第135話 血と肉

あらすじ

“▼第130話/御法度御免!▼第131話/子供達▼第132話/ハキムの子ら▼第133話/商売(ビジネス)のはなし▼第134話/俺の原点▼第135話/血と肉▼第136話/国会議事堂事変I▼第137話/国会議事堂事変II▼第138話/国会議事堂事変III▼第139話/国会議事堂事変IV▼第140話/国会議事堂事変V●主な登場人物/吾妻晴(=江戸川晴郎。超人類[オメガ]に進化した、元ひきこもりの青年。日本クーデター計画を発動し、防衛大学に入学する)、梶秋一(強大な暴走族・極東連合の新リーダーで実業家。日本オメガとして晴と共にクーデター計画を発動。現在、斉藤道夫代議士の第2秘書)●あらすじ/ハキムと通じていると誤解された水華は、梶に““破門““されてしまう。それがハキムの策略であったとも知らずに、他に行く当てのない水華は、彼の元へ身を寄せる。一方、部下たちをハキムの母国・サウダイ共和国へ行かせた梶だが、果たしてその真意は…!?(第130話)●本巻の特徴/梶VS.ハキム直接対決!! ハキムの特性である““母なる大地の強大な力““を、日本オメガの特攻隊長・梶は打ち破ることができるのか…!?●その他の登場人物/水華(シュイホア。中国太極者の娘で、中国第2世代のオメガ。体表がウロコに覆われている)、アブドゥル・ハキム(サウダイ共和国の王子にして、中東のオメガ。石油採掘プロジェクトの担当者)、斉藤道夫(梶が仕える衆議院議員。別名・マングース道夫。当選3回)、早見勇介(斉藤道夫第1秘書。事務所の実力者)“

この作品のシリーズ一覧(2件)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ新着作品

    Loading