[小説]三つの背徳

三つの背徳
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

たった今、膣から引き抜かれたばかりの男性器を、女が口に深く含んでいる。しっかりと目を閉じて頬を凹ませ、整った顔を苦しげに歪めて首を打ち振っている。女の名は忍。妻である美沙の親……つまり義理の母だ。今からちょうど1年前に、僕は美紗と結婚し、彼女の母と同居を始めた。忍は50歳になろうというのに、小さくて華奢で、控えめな雰囲気の美しい人で、次第に僕は心を奪われていくのであった。そして半年が過ぎた頃、美沙のいない晩に、ついに僕は禁断の世界へ足を踏み入れてしまい……。

巻数一覧/本編購入

  1. 上 ~忍~
    上 ~忍~
    大石圭
    必要ポイント:100pt

    たった今、膣から引き抜かれたばかりの男性器を、女が口に深く含んでいる。しっかりと目を閉じて頬を凹ませ、整った顔を苦しげに歪めて首を打ち振っている。女の名は忍。妻である美沙の親……つまり義理の母だ。今からちょうど1年前に、僕は美紗と結婚し、彼女の母と同居を始めた。忍は50歳になろうというのに、小さくて華奢で、控えめな雰囲気の美しい人で、次第に僕は心を奪われていくのであった。そして半年が過ぎた頃、美沙のいない晩に、ついに僕は禁断の世界へ足を踏み入れてしまい……。

  2. 中 ~操~
    中 ~操~
    大石圭
    必要ポイント:100pt

    横浜港に面したホテルの一室で、バスローブを脱いだ僕は、和服姿の美熟女にこう命令する。「まずこれを口に咥えてください。いわゆるフェラチオです」「お願い。堪忍して……そういうことしたことがないの」「社長はさせなかったんですか?」女の名前は白川操。僕が長年勤めていた広告代理店の社長の妻だ。2年前、お世話になった社長が亡くなり、ショックを受けた僕は退社した。その後、業績が急に悪化したらしい。操は「もう一度会社を立て直してくれないか」とお願いしてきたのだ。密かに彼女を愛していた僕は、ある条件を出して……。

  3. 下 ~聖~
    下 ~聖~
    大石圭
    必要ポイント:100pt

    ああっ……まさかこんな形で再会しようとは。僕は思わず息を飲む。黒いレースの下着だけになった女の肉体は、かつて僕が想像していたより遥かに美しかった。半透明なブラジャーの向こうに大きめの乳首が、小さなショーツの向こうには黒い毛がうっすらと透けていた。目の前にいるのは、僕が小学生の時に初めて出来た友達――洋介の母親だった。その裸体を想像し、何度も自慰のネタにした相手が、20年の時を経てここにいる。念願叶った僕は、今までにない大量の熱い精液を彼女の体内に注ぎ入れて……。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    続編 も有りましたら

    義母物は好きなジャンルなので愉しく読ませて貰いました、看護師なら勤務中に帰ってくる心配が無いので思い切り楽しめる、続編での嫁さん入れてのーーも良いかも。

すべてのレビューを見る(1件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading