午後11時、きみとふたり

あらすじ

午後10時37分。汗じみたワイシャツの袖口をまくり、珍しく部下が残業している。それほど可愛がっているわけではない、が…。「今からふたりでやれば終電前に一杯やれる」と声をかけたのは、この歳で一年越しの恋に破れたせいかもしれない。三十路を超えた上司と若手社員、その恋に至る過程を描く表題作2編他、働くリーマンの人生と恋の物語!

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    午後11時、きみとふたり(1)
    50pt
  3. 002話
    午後11時、きみとふたり(2)
    50pt
  4. 003話
    午後11時、きみとふたり(3)
    50pt
  5. 004話
    午後9時、きみとふたり(1)
    50pt
  6. 005話
    午後9時、きみとふたり(2)
    50pt
  7. 006話
    伝わる熱(1)
    50pt
  8. 007話
    伝わる熱(2)
    50pt
  9. 008話
    ふたり窓辺で(1)
    50pt
  10. 009話
    ふたり窓辺で(2)
    50pt
  11. 010話
    君待つ夕べ(1)
    50pt
/12話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    加東せつこさん、かなり以前から好きです。
    表情で語る場面や、優しい気持ちを持つ登場人物が多く、読んでいて癒されます。
    受けの上司が思ったより女々しい感じ(言い方悪いかな?)だったのでマイナス1つ。

すべてのレビューを見る(1件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading