のぞき、のぞかれのレビューと感想

のぞき、のぞかれ
  • タップ
  • スクロール
レビューを書く
ネタバレあり:全ての評価 1 - 9件目/全9件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※ネタバレありのレビューが表示されています

ネタバレ無しのレビューを見る
  1. 評価:4.000 4.0

    河合の色っぽい目つきが、素敵でした。

    年下純情一途攻め×年上美人淫.乱襲い受け。憧れの営業・河合(受け。表紙右)のえっちを偶然覗いてしまった蜂谷(攻め。表紙左)は、興奮してシコっているのを河合に見つかって……。

    あらすじからもエロ感だだ漏れですね(笑)。最初から最後まで、がっつりエロでした。でも、純情的な甘いラブストーリーもしっかり展開していて、さすがせんみつ先生の作品だと思います。

    蜂谷が純情に真っ直ぐに、河合を愛していくことで、体の関係ばかりだった河合が変わっていきました。
    仕事中の営業スマイルの河合と、素の河合が違いすぎ(笑)。本人もわかっているからこそ、ブラックな素の自分にも引かないで愛情を伝えてくる蜂谷に絆されたんですね……。

    エロい河合の表情、いいです。色っぽい目つき、素敵でした。特に最後の蜂谷とのラブエロは、トロトロでたまりません。ゴチでした。

    このレビューへの投票はまだありません

  2. 評価:4.000 4.0

    by HI-RO-

    営業スマイルや作り笑顔で本音を隠したりしてその場をやり過ごしてきた河合さんだから、素直に向かってくる蜂谷くんと接しているうちに、変わっていけたのかな。
    本気の恋をしたことないんじゃないかって気付いてWikiに頼ろうとしたのは笑っちゃいましたが。

    タウリンさんも意外といい人だったみたいで。

    蜂谷くんの目が好きだと河合さんは言ったけど、それよりやっぱり河合さんの目や表情がすごく色っぽいです。

    このレビューへの投票はまだありません

  3. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    いいかも

    のぞきっていうシチュに惹かれて読みました。
    アパレルの営業マンで性に奔放な河合(受)とショップ店員の蜂谷(攻)。
    のぞきがきっかけでしたが、蜂谷は前から河合のことが気になってたのかな。
    蜂谷に告白され自分の気持ちに気づき始めた河合の慌てぶりがカワイイです。
    画は少しあっさりしてますが、内容はあっさりじゃなく満足できると思います。

    このレビューへの投票はまだありません

  4. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    のぞかれるのがよかったわけではなく、結局はお互いが無意識なのか?惹かれる相手で、その相手の行為を見て興奮したってことですよね。
    私的にはのぞき行為に興奮することを期待してしまいましたが、これはこれでハッピーエンドで面白かったです。

    このレビューへの投票はまだありません

  5. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    絵が綺麗

    絵が好きで読み始めました。覗きで興奮している彼も覗かれて興奮してしている彼もちょい面白かったけど、ホントは純愛で男の子の純愛可愛いなぁと思った

    このレビューへの投票はまだありません

  6. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    のぞかれてって言うのはきっかけで
    元々惹かれてた為だと思いました。
    絵もキレイだしストーリーも私は好きでしたので満足でした!

    このレビューへの投票はまだありません

  7. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望

    お試し読みました。

    やばぁい!
    めっちゃ面白そう!!
    っていうか、たまたま見られてとかで開花するんだなぁ。

    早く読みたい!

    このレビューへの投票はまだありません

  8. 評価:2.000 2.0

    by 匿名希望

    マンネリには男も女も関係なく刺激が必要なのかな?

    それもたまたま後輩もそういうのがお好きな人なら尚更なのかな?
    続きが…購入しようかしまいか

    このレビューへの投票はまだありません

  9. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望

    覗かれたら燃えちゃうの、かんわいです!
    覗いてる方もむらむらしてきちゃうんですかね、それもまたいいー!オススメ!

    このレビューへの投票はまだありません

ネタバレあり:全ての評価 1 - 9件目/全9件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー