島村速雄さんのレビュー一覧

島村速雄さん

レビュアーランキング  378

  1. 評価:5.0 24件
  2. 評価:4.0 56件
  3. 評価:3.0 36件
  4. 評価:2.0 55件
  5. 評価:1.0 39件
レビュー投稿数:210件
ネタバレあり:8件
ネタバレ無し:202件
参考になった数:193
参考になった割合:62%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全210件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです ネタバレありのレビューを見る

  1. イノサン へのレビュー

    評価:1.000 1.0
    すべてが大げさ

    どうして舞台がフランスなのか、
    理由が分かりません。

    斬首刑なんて、昔ならどこの国でも当たり前のようにありましたし、

    ストーリーの内容をわざわざフランスに限定させる必要があるのかを
    疑問に感じました。

    この作品の時代は、日本ではちょうど赤穂浪士事件があった頃ですよね。

    浪士47人の切腹や介錯の仕事をする人たちのことは
    どうでもいいみたいですね。

    作者さんの偏った好みや趣味で、
    18世紀フランスに設定したんですか。

    他の国じゃダメなんですか?

    イングランドやオーストリアやロシアとか日本とか・・・

    それに、登場人物の身振り手振りが、いちいち大げさな気がします。

    顔のどアップや目玉のギョロギョロ動きをそこまで描く必要あるかな?

    また、そこまで凝った絵を描かなくても、
    ストーリーは十分伝わると思われます。

    個人的に絵が好きになれませんでした。残念です。

  2. お布施して!お布施して!お布施して!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ショコショコショーコー🎵
    ショーコーショコショ♪

    あの歌、本当に気持ち悪かったです!

    新し物好きな人は、新興宗教にハマりやすい気がします。

    自分は伝統的なものを重んじる性格で、
    オウム‥というのは、どうも胡散臭くて関わる気すら起きなかったですね。

    なるほど、小さい頃から反社会的な性格で、
    若い頃すでに犯罪歴があったのですね、あの化物。

    許せない凶悪犯罪です。

    たとえ麻原が、公害として有名なチッソの水俣病の影響で
    家族に視力異常の被害が出ているとしても。

    公害被害を受けた人全員が、こんな恐ろしい事件を起こしている
    わけではありません。
    本人個人の性格や考え方が異様に歪んでいます。

    全部読ませていただきましたが、
    低評価に書かれているギャグ要素は、あまり気になりませんでした。

    漫画家さんが自分の姿をコミカルに描くのは、よくあることです。

    「パエトーン」という山岸凉子先生作の
    チェルノブイリ原発事故に関する作品でも、
    作家さんやその周囲の人達はギャグっぽく描かれていたので、そういうものだと
    思っていました。

    特に森園先生は、旦那さんを凶悪犯罪で失っておられる
    犯罪被害者の遺族の方でもあります。

    簡単に人の生命を奪う麻原のやり方に、誰よりも
    激しい怒りを感じてらっしゃると思います。

    とても分かりやすく、10代20代の若い読者にも
    理解しやすく出来ている作品だと思いました。

    坂本弁護士一家の常軌を逸した殺⚪︎害方法や遺体の遺棄方法も
    思い出しただけでゾッとします。

    お子さんがもし生きていたら、今は32歳くらいに成長されているか
    と想像すると、本当にやりきれない気持ちで
    涙が溢れてきます。

    続きをお待ちしてますおります。

    7人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 虐待父がようやく死んだ へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    これって

    どう見ても「しつけ」とは言えないですよね。

    そりゃ悪いことをしたら、私も体罰を受けてきましたが、

    お味噌汁のお椀をこぼすのは、子供ならよくあることです。

    アルコール依存症で理不尽な暴力を振るう父親は、

    どう見てもダメ人間です。

    作者さん、お体を大切にしてください。

  4. 100万円の女たち へのレビュー

    評価:1.000 1.0
    なんだろ

    1話読んでみたけど、
    何が何だか意味が分からないです。

    この小説家の男性は、なぜ家事の一切をひきうけるのかな?

    ホントに訳が分からない作品でした。
    興味湧かないな〜。

  5. パー活は甘くない へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    ううう

    やっぱり女性も結婚する前に、
    何らかの専門的な技術や資格くらいは取っておかないと
    後々が大変でしょう。

    アパレル関係の仕事しか出来ないのかな?

    この機会に違った職種をやってみてもいいと思うけど。

    新しい発見があるかも知れませんよ。

  6. カップルバスター へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    プロ?

    カップルバスターって・・・つまり

    別れさせ屋という意味ですよね!

    うわぁー、怖い。

    様々な罠を仕掛けて人間関係を壊していくんでしょうね。

    ちょっと興味あるけど、
    ポイント貯まった時にでも読んでみようかな。

    たくさんお金取るんでしょうか、やっぱり。

  7. イケナイ菜々子さん へのレビュー

    評価:1.000 1.0
    ごめんね

    あんまりストーリーに興味が湧きませんでした。

    年増のおばさんと、
    女性経験の無い男子大学生ですか。

    うーん。
    まあ、いいんじゃないですか。

    読みたい人が読んだらいいだけの話ですからね。

  8. きょうは会社休みます。 へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    あー

    90年代から続く「恋愛至上主義」の風潮や価値観に
    振り回されるのってイヤですねー。

    別に恋愛が人生の全てではないでしょう。

    恋愛に興味がなかったら、即、変人扱いされるもんね。

    でもそれが
    敗戦後の占領軍の大統領トルーマンが掲げた愚民政策らしいと分かってビックリ。
    いわゆる3S政策

    日本国民が政治や社会事件から関心をそらせるために、

    3つのS

    S スクリーン 映画やドラマを見せて考える時間を奪うため

    S スポーツやスポーツ観戦に熱狂させるため

    S セック⚫︎スや恋愛することに夢中にさせて欲求不満を解消させるため

    の政策を実施することで
    日本人を骨抜きにしてしまおうという占領軍の狙いなんですよね。

    その方が戦勝国にとっては、日本人は都合のいい黄色いサルですから。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全210件