ややダークな話でした。
    秋雨るい先生の従来の『ディア』シリーズとは、異なった作風だと思います。
    でも、主人公の要(受け。表紙の人物)の愁いのある寂しそうな表情は、やはり秋雨ルイ先生ならではーっ、と思いました。

    ※以下、ネタばれです。ご注意ください。


    冒頭は、シラタキフーズ倒産、大損害を被った久我食品ーというニュースが流れるテレビの前で、社長夫妻の遺体を呆然と見る息子の、暗いシーン。
    両親の自殺の後、久我食品の社長である久我の養子となった要は、「琥珀館」という山奥の洋館で客の相手をして、それを久我が見て愉悦するーという、異常な環境に置かれる。

    ただ、モブが限られていること(地元警察の署長と、蓮水と名乗るヤクザ風の男)。
    久我が要の母親に盲執して処女厨な為に、玩具のみで挿れるのはNGで、描写も割りと淡白。
    そのため、陰惨さはいくらか和らげられていると思いました。
    (逆に、そういうのがお好きな方には、物足りないかもしれません。)

    そして何より、要の救いになり、心の拠り所になったのが、執事の嘉門(攻め)の存在。(洋館に銀縁眼鏡の執事、うーん似合い過ぎる!)
    要が傷つく度に慰め、気遣う嘉門がいたからこそ、要は耐えることができたのですが、嘉門はずっと要を「巻き込んでしまった」と罪悪感を抱えている様子。
    次第に惹かれ合う2人なのですが…。

    嘉門の正体は、ぜひ読んでお楽しみください!
    …ってか、久我が要の母親に盲執してたなら、要の父親の会社が倒産したのも、両親が自殺したのも、久我のせいなんじゃねー?と、早く知りたい一心で読み進め。
    中盤から謎解きが始まると、展開がどんどん進み、最後は悪辣な輩が報いを受けるので、いくらかスッとしました。(とはいえ、何とも胸くそ悪い人間が多かった…。)

    作中に、あるミスリード(表現によって故意に読者を勘違いさせておいて、意外な結末をもたらす手法。クリスティの『アクロイド事件』など。)があり、気付いた時に、おおーっ!と思いました。

    要はその後、マスコミから逃れる為に海外留学し、5年後帰国します。少年っぽかった要がすっかり青年となり、それでも愁いを帯びた寂しそうな表情はそのまま。
    しかし、やっと嘉門と再会し、やっと結ばれることが出来ました!よかったね。

  2. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    妄執の末…

    ネタバレありのレビューです。表示する

    茜に逃げられた久我の思惑で茜の息子の要が連れてこられたのは、怪しい洋館の琥珀館。
    そこで男たちの相手を強いられる要の側で面倒を見、心の支えになったのが執事の嘉門。
    話が進むに連れ嘉門、要が相手していた蓮水も物語のキー人物になっていきます。
    サスペンスの要素もあり目が離せない展開で要が不憫でしたが、要と嘉門が幸せそうで良かったです。

  3. 評価:4.000 4.0
    by MKOS

    このレビューへの投票はまだありません。

    嫌いじゃないけど

    作者さんが好きで、つい勢いで全話買っちゃいました。この手の話は嫌いじゃないけど、キレイな絵には大映ドラマよりももうちょっとポップな方があっているのかなぁ。最初、やだっ!もしや苦手ジャンル?ってなっちゃいました。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    作者さん買い。
    ラブよりシリアス要素が強いです。
    最初半分以上がシリアスな場面ですが、久我を失脚させたときはスカッとしました。最後にラブが少しだけあるけど、ここがもう少し甘いシーンが欲しかったです。

  5. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    とても辛く悲しいお話ですね。
    絵がとても綺麗で丁寧な描写なのでサクサクと読み進められました。
    2人のこの先が楽しみです。

すべてのレビューを見る(9件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading